2015年01月31日

ダジャレマン

今日はあんまりサバゲーとかには関係ない話ですが、、。

昨晩うちのおやじ(カラシオキナ)と晩御飯を食べてました。


メインディッシュは「太刀魚(たちうお)」
この時期、とてもおいしい魚です。

オヤジの顔を見ると、なんか口から白いものが、、、。

こんな感じで(デニーロに似てなくもない。昔は北九州のアランドロンと呼ばれたらしい)

それ?何?

よく見ると、太刀魚の骨でした。


なので、

「オヤジ、口の横に魚の骨がついたまんまばい!」
と注意すると

オヤジは

「ボーンアイデンティティ」



謎の返しを放ちました。



これだけではないのです。



だいぶ前にうちの母親が、新聞広告のブルガリの指輪を見ながら



「これいいわぁ~欲しかぁ~」とオヤジに向って話しかけると、、、。


「私はサムガリ、ブルブルブル」


という返し。



はたまた、あるときに


母親が激おこプンプン丸ぐらいになって

「あんた!本当に頭にくるね!もう何なん⁉」

ってオヤジに向って怒っていると


「頭にクルーニー、ジョージクルーニー」




こんなオヤジのセンスのDNAを組んだのか、私カラシはちょっと変わり者。


M4も、このプラスチックのハンドガードがやっぱりいいと思います。

マルイ700モーター&リポ7.4V 2000mAhで回転数23発/秒 初速96~97にこさえております。 


そして明日はHOPPYさんとナムナムな恰好の予定ですが、途中からこれ使おうと思ってます。

武器だけタイムスリップです。


戦国自衛隊的なノリで。

そういうことで、明日のSTFが楽しみで仕方ないカラシでした。  


Posted by カラシタカナ at 17:23Comments(9)雑記

2015年01月30日

RS 56式

聖戦士HOPPYさんのRS56式をいじらせてもらいました。


もー銃いじりまくりですね。

って怒られるよ、誰かに。


まずはモーターにバリカタ取り付け。
今回は分かりやすいようにハリガネ使用で装着しています。


メカボックスからモーターホルダーを外してこのモーターホルダーの下のスクリュー2本外します。


RSも、バレル分解部分を除けば、、、マルイと同じ感じですね。


モーター取り出し



RSのモーターのねじですが、、、、ちょっと長いぞ!


スクリューの部分だけで12㎜近くあります。

なので、バリカタ取り付けにはプラねじを使います。


これを使わないと、逆電流でバリカタが吹っ飛びます。
中にありがたい金属のプレートがあって、それが逆電をビリビリっとバリカタ君に注入してくれるので、、、。
マルイのモーターは問題ないんですがね、、、、。

感電死しちゃうだよ!(バトルランナーより)

バリカタは指向性のある電子部品を使っているため、逆電流には弱いんです。

バリカタがターミナル部分に当たるように、このように
バリカタ→スペーサー→ねじ頭の順で組み込んでくださいね。



取り付けたら、このように、モーターホルダーの邪魔にならないようにバリカタの端子を曲げましょう。


反対側も取り付けて(黒配線:マイナス側)



上から見るとこんな感じで。

端子はモーターホルダーを見ながら、うまく曲げて逃がして、なるべく低くしてください。
高いとモーターホルダーに当たる可能性があるので、要注意です。


あとはうまくモーターホルダーに入れ込んで。







写真はAK47ですが、こんな感じでバリカタを収めればグリップとの干渉もありません。
(すみません、RSの写真撮り忘れました、、、。)

普通にサバゲーするぐらいなら、メカボをきっちり組んで、バリカタをちゃんと付けておけば心配ありません。
メカボックスの寿命ぐらい、バリカタがスイッチ寿命を伸ばしてくれるので、お金かけてFET組むよりもじつは経済的なカスタムなのかもです。

ただ、セミオートのキレとか、細かい部分を煮詰めたい方や、「メカボやるだけのことはやった、あとは何をしようか?」ぐらいの上級者さんはFETを組めばいいと思います。

しかし、Ver.3タイプのモーターホルダー見るたびにこれ思い出す。


もしくはハンソロ


動きを封じ込めるのさ!

