2016年04月30日

十兵衛軍曹という漢

帝都から、十兵衛軍曹という漢がやってくる。

カラシがサバゲ復帰して、数か月目に帝都のインドアでボコボコ私を撃っていた個性的なフェイスガード装備の彼である。(右側)


セミブラックな優良企業に勤める事でも有名である。
 border=

セミブラック!
 border=

まあ、そんなこんなで

「一番セミブラックなのは”軍曹説”」
を私は警鐘したいのだが、、、、。(笑)


とにかく福岡にきて、一緒にゲームするのだ。

楽しみで仕方ないっす。すっすすー。スースキスー。


あ~楽しみ。

あ~~~~~~~~楽しみ!


  


Posted by カラシタカナ at 10:57Comments(2)お知らせカスタム関係雑記研究開発

2016年04月27日

東京マルイP90リファイン

色々あってブログお休みしていましたが、また再開します。



10ヶ月前にいじったP90をリファインしました。


かな~~り弾数撃っていたので、、、。
メカボの中は真っ黒でしたが、全バラして、クリーニング。


プラ軸受け、まだ大丈夫ですね。


シム調整と一緒に、逆転防止ラッチのクリアランスをチェックすると、ちょっと緩め。

なので、軸部分に0.1㎜のシムをかますようにしました。

軸も外れていたので、ロックタイトで固定。



あとはしっかりシム調整し直して、しっかりグリスアップして組み上げます。

前回と同じく
中身ノーマルパーツ中心のファインチューンです。
バネ・スプリングガイド・ピストン、もうすべて純正品。
軸受も樹脂(純正)
あと、ほんのり初速UPしたかったので、WOWの1㎜と金属ワッシャーをかましています。
回転数も元通り、元気なメカボックスになりました。

P90のメカボはいじりやすいので好きですね。


スイッチバリカタ付けていました。
リポバッテリー使用でしたが、スイッチもそんなに焼けもなく、クリーニング&グリスアップでOKでした。


フジクラ lipo2000mAh(ミニバッテリー互換) 0.20gBBで計測

いい感じです。

殆どノーマルパーツの組み合わせでも、こだわって作ればそれなりに良いものができます。
しっかりとノーマルパーツの良さをしってから、色々カスタムパーツ入れた方が、仕組みとか、いじり方とか分かりやすくなるので、お勧めです。



■カラシタカナP90関連記事■
2016/11/01 P90 マガジン破損&メカボ整備
2016/10/20 P90ステッピング加工&サイレンサー用銃口カバー
2016/09/27 P90 PicoSSR3 MOSFET組み込み
2016/09/17 P90多弾マガジン給弾不良解消か?
2016/08/30 続・P90給弾不良との戦い④
2016/08/26 軍曹来福 & 続・P90給弾不良との戦い③
2016/08/19 続・P90給弾不良との戦い②
2016/08/18 続・P90給弾不良との戦い
2016/07/02 P90 サイクルUP!
2016/06/27 P90 給弾不良との戦い②
2016/06/20 P90 給弾不良との戦い
2016/06/04 P90 マグ用のツメ強化
2016/06/02 P90マガジン 給弾不良解消
2016/04/27 東京マルイP90リファイン
2016/03/17 P90 アイアンサイト
2016/02/10 P90 でゲーム②
2016/02/04 マルイP90メカボメンテ
2016/02/03 P90 配線交換
2016/02/02 P90でゲーム
2016/01/29 マルイP-90 MOSFET化 PicoSSR3
2016/01/28 P-90 のバットプレート滑る
2016/01/26 東京マルイ P90
2015/06/26 週末整備 P-90 と G3SD
2014/12/12 P90マグ整備
2014/12/01 マルイP-90 スイッチ
  


Posted by カラシタカナ at 20:20Comments(5)カスタム関係メンテナンス研究開発

2016年04月15日

マルイ M3 リファイン

ガシガシゲームで使いまくって居た東京マルイ エアーショットガン M3 Super90。



以前いじったばかりはこの性能でしたが、、、。

(0.20gBB使用)

ゲームでガシガシ使っていたら、、、。

だんだん初速が落ちてきて、0.2gで、82m/s~83m/sぐらいに、、、。




こりはっ!








吉幾三さんの言う通り!






リフォームしようよ!!




薄いグレーのクルーネックスエットに、薄いカーキのチノパンだぜ!




と、昨日エチゴヤ空港店さんのジャンクコーナー漁って居たら。
(ジャンクコーナー漁り出すの、、、ほんとジャンキーな人ばっかりだよ、、。:某氏談)





見っけた!
























