2014年12月10日

愛国者(パトリオット)②完成編

前回分解と清掃、ギア馴らしまで終了していたパトリオット。


今日はいよいよ完成編です。


さてギアですが、最初のメカボックスのチューニングが流速だったので、今回は流速キャンセルで仕上げています。


なので、セクターカット3枚。
銃口から見て後ろ側、一番最初にピストンの歯に当たる部分を2枚カット。(画像左側)
そして前側、一番最後にピストンの歯にかかっている部分を1枚カット。(画像右側)
これでマルイのハイサイクルと同じ13枚歯になります。

スプリングのレートが高いので、このくらいがいいのかなと。


今回は耐久性の高いFET、NanoASRを組み込んでいきます。
アメリカ・ヨーロッパで14.4Vとかいう恐ろしいリポバッテリー使っても壊れない、恐ろしいほどの耐久力。


最初からFETが付いていましたが、一度古い配線はすべて取ります。(赤いのが旧配線)


メカボックスから取り出す位置を考えながら、適当な長さを見て、カットし、信号線をはんだ付け。


信号線の取り回しはこんな感じで。


次にバッテリーから、モーターにつながる+(赤線を引っ張ってきます。)

■参考まで(画像は別機種のマルイのメカボックスです)
モーターの端子を付ける場所から、メカボックスまでは+(赤線)は約15㎝で良いです。

-(黒線)のほうは約10㎝

これだけ抑えておけば、M4やM16系のメカボの配線交換は結構楽ですよ。

パトリオットに戻り。

黒の配線はマーキングしずらいので、ビニールテープや、カラー収縮チューブでこのようにしるし付けておくと良いでしょう。

で、よくピニオンギアに当たって破損するこの赤のコード部分ですが。
このドイツ製のこのシリコンチューブコードはよく潰れてくれるので入れやすいですよ。
しかも銅の素材がいいので、銀コートしてあるものに劣り無い通電性。
太い銀コートのテフロンチューブコードは固くて取り回ししにくく、ピニオンでゴリゴリってなる事も多々ありますので、選定は注意してください。

しっかりピニオン部分をつぶしたら。

ホットボンドでぴったり固着。

これ、マッチ先輩が開発したやり方ですが、スゲー便利。
今までこれがはがれて、ピニオンでゴリゴリになったことが無いです。
マッチ先輩天才。
森泉ぐらいの100円ショップの帝王。

★商業的にマネする人は一言マッチ先輩に断ってね!でないと福岡の眠れる虎を起こすことになります、はい。

んだかんだ言いながら、作業は進みます。

とりあえずメカボ組んで、、、。


アンダーフレームに入れて、グリップ付けてFETの位置確認!

ちゃちゃっとTコネハンダして、、。



NanoASR取り付け完了!

んで、NanoASRはヒューズを使います。

こんな感じにバッテリー側のコネクターを作成。(使う人がタミヤタイプのコネクターなので、これです。)

カー用品のお店やコーナーに売ってある25Aの小型ヒューズで最悪の事態にそなえ、回路保護!

ギアロックしたままずーっとトリガー握りしめちゃったりとかでFETが飛ぶのを防いでくれます。
*基本的に銃が調子悪くなったら、引き金ひいちゃだめよ。大事故の元です。


こんな感じでコンパクトにできます!
ヒューズの所の端子は、モーターの端子と同じでOK!


いい感じにセットアップできたでしょ?


あとはヒューズ部分が暴れないように黒いハーネステープや絶縁テープで軽く押さえておけばOK!


ちゃーんとストックチューブに2000mAhのリポバッテリー(ミニバッテリーと同サイズ品)と収まります!

で、試射したんですが、、、、。

0.2gで87m/sしか出ません。

なぜだね!

ムキになってはいけません。
大人ですから、アイスコールドクールな頭で色々考えるのです、、、、。

バレルの長さは160㎜、、、、。
あっつ!




ヒラメイタダヨ!


という事でシリンダーに穴開けました。

メカボ内最終セットアップ
SHS12:1ギア(3枚セクターカット)
SHS14枚歯軽量ピストン
アングス0.9Jスプリング
ダーティワークス WOW(輪う!)スプリングスペーサー
謎のスプリングガイド
マルイノーマルピストンヘッド穴あけ加工
ピニオンギア交換
ダーティワークス FET:NanoASR
シリンダー穴あけ位置:MP5とMP5Kの中間チョイ後ろぐらいで穴あけ。
パカ山クラフトφノズル
キングアームス製タペットプレート 引っ掛かり部分7㎜切り
メカボックスピストンレール修正・研磨

こげな感じかな。


0.2g 2000mAhリポバッテリーで計測


大成功さ。



このパトリオットでクールにゲームしちゃってくださいね!


という事で、機動戦士さんの銃2丁、じっくりいじってみました。

寒い時は、銃いじりもとても楽しいですね!
でも、福岡は一年中サバゲできるので、しっかりサバゲで使ってもらう方が銃も喜ぶというもの。

ゴリゴリゲームされる機動戦士さんの手中で、いかに性能が発揮されるのか、今から撃たれるのが楽しみです。(謎)






同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
東京マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ グロック17 G17 Gen3 ガスブロ
マルイ HK45 ファイヤフライ ロケットバルブ
ハイキャパ5.1スライド塗装
かえでちゃん ハイキャパ5.1
大門さんとこのショートストロークスイッチ
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)
 マルイ グロック17 G17 Gen3 ガスブロ (2018-05-25 12:29)
 マルイ HK45 ファイヤフライ ロケットバルブ (2018-05-18 23:43)
 ハイキャパ5.1スライド塗装 (2018-04-27 15:55)
 かえでちゃん ハイキャパ5.1 (2018-04-19 13:01)
 大門さんとこのショートストロークスイッチ (2018-04-15 23:11)

この記事へのコメント
シリンダー穴開きで初速UPは意外でした((((;゚Д゚)))))))


バキューム無し(すみません名前がわかりません、吸気するヘッド?)のピストンヘッドですか?有りでもやっぱバレル短い場合は量より加速での圧が有効な感じみたいですね!(◎_◎;)ショートバレル使ってないので参考になりました


かりす
Posted by Genocide WolfGenocide Wolf at 2014年12月10日 02:55
カリスさん>シリンダーの容量と加速度で初速が変わります。
空気が多すぎても、少なすぎても初速は最適にならんです。
流速は例外ですが、普通のメカボで組む場合でバレルが短い場合は、シリンダー要領を減らしてやらないとダメですね。
基本的にはマルイやライラクスのポート穴位置を参考に、目測でやってます。
1㎜単位でやっても、初速は1~2しか変わらないので、大体の位置でOKとしてます。
Posted by カラシタカナ at 2014年12月10日 19:20
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。