で、銃本体を組み立てる前にメカボックス内ですね。

逆転防止ラッチのところにピストンリリースが付いている以外はマルイとほぼ同じ。


いつものように可動部研磨、脱脂洗浄でピッカピカです。
ベアリングの軸受も外れそうだったので、すべて洗浄、耐衝撃瞬間接着剤で固定。


むっつりシム調整も行って、組み立て!

■調整前

サイクル:14.25 初速:77.58

■調整後

サイクル:13.62 初速:92.98

おろー?サイクル落ちてる?と思って再度測ったら、サイクルはモーターの電圧落ちでした。
リポ充電したら14.8発ぐらい出てました。

YEAHHHH!


いや~金属ガッチガチ!男らしいAKです。
このタイプのストック、中の金具がすぐ折れるんですよね、、、。
どっか交換部品無いかいな、、、。


さあ、HOPPYさん、聖なる白いBBタマタマをまき散らしてくんしゃい!


■カラシタカナ 56式記事まとめ■
Hoppyさんの56式-1型いじらせてもらう編(この記事です)
入手経緯&復活までの道のり
物足りない銃に喝!チューニング!編
純正500連マガジンメンテ編
RS 56式メンテナンス


そして、ついに完成した。恵方巻みたいなやつ。




はい、カラシ裁縫もできますよ。  


2015年01月28日

M14 FET化 PicoSSR3

男たちの憧れM14。



I don't want no teenage queen!
十代の美女なんて興味ないね。
I just want my M14
ただ俺のM14があればいいのさ。

2:30秒ぐらいの所の歌詞ね。(訳はカラシ風意訳)

という事で、前回のM14メカボックス調整に続き、今日はFETを取り付けていきます。

まずは配線

ミニコネを取り外します。


こんな感じで高効率のコードを15㎝準備しました。


同じ長さの黒高効率コードも準備して、モーターに接続できるようにこの110型端子(メス)を取り付けておきます。
カー用品を売っているところに置いてます、スピーカー用の端子です。


スピーカー端子をつけた赤配線をモーターに取り付け、手前の線(モーターの端子が付いていない、スイッチ部分から伸びたコードは信号線として使います。)


このように信号線を付け、はんだ部分を絶縁しておきましょう。


モーター接続の黒コードにPicoSSR3を組み込みます。



ハンダはなるべく少ない量で、サッとやるのがコツです。
電子部品は元来熱に弱いものなんです。
5秒も10秒もはんだを熱し続けると、FET部分が壊れたり、他のはんだ部分が流れて作動不良を起こします。
はんだ付けに自信が無い人は、ショップさんで取り付けしましょう。


ハンダができたら、黒線端子をモーターに取り付け、信号線の長さをチェック。

丁度良い長さで切って、信号線を接続。
信号線は細いので、ここでもサッとはんだ付けするようにしましょう。
長い時間かけると、はんだが粘りを持ち、逆にはんだ付けしにくくなります。
ハンダは短い時間でサッと!が鉄則です。

次に銃口向かって(銃を構えた方の)左側の配線の処理。

元々純正の状態でモーターにつながっていた端子を切り、配線を剥いて、新しく作ったモーター用配線にこのようにジャンプさせます。

これで、バッテリー→モーター→左側のスイッチ部分へ赤(+)が接続されたことになります。

ちゃんと絶縁しておきましょう。

ちょっと前後しますが、バッテリー接続にはモーター接続時に使った端子と同じ、110型のスピーカー端子のオスを付けておきます。

本当はTコネとかが良かったのですが、ストックにアッパーレシーバー(ギアボックス)を入れる際にちょっと邪魔になるので、このタイプで接続します。
車のスピーカー端子は12Vで使う事を前提に作られているので、電動ガンの電圧、通電性ともに問題ありません。




これでFETは準備完了です。

チヤッチャとアッパーレシーバーを組み立てて、ストックに収納します。
PicoSSR3の場合で、7.4V以上、900mAh以上のバッテリーを使う場合、ヒューズを入れた方が良いです。
ストックが純正なら、そのままのヒューズを流用すればいいですし、もし無い場合は自作で小型のヒューズを入れると良いでしょう。


