2018年03月04日

東京マルイ HK45 ガスブロ

東京マルイ ガスブローバックハンドガン HK45です。


昨年から、HK45は頂き物のタクティカルと、この黒の2丁体制で使っています。

頂き物の方は大事に使いたいので、、、、、メインは基本上の黒い方を使っています。

そろそろ暖かくなってきたので、整備しておきましょうかね。

アッパーの分解は結構他のブログ等で紹介されているので、アンダーの方を、自分の忘備録的な感じで書いておきます。


では、アンダー側分解。

スライドロック右側を外しておきます。


フレーム外側に少しテンションをかけながら、上に回転させると、抜けます。
力を入れすぎると壊れるので、気を付けながら行ってください。




棒で差している部分のピンを抜きます。
抜くと、「バックストラップ」が外れます。これは説明書にも書いてますが、、、。
(説明書はしっかり読みましょうね)



ハンマースプリング下側のプランジャーを上に押し上げてスプリングとプランジャー、そしてハンマースプリングプランジャーを外します。



トリガー上部にある、この2X12mmの皿ねじを外します。
精密ドライバーの+を使いましょう。


ハンマー横の2X22mmの皿ネジも外しておきます。


セーフティレバーをこの位置にして、、、。

反対側から押し込むと、中に引っ込みます。




機関部がごっそりフレームから外せます。
小さなばね等が飛ばない様に注意してください。





トリガーバーを外して、、、。ハンマー部分を分解していきます。


ノッカーリフトを外します。


リアシャーシを抑えている3本のビスを外せば、メインシャーシから外れます。



結構汚れていますね、、、。





ハンマースペーサーをピンセット等で取り外します。
ハンマーが外れます。

ハンマー周辺は一番トルクがかかるので、きれいにして、しっかりグリスUPしておきましょう。


セカンドシアーと、シアーはこのように組み合わせされています。
ばねの位置も覚えておきましょう。

ハンドガンもそうですが、分解の際は、携帯で画像撮影しておくと良いですよ。


全て部品を分解して、脱脂洗浄します。
後は新しいグリスを塗って、くみ上げます。

組み上げながら、この部品はこういう風に動くのか、、、等研究しながら、ですね。



シアーのバネはこんな感じで入っています。



セカンドシアーとの組み合わせ



あとは分解の逆手順です。

可動部はしっかりとグリスを塗り伸ばしておきましょうね。




フレームに組み合わせる際は

①トリガーバーをトリガーバートーションのバネにひっかけて、トリガーの穴に入れて抑えながら
②ノッカーロックと、ノッカーロックのスプリングを抑えながら
③トリガーから先に入れる
④スライドストッププレートが引っかかってないか確認
⑤その他ほかの部品がひっかかってないか確認

感じでやると、良いと思います。

では、試射!
0.20gBB使用

ん~快調そのもの!



まだまだ寒い日が続きますので、電ハンメインですが、、、。

どうしてもですね、連射の途中でホップがドロップしていくのが個人的に嫌いで、、、、。
ま、5月~ぐらいになったらバシバシ使えるようになると思います。

そんなこんなで、、、。  


Posted by カラシタカナ at 21:34Comments(2)カスタム関係雑記メンテナンス研究開発