カラシの持ってたM3は、マルゼンの870のストックを入れる途中の加工をしていたので、このフレームカバー後部の耳がなかったり


ストックにいれるこの突起が「阿部定」されてて短かったり(上のフレーム)

ちょっと不満でした。


コッキングするたびに


「ギシギシ、anan」 してました。


で、先週のゲームで、銃が倒れて大型のリアサイトが割れてしまったので、、、。
「どげんかせんといかん!」
と思っていた所だったんです。



部品取りのこのノズルは、、、、。
ノーヒッタイトでフィニッシュです。


「ヒッタイト」についてはこの記事ご参考ください。


カラシのは全く問題ないです。
結構ミスコッキングしてるけれども、、、。

鉄固ぇ!


*画像に意味はありません。


フレームのみ、移植して、中身等はすべて元々のM3のままです。

バネが少しへタった気がしていたので、WOWをもう1㎜かましてみました。
WOW 1mm × 2 金属ワッシャー× 1

3mm以上入れると、シアがかかりにくくなります。


実射!

おおお!もとに戻った。
ヤングアゲイン。


フォエーバァヤング!とはいかないけども!
エアガンもこまめにメンテすれば性能維持できますよ。



黒フレームに戻って精悍な顔つきに。


さ、またこれでゲームブリブリできるぞい!  


Posted by カラシタカナ at 16:58Comments(8)カスタム関係雑記メンテナンス研究開発

2016年04月11日

CAR-15 FET化

ゲームで使ってた旧世代電動ガンCAR-15 (東京マルイ製絶版電動ガン)

プラップラのフレームに。

前回色々味付けしていました。↙画像クリックで過去記事へ


バリカタでバリバリ撃っていましたが、、、、。
MOSFETに慣れ過ぎてしまったカラダ、、、、もうやめられない。

「あのキレッキレのセミが欲しい!」
「ほしー」
「ほしぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」

と、、、、。

プラップラのフレームなのに
カリッカリの最新電動ガン用FETをぶち込んでみました。



昔MERF3.2入れる方法はすでにやっていたので、ここでは細かいところは割愛。



同じMERF3.2、色々な銃に使いまわして、2年間ぐらい使っていますが、今の所問題ないですね。

ぐふふっふ。


さて、どげんなるかね?

FET無し:以前計測の結果(0.25gBBで計測)


今回MERF3.2入れた後(0.20gで計測)


うごっ!
MERF3.2入れただけだよ、、、。

700モーターの普通のSHS12:1セクカ3枚なのに、、、。
個人的には回りすぎ、、、、。


見た目老人なのに、バスケやらせたら達人、みたいな。



ま、いっか。セミばっかり使うし。
バリカタだけで1ゲーム600発以上セミで撃つことがあったので、今回FET化してみました。
スイッチもそんなに焼けていなかったので、そのまま。

MERF3,2を入れる注意点としては、「しっかり組んだメカボ前提のMOSFET」です。

きっちりチューニングされた土台が無いと、、、、ですね。

シム調整、ギア調整、ピストン調整しっかりチューニングあっての電子化です。
余計な負荷や、モーターのメンテ不足、配線の破れ等があると、エラー検知で止まってしまったりもします。

回転数・負荷も増えるので、この辺も要注意です。
ただ入れても、「壊れる要因」を増やすだけですので、あしからず、、、。

なので、そこそこのチューニングでしっかり回っているなら、そこそこのスイッチ保護でOKだと個人的には思います。

この動画最後の方の4:12~4:20ぐらい、ガンカムで撃っているのは、バリカタのみ付けた同じCAR-15です。
20mぐらいの距離で、ノーマルのアイアンサイトで手のひらぐらいは楽に当てられます。


こういう高機能FETは、メカボをきちんといじれて、いじりすぎて飽きて、、、、でもさらに上を行きたい!という、サバゲジャンキー向けじゃないかと個人的に思ってます。

セミオートの立ち上がりなんて、非常に感覚的なものなので、、、。
好みもあると思いますし、そのタイミングの違いでBB弾外すか、というと、銃になれてしまえばそうでもないんですよね。