バッテリーへの配線は、PicoSSR3の場合ヒューズが必要なので、マルイ純正を使います。
こちらは110型端子のメスを使います。


あとは接続して、ストック内にコードを引き込みながら、アッパーレシーバーとメカボユニットを入れます。
バッテリー側のコードをゆっくり引きながら、モーターや接続が端子が離れないように気をつけながらやりましょう。

■FET化+初速調整前のサイクル(回転数)・弾速

サイクル14.49r/s 初速85.69

■FET化後+初速調整後のサイクル(回転数)・弾速

サイクル15.06 初速93.28

ま、バッテリーのコードはマルイ純正のままなので、こんなもんでしょ!

ただ、セミのキレがバッキバキでいい感じですよ!

さ~POTATOさん、こいつでモリモリナムナムしちゃってください。


■ご注意■
ダーティワークスは電子部品屋です。
うちではカスタムや銃の調整メニューはありませんし、エアガン本体も発売していません。
カスタムに関するお問い合わせは一切お断りしています。
カラシタカナが個人的に開発や研究のために、こちらから依頼して、電動ガンをいじる事はあります。

出来るだけ多くの人に自分でエアガンをチューニングする楽しさを知ってほしい。
その思いでブログで内容を披露しています。

申し訳ありませんが、エアガン本体、カスタムや、パーツのお求め、組み込みはお近くのエアガンショップさん・カスタムショップにご相談ください。  


Posted by カラシタカナ at 14:29Comments(1)カスタム関係電気関係研究開発

2015年01月26日

東京マルイM14 分解&メカボックス整備

東京マルイM14


嗚呼、カッコいい。
これぞ男の銃!って感じです。

M14持つなら!これでお勉強。


世界のトップハリウッドスターもご愛用!


英語ですが、、、。
スピードラーニングで解読しましょう。

4:20ぐらいで出てくる人ってカルロスハスコック??似てない??分からんけど?
銃の構え方がビューティフル。

撃つ前に息を止めろ!って教えてるんだけど、、、エアガンはリコイル無いからね、、、違うのよね。

M14とMCキャップの組み合わせが最高にカッコいい。


薄毛もカッコいい時代の流行なのさ。

と、東京マルイM14の話でしたね。



まずは分解。
トリガーガードを外す様子4連射





でストックが外れます。ゆっくり外しましょう。


コネクターを外して、ゆっくり引き上げればアッパーレシーバーが外れます。

他の部分は色々な方がブログやサイトに上げられているので、割愛します。

で、一番困るのがこのスイッチ周りの部分。

未だにカラシも「どげんやったかいな~?」と思うので、詳細画像をここで。
M14のスイッチ周り、分解して分からなくなったらご参考ください。
スイッチ右側

スイッチ左側



買ってまだ1か月未満なのにこの焼け具合!結構焼けやすいんですね、M14のスイッチ。



あ~毎回このスイッチ分解するたびに目がクラクラ、クララが立った!状態ですよ。


名古屋弁っていいね。(あ、動画クララ出てきてなかった。)

で、肝心なのはメカボ!
も~~~~~~~~~~!

FET入れようが、高いギア入れようが、高いバレル入れようが、、、。
一番大事なのは心臓部!だとカラシは思います。

だから地道に、きっちりと心臓は作らんといかんのですたい。

エアガンカスタムも、間違えればこの”あんちゃん”みたいになっちゃうからね。


WAKEだよ、目覚めるんだよ。

っていうか基本にCYU-JITUにね★


①可動部分はしっかり研磨、後にしっかり洗浄の事。


②組み込むパーツは新品でもしっかり洗浄の事。


③洗浄した後はグリスをしっかり可動部分に馴染ませて組み付ける事。(この画像はVer.2です)

以上!

やっぱり丁寧に、時間をかけて、実直にやるチューンアップがカラシは好きです。

今回メカボに組み込むのはこのパーツ2点。

後は純正パーツを中心にファインチューンします。


カラシの好きな東京マルイ純正ハイサイクル用軸受け。
右が洗浄前、左が洗浄後。
全然違うでしょ?

