スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2018年01月03日

東京マルイ 次世代 AKS74U クリンコフ ハンドガード

さて、先日いじっていた東京マルイ次世代のAKS74Uクリンコフですが、、。

LCTとかのハンドガードの色良いよね、、、。



でも、これは木に、ニスを塗っているので、、この感じはなかなかでないよね、、、。


マルイのハンドガードの色がイマイチと思うように、、、。



で、先日色々考えていて、



マルイ次世代のハンドガードは「プラスチック=樹脂」

つまりは太古の木々が石油化したものを化学合成して、成形した製品。

つまりは木とそんなに変わらないのでは、、、???

だったら、普通のニス濡れるんじゃないの?

という事で、

ちょっと実験してみることに。


ダイソーの100円水性ニスです。

薄く塗って乾かす→一日置く
薄く塗って乾かす→一日置く
を2回続けました。





仕上がりはなかなかよさそう。


塗る前

塗った後



塗る前

塗った後



うむーーー。

写真じゃなかなか伝わりにくいですが、色に奥行きが出来て、なかなかの仕上がり。
但し、やはり水性ニスなので、少しべたつくような感じがあります。
ま、少し時間が経てば、この辺も解消するかな~??
(*2日ほど放置するとべたつきは取れました。冬なので、乾燥時間が長い模様)



ま、何事もやってみらんとわからんめーもん、という事で、、、。

今年も宜しくお願い申し上げます。


■カラシタカナのマルイ次世代AKS74Uの過去記事はこちら■
①分解編
②チューニング
③MOSFET装着編
④外装グリスぬりぬり
⑤整備編
⑥SHS次世代のギア軸折れる編
⑦メリークリンコフ!で新銃購入