ただ、セミでパスパスパスいっぱい撃っているときの「タルさ」が嫌だったので、今回FET入れました。






■カラシタカナ CAR-15記事まとめ■ *マルイとG&Pがあります。
2017/04/30 G&P CAR-15(King Armsメカボックス組み込み)
2017/04/18 アルミフレーム修理 ロウ付け(G&P CAR-15)
2017/03/06 CAR-15 TITAN メンテナンス(マルイ)
2017/01/07 TITAN入りCAR-15 でゲーム(ゲーム動画 ガンカムあり)
2017/01/04 CAR-15にTITAN(マルイ)
2016/06/17 思う事&CAR-15(”しっかりブッシュ”組み込み)
2016/05/30 メンテナンス モーター&メカボ(モーターメンテンナンス中心)
2016/04/11 CAR-15 FET化(MERF3.2)(この記事)
2016/03/31 CAR-15 フロントパーツ
2016/03/27 CAR-15 ゲーム動画 & G18C電ハン
2016/03/26 旧世代電動ガン CAR-15新規入手
2015/01/10 カスタムパーツ考
2014/11/07 サバゲ前に銃の手入れ(外観編)
2014/09/03 CAR-15 FET化&Ver.2配線(MERF3.2)
2014/06/18 マルイ CAR-15
2014/06/15 CAR-15&SOCOM&STF
2014/06/14 棚ボタ

さ、またゲームで使ってみよう!  


Posted by カラシタカナ at 23:25Comments(2)カスタム関係雑記電気関係研究開発装備研究

2016年04月06日

エムイチロク

M16A1

エムイチロク


これが我々アラフォー世代のスタンダード。

ライフル=エムイチロク












なんてったって、最終的にはイチロクにイチコロなのである。


あのガンマニアだって、、、、。


最終的にはイチロクに203まで付けてるし。


三島由紀夫のお茶漬けナショナリズムではないけれども、、、。

我々の主食がコメなように、
そう、ガンマニアが最後の最後に行きつくのは、、、。



オニハンのイチロクなのである。(個人の感想・主観です。)






十兵衛軍曹の俺にも撃たせろ


さて、、、。




今日はG&PのM16をいじります。
M16A1

分解は、フレームの前テイクダウンピンを取ればアッパーとアンダーが外れます。
あとはマルイと同等なので、特に記述しません。

G&Pここがイマイチだよ!ポイント

①スイッチ

G&Pのスイッチがダサいんですよ。
トリガー引いて、スイッチ入るまでが、、、、すごーーーーーーく遠い。
奥の奥までグニングニングしてやるぜ!っていう太指の人専用ってぐらい。

やっぱり東京マルイさんのスイッチがピカイチ。
程度が良いのがあったので、こいつを活用。


ポン付けはできなくて、マルイは(右側)接点をセレクタープレートで取っています。

のでここをつなげないといけません。

どけすると?

こげします。







フラックスつかっときゃ良かった。
ハンダのビジュアルいまいちでも、機能はOK!

スイッチ問題解消。


②モーター

G&Pなので、M120モーターが付いてくるんですが、、、。

個人的な経験として
リポ7.4Vで回すと、最初のうちは良いが、しばらく使っているとすぐブラシが汚れて遅くなる。
ブラシクリーニングして、ちょっとの間はいいけど、またすぐ汚れて遅くなる。
セミオートブリブリしてると、電気食う。
真夏に熱ダレする。
11.1Vでぶん回してると、すぐにご臨終する。
私が持っていた個体の問題もあるかと思いますが、、、。

ヘタに海外製のトルクフルなモーターよりも、信頼性の高いマルイのモーターがハズレが非常に少ないと思います。
きちんと馴らし、たまにメンテしておけば、ヘタレて使えなくなってしまう以外、ほとんど大きなトラブルを経験した事はありません。
1ゲームセミオート600発とか1000発撃っても、熱ダレしたり、問題が起きたことが無いですから。


今回もスイッチ保護はこのコンビ。
FETは配線引き直すのがめんどいと思ってしまう最近。(笑)
まーバリカタでメカボキッチリ組めば、ねぇ⁉




ま、バレル長も500㎜ぐらいあるので、そんなに負荷のかかるメカボじゃないですし。

モーター交換したら、端子も交換(110型です)




③ギア
一度組み上げて、ドライブしたんですが



サムシングズゥロング!
Something's Wrong
電気スゲー食うよ。

もう一回ギアだけにして、シム調整で気づいた。
スパーがよれているっ!
フラフラフラダンス踊ってましたよ。(涙)


このベアリングの軸穴が小さいので、軸が小さいギアを探さんといかん、、、。
ギアジャンクボックスを川口探検隊。

イエス!あった!

逆転防止ラッチのミゾも、2つ→5個に増量。

セミオートの音も

パンウィ!
パンウィ!

から

パン!
パン!

に変わるぜっ!(意味わからん)


スパーとべベルはこのよくわからん(おそらく中華)のギアにコンバートしました。
多分CYMA?かな?

