2013年12月18日

ナムコス

VIETNAM



”エキゾチックな東南アジアの宝石、ベトナムを見たかっただよ。
アジア文化の、興味深い、刺激的な人々に出会いたかった、そして殺すわけだわさ。”


戸田奈津子先生、これがカラシ的ムービー翻訳です。

ベトナムコス、カッコいいですわ。

一番ナムコスでカッコいいと思うのは、未だにトミーリージョーンズ(缶コーヒーBOSSの人ね)が出てた”天と地”

ノンリップのリーフなんて、今は全く見なくなりましたね。

戦闘シーンはタイガー着てたけど、恋愛シーンはこのリーフ。
南ベトナムのパラシュート徽章とUSMCのステンシルがたまりません。
この映画のコスチューム担当はゴイスーと思います。

リーフパターン大好物のカラシでした。
なぜなら迷彩効果が一番高かったから。

1990年代初頭、迷彩の主流はウッドランド。
その中で異彩を放つ、古武士のような存在のリーフにとっても魅かれてました。
20年たったら、スゲー価値が上がる!と思ってましたが、全然安いし。

個人的にナムコスを突き詰めると、鏡みりゃそこにいるのは胴長短足の東洋人に気づいたカラシ。
最終的に北ベトナム解放戦線。(画像は1996年ごろ?やめた後、ちょっと復活してゲーム参加してた時。)


確か御徒町の中田商店で上下ベルト全部合わせて5000円かからなかった装備。(チャイナ製だったはず)



おりゃー、600連でバリバリバリ!

日本軍の生き残りが、八紘一宇の精神で現地にとどまり、ホーチミンに戦術を教え、中国から、フランスから、そしてアメリカからベトナムを解放したわけですよ。

*画像はハノイ戦争博物館の38式

しかし、ここは米帝の傀儡日本
最後はつかまって


ボコられて


こうなるわけですよ。


*カラシいまより体重40㎏軽い頃です、、、、、。

ハノイの戦争博物館写真(カラシ撮影)





そんなこんなで、過去ベトナム装備やりすぎて、いまは食指が動かず。
今は自衛隊迷彩が大のお気に入りですけん。

ばあああああ!


*ベトナム番外編画像:*











同じカテゴリー(雑記)の記事画像
マルイM4 PMC
G18Cマガジンチューニング
初代電ハンG18C復活&ニコイチをニコに
E&L AKS-74UN Tactical MOD-B DXバージョン
RS56式
マルイ 電ハン G18C
同じカテゴリー(雑記)の記事
 マルイM4 PMC (2017-10-19 16:27)
 G18Cマガジンチューニング (2017-10-18 10:26)
 初代電ハンG18C復活&ニコイチをニコに (2017-10-13 10:42)
 E&L AKS-74UN Tactical MOD-B DXバージョン (2017-10-12 19:48)
 RS56式 (2017-10-10 17:42)
 マルイ 電ハン G18C (2017-10-06 07:49)

Posted by カラシタカナ at 00:57│Comments(2)雑記
この記事へのコメント
安価ナム戦装備、参考になります!!
Posted by ノギー at 2013年12月18日 19:33
ノギーさん>今、解放軍の綿弾帯、めっちゃ高いですね!
この前5800円で売られているのを見て、ショックでした。
昔は500円ぐらいだったのに、、、、、。(捨てなきゃよかった)
最近のマイブームはウッドランドですが、これまた胴長短足の自分には似合わない、欧米系コスです、はい。
Posted by カラシタカナカラシタカナ at 2013年12月19日 13:57
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。