しっかりパーツクリーナーで脱脂洗浄してから使わないと、メカボから外れます。
逆にしっかり取り付けると、マルイの純正メカボなら、どのメタル軸受けよりも良い性能を発揮してくれるとカラシは思います。


メカボックスの軸を入れる側もしっかり脱脂洗浄。耐衝撃瞬間接着剤で留めます。
しっかり脱脂洗浄しておけば、パチッ!としっかりハマります。
ハマりにくいときは不要なバレルを切ったこの真鍮棒でつついてやると良いです。


シムの変更もべベルに0.1㎜を1枚追加したのみ。
マルイ純正品はやっぱりこういう風にかっちり決まってくれるのが良いですね。
シャーン!と回りますよ!


後はしっかりギアの歯1枚1枚にグリスを馴染ませて、それぞれの歯を合わせて、、、。組み付けるだけですね。


で、今はどのFET入れるか悩み中。

前回M14にはMERF3.2を入れてバッキバキなんですが、今回のはニッケル水素8.4メインで使いますので、PicoSSR3あたりが良いかなと思っています。

FET装着はまた後日、、、。


別件ですが、先週の土曜にSTF行って来ました。


羊が居ました。


今日は羊が見えるぐらい疲れたので、また後日。

皆様良い一週間を!  


2015年01月19日

ROCKI'N バギラン!

今日はマッチ先輩が特別日曜休暇取得のため、、、、。

マッチ先輩がまだ行ったことの無かったフィールド。
新門司バギーランドに出撃!


バギーランドにターゲットロックオン!

注:バギーランドという名前ですが、もうバギーやATVやジムニー走行は全くやってません。
サバゲだけです。


今日は参加総数60名!ロックフェス、、、または合戦!みたいになってました。



セーフティーも血に飢えた男たちの熱気でムンムン!


いそいそと準備して、、、。

バリバリと撃つわけです。

午前中は基本的に15分の殲滅戦。
バギラン社長がメガホンを持ち、5分ぐらいの休憩をはさみながら、すぐに次のゲームという感じでテンポよくゲームは進んで行きます。



バリケに名前があるので”B-10のところ敵!”とか仲間に伝えやすくでいいです。

セーフティーから、通路側の熱い戦いがライブで見れるのも、良いですね!


ロッカーでロッキンオン!

マッチ先輩、通路で燃えてます。


味方の援護を受けながら


じりじりと進むマッチ先輩!


KINYAさん弾切れだけども

マッチ先輩は、オーラ(虎色)を出しながら進撃!


この虎オーラに負けじと、みなさん進撃していくわけです!




虎は新しい獲物を物色中


おっとここで心強い味方が、、、。



邪神様です。


普通の人には、普通にサバゲをしている、個性的な、迷彩効果の高いヘッドギアを付けたゲーマーにしか見えない邪神様ですが、、。

ダーティワークスの技術の粋を集めて作ったこの電子妖怪ゴーグルで、もう、分かってるんです。



邪神様の手に持った神具から流れ出る妖気をたどれば、、、、。


この邪気に満ちた、サイバーカリス社製造の、ターミネーターに遭遇するわけです。

これは邪神様のオーパーツなので、少し技術的に退化させるとこんな感じになります。


人間ではない、何かに撃たれてヒットされる方々は、、、、、なんか清々しい笑顔でした。

「おっつ!ヒット!」:神の声

バギランに来る人たちは心が広いです。
右の頬を撃たれて、左の頬を自分で撃つんです。

邪神様は”神”なので、自由なのです。人の生死も、その手の神具にゆだねられております。

ゲーム中にスマホをいじったり。


ゲーム中にBB弾の袋を前ポケットから取り出し、手で投げて、、、。

ヒットを貪り取るような邪神様です。


自由の極み。


ただ、その邪神様も、太宰府の虎も、去勢されるぐらいビビるゲームがバギランにはあります、、、、。

それは、、、。
男狩り。

オ・ト・コ・ガ・リ

そう、メンズは丸腰。
ギャルズは電動のバイブスを感じながら、丸腰の男たちを”いやっ!”ているほど狩れるあの恐ろしいゲームです。

アーマー

オン!