あと、元々のG&Pのギアはヘリカルギア並にスパーとセクターの噛み込みが深いです。
これがフリクションの元になっていたと思います。
11.1Vなんか使わないので、スパーの噛み込みが浅くても、この中華ギアの剛性からして大丈夫と判断します。

私、モーターは耐久消費財として使いたいので、フツーの平歯ギアばっかりです。
ま、電子部品関連の仕事もしてたんで、省電力が体にドップリ染みついているのでせう。
電気消費少なく、パシンパシン撃てるメカボサイコー主義者。

若さでわっしょい!わっしょい!よりも、軽くパン!パン!派。


③タペプレ

でんでんむしはめようとすると、G&Pはインサートする溝が浅い。

G&P純正(グラグラ)


GARDER製(バッチリ!)

ガタツキ無し! マルイ純正でもOKですよ。





バレルも、元々付いていたG&Pのバレルを磨いてね、、、。
撃ってみたら、BB弾、、、、集弾性がものすごく悪いよ!

よく見たら、、、、「微妙に曲がっているっ!」

がーーーーーーん


一服して、落ち着いて、、、、。

さささ、わしのイチロクバレルの在庫を漁ろうじゃないの。


おおおおお!
こりはっ!

「いつかイチロク入手したら、はめよっ!」
と思って忘れてて、CAR-15あるからもういいやと思って、見つけていま思い出して、これ使えば良かったじゃん!の

アンジーバレル(20年以上前に購入)

これ使うべ。
もう、2年前にマルイのイチロク買って、別のバレル入れただよ!(笑)


アンジーバレルに換えたら、、、。

初速5m/sぐらいアップ。(笑)
スゲーーーーーー当たる。(笑)

やるなっ!太古のオーパーツ!
RED。




⑤コード長すぎ。


ちょっと縮めた。おたんこ。


⑥あとは個人趣味でカラシ色に染める。




メタルチャンバーは、ノズルの入るところ、BB弾の通り道をビッカビカに磨いてやった。
トレーラーヒッチのクロームメッキも吸い尽くす口だぜ!



トレーラーヒッチってこれね。






ピストンはマルイ純正にWOW入れて、初速微調整。
1mm×1枚 + 5mm×1枚 + 金属スペーサー(付属)を入れます。

WOWいれたら、きちんとスプリングガイドが干渉しないか、テストしましょう。



スプリングガイドは、ライラクスのも準備してましたが、ノーマルのままで十分でした。



最後に組み付け。

モーターを入れるときは、配線に気を付けて。
力を入れる必要は全くない場所です。




素子が小さいのでスペースに余裕が十分あります。


ではっ!

撃ってみませう



0,20g フジクラ2000mAh リポ7.4V Lipo使用

ね?
スムースです。

取り付け・交換・調整したパーツ以下
アンジーバレル
マルイ純正スイッチ
でんでんむしM4用
GARDERタペットプレート
マルイ1000モーター
スパー・セクターギア(おそらくCYMA)
マルイ純正ピストン(14枚目カット)
WOW(STD/次世代用)
スイッチバリカタ

あとは細かい調整と愛情でどけんがなります、きっと。




このイチロク、、、丸2日がかりの作業でしたね、、、。
疲れた。

ナム装備でも、ゴリゴリ前に突っ込んで行く、某氏の所でバリバリ活躍してくれると思います。

あ~懐かしい!
  


2016年04月01日

電ハン南部14年式

ついにダーティワークスの技術の粋を集め、秘密裏に開発していた

初のコンプリート電動ガン。


南部14年式(後期型)発表です!



電動ハンドガンユニット(東京マルイG18互換)を入れ、フルサイズモデル並みのスペックと耐久性を兼ね備えたモデル。

0.20gBB弾使用での計測。



スイッチバリカタ標準装備で、リポバッテリー使用前途です。




フルメタルボディーに、コンパクト電ハンユニットを備え、装弾数は驚きの50発。
(ロングマガジン:割りばし型使用)


また、ブローバック機能を備え、実銃さながらの強烈なリコイルが楽しめる。



セレクターはこの位置でフルオートになります。


詳細はまた後日、、、。


























ごめんなさい。


今日は4月1日です。
エイプリルフールのアレです。

*2015年エイプリルフールの記事

春は私のようなちょっと変わり者の発情期。
すみません、今年もまた、ちょっと遊んでしまいました。(笑)

写真はエアコキ、東京マルイさんが昔出していた南部14年式です。

昔いっぱい買って、いっぱい使って、今はジャンク箱の片隅にひっそり、、、してます。

マルイさん、電ハン(もしくはガスブロ)の南部14年式出してくれないかな、、、、。
大好きな銃なので、、、。