バギラン社長のメガホンの合図で女ターミネーターたちが発動されます。
ねこさんは、今日は見学です。


迫りくる恐怖!


ビビりまくりのメンズ。


ほら!来た!

悪い子はいねがー⁉


逃げまとうメンズ


もうね、平家の落人狩りかってぐらい怖い。




ギャルズは連続ヒットの快楽をエンジョイしております。

まるでオスのカマキリのように食われるだけ、、、。
邪神様も神隠しはできず、ヒット。





家の隅のホコリも見逃さない、小姑のように、男を根絶やしにしていきます。


メンズは死体置き場でがっくり肩を落とすわけです。

あ~楽しい。




マリンコさん、勢いよく飛び出たところ、味方撃ちしちゃってすみませんでした。











すっかり楽しんで。もうお疲れモード!


今日参加された皆様、お疲れ様でした、本当に有難うございました。
バギラン社長いつも有難うございます。
カリスさん、キンヤさん、また一緒にゲームしましょうね。
ねこさん、次回は二日酔いで調子が悪くないときに一緒にゲームしましょう!

*画像掲載問題がある方は連絡ください!

今日は一日中このAKでの参戦でした。

600発セミ連続撃ちとかしたけど、MERF3.2は全く問題なし。
やっぱり耐久性の高いFET組むと、良いですね。  


2015年01月16日

M933コマンド

カラシ新春初イジリは、、、。



東京マルイM933コマンド。



新年に向けて、新しい挑戦をしようと思いまして、、、。

最近マッチ先輩がGoPro HERO4を買って、サバゲ動画を撮影しているのを見て、”わしも画像撮りたいな!”と思ってました。
それ用です。

W先輩お勧めのステアーは、私の大嫌いな捕鯨反対国のオーストラリア軍正式採用銃なので、やめました。

コマンドーと聞くと、これしか思い出せないカラシ、、、。

オーマイガー!って言いたくなるよね。

さて、前回のメカボ下処理が終わってから、ギアのシム調整を行い、配線ですね。
バージョン2(Ver.2)メカボックスの基本的な組立でできるので、端折って行きます。

カットオフレバーは、可動部等を磨いておきましょう。
セミのキレが若干良くなりますよ。



今回はGATE社のMERF3.2をインストールします。
スイッチ部分はこの信号線2本を取り付けます。

今回、M16VN用のストックを使い、後方配線です。
ストック内に入れる長さを決めて、スイッチ部分で信号線を切ります。



信号線をはんだ付け



メカボックスに戻します。


次にモーター→ストック内部への配線を引きます。


コードの長さですが、グリップ部分の下端から、モーター接続端子までは。
+(赤)が15㎝
-(黒)が10㎝
です。

太宰府の虎考案の「コードホットボンド抑え™」をやっています。

あとストックの長さの部分はお好みで!


■今回のメカボのスペック
Super Shooter 13:1 ベアリング付ギア(セクター3枚カット:前1枚、後ろ2枚)
マルイ30000モーター
SHS14歯ピストン
WOW STD/次世代用 スプリングスペーサー5㎜
アングスハイサイクル用SSスプリング2巻きカット
LAYLAX ベアリングスプリングガイド Ver.2用
ファイヤフライでんでんむし M4用
ピストンヘッド マルイ純正 2㎜穴開け×4コ

チャッチヤ―と組み上げて、、、。
完成


試射

フジクラ製 BA-034 7.4V 2000mAh 30C リポ使用 Tコネクター使用ね。

良い感じじゃん!

そして、、、。


ラージバッテリーが入るよ。
軽いよ。

これでブリブリGET SOME!できるわ。

最終的にはガンカムをこんな感じで取り付けます。

ビデオカメラ付き電動ガンの出来上がりさ!

ビクターJVCのカメラは非常に軽量で、扱いやすく、良い感じ。
バッテリー付きで215gしかありません。
その辺のスコープより軽いです。

ちゃんとアイアンサイトが覗けます。
ちょっとマウントが斜めですが、、、そこはご愛嬌で。

あとはレンズカバーと全体を多くカバーですが、作成中。

マウントは背の高いスコープマウントに、三脚をばらして削りまくったカメラマウント部分をビスで留めているだけです。
三脚部品をスコープマウントのRに合わせて削っているので、少々では動きません。ガッチガチです。
むしろ、マウント用のレールの方が心配です。

デザイン的にはペイントのこんな感じを目指したかったので、OKでしょう!


あとはゆっくり微調整しながら、仕上げていきます。
フロント部分も今後もっと短くスタイリッシュにしていきます。

こういう風にちゃっちゃかいじれるスタンダード電動ガン、いいですね。
マルイの電動ガンいじるたびに思うのは、、、。

電動ガン発明した人本当に天才。
ていうかマルイさんのチームで開発したんだろうけどね、、。

*画像はマルイ広報島村氏(拾い)



今日知った事実

ウォーキングデットのこの保安官

イギリス人だったらしい。

しかもラブアクチュアリーのこの人だった。


ブリジットジョーンズの日記に出ていた、レニーゼルウィガー。


アメリカ人だったのね、、、。

イギリス英語完璧や。

英語にもなまりがあります。


こいつのアメリカ英語はバリバリの南部弁
ゲッサム!ゲッサム!

■カラシのマルイM933コマンド関連記事■
2015/1/16 M933コマンド入手
2016/12/29 TITANコマンドづくし
2016/12/24 メタル軸受け 次世代スカー
2016/11/26 M933&SCAR-L進捗
2015/04/27 ゲームで使ってみてのインプレ
2015/03/31 M4CQB-R風味M933コマンド  


Posted by カラシタカナ at 02:03Comments(5)

2015年01月14日

1月10日STF

ちょっと遅くなりましたが、1月10日先週の土曜日はSTFで定例サバゲ。

なんか立派になってる!


って女性ゲーマーの方が仰ってました。



大きくなってはいないです。

バリケの数が増えて、さらに出会い頭の撃ち合いみたいなものが増えました。




バリケが増えたので、かなり雰囲気が変わっており、みなさん悪戦苦闘しながら、和気藹々汗を流しておりました。

数日前アバラを折ったマタギ氏も奮戦しています。

正座!(あばらが痛いから。)

移動中も痛そうでしたが、、、よっぽどサバゲ好きなんですね、、、。


バリケが増えると、まったく別フィールドになったようで難しいですね。




s.f.sniperさんは拵えたばかりのプラップラなガンダム銃で奮戦です。
STFではこのくらいのサイズが扱いやすいですね。




マッチ先輩も頑張ってます。




基本的にSTFではBB弾は0.25gまでなのですが、フィールドが変わって、接近戦が増えた分、ゴーグルは当たり前ですが、フェイスガードは必須ですね。

さてさて、、、。

新しい銃をいじってます。

マルイVer.2のメカボですが、、、、強めのスプリングを入れると割れやすいですね。

昔からある方法ですが、シリンダーヘッドの当たる先の部分の角を丸めます。






この方法で、DGSを組んで初速95くらい出ている銃で、7万発以上撃っても割れていませんでした。
(加工無しのものは5万発未満で先が割れるケースが多いです。)

Ver.3はそのままで大丈夫ですが、Ver.2はこの加工お勧めです。
マルイのメカボは加工がしやすく、精度も高いので、この加工だけしておけば十分使えます。



あとはレールを磨けば、潤滑不良でピストンが壊れるなんて事も少ないです。



強化メカボもいいですが、マルイさんの純正品のポテンシャルを上げたメカボの方が、カラシの経験上、セッティングしやすいです。
何より、メカボックス、2000円ちょっとで安いすからね、、、。  


2015年01月10日

カスタムパーツ考

サバゲほぼ毎週やっているカラシ。

10月中旬に手に入れてから、FET化(PicoAAB)してずーっとメインだったCAR-15。



世界最小のアクティブブレーキ付FET、PicoAAB


これまでのスペックはこんな感じでした。

G&P製 CAR-15(OLD STYLE)
メカボックス:マルイ製Ver.2
軸受け:マルイ純正ハイサイクル用
FET:PicoAAB
アングスハイサイクル用SSスプリング
WOW(輪う!スプリングスペーサー)3㎜を1枚
ドイツ製高効率シリコンコード
モーター:マルイ700モーター
ギア:SuperShooter13:1
シーリングノズル(メーカー忘れた)
LAYLAX EGバレル(6.03)
SHS 14枚ピストン
LAYLAX POMピストンヘッド
LAYLAX ベアリングスプリングガイド
LAYLAX ステンレスシリンダー
FUJIKURA 2000mAhリポバッテリー(ミニバッテリー互換)

色々カスタムパーツつぎ込んでますね。

初速95m/s@0.2gBBの回転数22発ほど(LAYLAX製PSEリポ ミニバッテリー互換タイプ2000mAh)でしたが、、、。

5万発以上撃って最近アタリが出て、初速97台に、、、なってしまってました。

今週になり、オーバーホール。

メカボックスはとくにハイチューニングしたり、カスタムパーツを入れてれば、それでいい!ではありません。
パーツ入れても、長くて2万発ぐらいで一度メカボックスを開けてメンテナンスしますね。
(ちなみにマルイさんは純正でも2万発でオーバーホール推奨)

電動ガンも消耗パーツの塊なので、カスタムすれば何万発でも撃てます!というのは間違い。
チューンすればするほど、メンテナンスが必要です。
負荷が大きくなってますから。
特にモーターを変えたりしたら、、、ですね。

で、カラシのCAR-15はメカボックスの中身はグリスの汚れ以外、全く問題なかったのですが、

初速を落とすため、WOWの3㎜スペーサーから1㎜に変更。
ピストンヘッドもマルイの純正ピストンヘッド+穴あけに変更。

FETをMERF3.2に変更しました。

で初速95台、モーターも700モーターからちょっとヤレ感のある中古1000モーターに変更して、回転数は20発/秒に落ち着きました。


電池つなげると

キュッピーン!だよ!

キュピキュピーン!

PicoAABも、まったく問題なく動いていたのですが、、、。
MERF3.2には他のFETにはない”スマートトリガー”という機構が付いています。

これは低い電圧(7.4V)でも高い電圧のバッテリーと同じようなセミオートのレスポンスを実現する機構で、セミがもう、キレッキレになるわけです。

バースト機能は、指切りするので、カラシはほとんど使いません。

しかし、仕上がっているメカボほど、このスマートトリガーのキレ具合にホレボーレするわけで、、、。
これが欲しくてMERF3.2にしました。

そして世界最高峰の安全性。

壊れないって一番大事です。

GATEのMOSFETはちょこっと端子を付けるだけで、ほかの色々なGATE製MOSFETにスイッチでき、良いです。

「銃は壊れず、撃てる時にしっかり撃てるのが一番大事」とプレデターみたいなW先輩も仰ってました。

ま~そんなこんなで毎週サバゲやってますが。
もちろん大好き!というのはありますが、やっぱりこうやって実際にサバゲに使わないと商品の耐久性のテストにはなりません。

人間のトリガータッチなんて非常にファジーなもので、同じタイミング・サイクルでトリガーを機械的に引くのなんて射撃のオリンピック選手でも無理です。



なので、機械を使って、ラボの中で「何万発発射しました!」「耐久性があります!」「効果があります!」「こんな測定結果です!」なんて言ったって、カラシは信じません。
特にエアガンパーツは「能書き誇大傾向」がありますからね、、。
すべては自分でやってみらんとわからんです、はい。

WEB上である人が出しているデータなんて、主観的なもので、第三者機関がきちんと精査して出しているものじゃないですよ。
だから、だからですよ!
私のブログも”ほんまでっか?”みたいな感じで見てください。お願いします。

このブログの趣旨としてもそうで
「あくまでも参考にしてもらって、ご自分でぜひやってみてください」
なんです。

何はともあれ、ラフロードを突き抜けるなかで性能の高さが実証される、、、。(画像は悪い例)


フィールドが一番のテストの場所、、実際に使ってみないと商品の良し悪しなんて分からないですよね。

本気でサバゲで使うと、銃やカスタムパーツのありのままの性能が見えますね。


銃いじったらサバゲする。サバゲしたらまた銃をいじる、、、、。
それの繰り返しで何かを見つけようとしています。

It's gonna take money and time,,, to do it right child!


小郡のチューナへのお年玉


今年もいじりまくりましょう。

そういう事で、、、。


■カラシタカナ CAR-15記事まとめ■ *マルイとG&Pがあります。
2017/04/30 G&P CAR-15(King Armsメカボックス組み込み)
2017/04/18 アルミフレーム修理 ロウ付け(G&P CAR-15)
2017/03/06 CAR-15 TITAN メンテナンス(マルイ)
2017/01/07 TITAN入りCAR-15 でゲーム(ゲーム動画 ガンカムあり)
2017/01/04 CAR-15にTITAN(マルイ)
2016/06/17 思う事&CAR-15(”しっかりブッシュ”組み込み)
2016/05/30 メンテナンス モーター&メカボ(モーターメンテンナンス中心)
2016/04/11 CAR-15 FET化(MERF3.2)
2016/03/31 CAR-15 フロントパーツ
2016/03/27 CAR-15 & G18C電ハン
2016/03/26 旧世代電動ガン
2015/01/10 カスタムパーツ考(この記事)
2014/11/07 サバゲ前に銃の手入れ(外観編)
2014/09/03 CAR-15 FET化&Ver.2配線(MERF3.2)
2014/06/18 マルイ CAR-15
2014/06/15 CAR-15&SOCOM&STF
2014/06/14 棚ボタ


このサバゲーのビデオちかっぱいカッコいい!
  


2015年01月05日

STFで初撃ち

皆様、あけましておめでとうございます。

本年もカラシタカナのサバゲ生活を、何卒よろしくお願い申し上げます。

さてさて、関東からの刺客W先輩&Tさんのサバゲレベルが

こんなのや


こんな星の人

みたいなレベルだって分かった2014年暮れ。

精進せねば!と三賀日の最終日3日は初撃ちにSTFへ!



頭の中身が梨汁でいっぱいのあの人も頑張っております。


彼のフェイバレットシューティングスポットに入って


意地汚くヒットを稼ごうとしていますが、、。

動きが荒いので、、、。同じ肉団子兄弟の彼から、、、。


あえなくヒット。


そんな初撃ちでした、、、。





足元には雪が残る寒い日でしたが、、、。


梨マンは元気です。


AQUAさん

マッチ先輩も初撃ち。


カリスさんも太宰府天満宮への初詣の合間にゲームされてました。



セーフティーではほのぼの、ゲームは熱く!楽しく!

STFでのサバゲはスポーツ感覚に近いかもです。



でもそんな中でもロマンたっぷり。
POTATOさんのナム装備はいつもシビレマス。渋いなぁ。




M14とM-1955アーマーの組み合わせは最強。
M14のシングルマグポーチとフック式の初期型キャンティーン、細部まで完璧です。


将軍様みたいなゴーグルですね、諭吉さん。


謎のポージング。

これなのかっ⁉


それともアリアナちゃんなのかっ⁉


女子から”可愛い~!食べちゃう!”ってされたいのかっ⁉


謎は深まるばかり。


謎と言えば、、、。

年末W先輩が提唱していた、十兵衛軍曹、信長の生まれ変わり説。


完全に一致。







*サバゲで本気でスナイパー気取るなら、まずはこのブログを熟読するのがお勧めです。
十兵衛軍曹のブログ←クリックで飛びます。

カラシ、年始から物欲が止まりません。

きっとエチゴヤ南福岡でW先輩がスターリング買ったからです。

そしてこの物欲ちゃんのせいです。




なんというセクシズム。

そう、ネットオークション、見た目や価格はセクシーなんですよ。
「このぐらいのレベルだったら、、、。」
ってスキを見せまくってるわけです。

ただ、ネットオークションで電動ガン買うのは結構博打。
しっかり吟味して、自分で整備できての人じゃないとお勧めしません。

ネットオークションで買って、整備してたら、いつの間にか「新品買えたね!」の値段になります。
普通にショップで新品買った方が長い目で見ると、すげーリーズナブルだったりします。

そんなこんなで

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。