2015年03月13日

トイスター トカレフ

トイスター製トカレフを購入しました。
エアーコッキングです。


先日フィールドで持っている方がいて、撃たせてもらったら、弾が当たるわ飛ぶわ。
欲しい!となって我慢できずに購入してみました。
アマゾンで4千円ちょいでした。

箱出しの状態の弾速。

マルイ0.25gプラ弾使用

う~初速50m/s行ってないのか、、、。
しかしながら、よく飛びます、よく当たります。

とりあえず、分解して、整備してみます。


このプラのピンを外します


すると、真鍮の棒と、スライドストップが反対側から外せます。


スライドストップ部分はこういう風に、スライドストップ、真鍮棒、右側のピンという3点構成です。



ピンを抜けば、アッパースライドを外せます。


中身は、ザ!ポリカ!というぐらいクリスタルクリアーな表情を見せています。
割れそう、、、。


スライド側、バレルのユニットを前に思いっきり引っ張った状態で、ピストンユニットを取り外します。


続いてバレル側も取り外します。


ピストンユニット後部のフタを外せば、スプリングガイド、スプリング、ピストンが外せます。


ピストンカップには、全く油分がありません。(汗)

なので、今回はマルイ純正グリスでグリスアップしてみることにしました。


しっかり潤滑させて、組み込んで、ピストンアッセンブリーの完成



次はバレル

バレル根本のピンを外せば、バレルが前に引き出せます。




なんと!ホップパッキンは面ホップになってます!
これが飛距離と集弾性の秘訣!なんでしょうね。


バレルがちょっと汚かったので、中を磨きます。

電動ドリルにマルイのクリーニングロッドを巻き付けて、ピカールを塗って磨きます。


ピカピカです。

次にアンダーフレームですが、グリップを先に外します。
このようなカムが付いていますので、マガジン挿入口からカムを動かすと、グリップが外れます。


反対側も然り


次にこのピンを外します。



すると、トリガーのユニットがごっそり、外せます。


セーフティーのピンは無くさないようにしましょう。


トリガーユニットこちら側の+ビスを1つ外します。


次にトリガー部分を下側にずらしながら外します。


すると、トリガーユニットがモナカに割れます。


バネの組み込み位置等をきちんと記憶しておきましょう。


トリガーユニット部分もしっかりグリスアップ。


最後にトリガーを取り付けて


フレームに組み込む際、先にセーフティーレバーを入れてから組み込みましょう。このように→をF(Fire)の位置にしておくと良いです。


さて、ちょこちょこいじったトカレフ、どうなりましたでしょうか?

メンテ前

メンテ後


いい感じです!

参考まで:東京マルイのエアコキガバも相当優秀です。


トカレフのコッキングは、ショート&硬い感じですが、東京マルイの方がコッキングしやすいです。
さすがはマルイ、トータルバランス、使い勝手が良いです。

ただ、弾の伸びはやはりトカレフが良いです。
マルイガバは装弾数23発ですが、トイスタートカレフは10発。
リザーブタンクから、再度弾を込められますが、結構慣れが必要ですね。

実勢価格はちょっとトカレフの方が高いですが、最初に買うならどっち?と聞かれれば、マルイのエアコキガバに軍配ですね。
ただ、弾の伸びはやはりトカレフが良いです。自分で調整して使いたい方にはトイスターのトカレフもいいと思います。
ただ、色々な部品がポリカなので、、、耐久性はとても不安です!





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
マルイVSR-10 Gスペック ショート
マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ VSR-10 Gスペック
東京マルイ VSR-10 Gスペック
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)
 マルイVSR-10 Gスペック ショート (2018-06-22 12:33)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-21 23:30)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-20 16:31)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)

この記事へのコメント
カラシさんほんとスゲーとですよ(; ̄ェ ̄)



ブリーチャーの分解のやり方が分からず自分がブリーチャー分解の手順でもブログにUPしよーかと思ってたのに、、、




気付いたら分解組み立てカスタム後だったんですよね(; ̄ェ ̄)

この作業工程はホント撮り忘れてしましますT^T



かりす
Posted by Genocide WolfGenocide Wolf at 2015年03月13日 23:52
たしかにインナーバレルの内側がピカピカなのは当たります(ΦωΦ)

VFCはピカピカでした。
Posted by テツロー改テツロー改 at 2015年03月14日 21:16
カリスさん>暇なときに写真パチパチしながら分解してます。
分解方法が不明なとき、初めてバラす時は、特に自分がパーツ組み立てで困らないようにやってます。
夢中になると、はい、私も写真なんか撮らないです(笑)
撮り忘れたものは数知れず、、、といったところです。

テツローさん>です。
やっぱり当たる銃のバレルは総じてピッカピカですね。
一部コーティングとかしてある場合は別ですが、、、。
マルイの純正でも、磨くと相当当たります。
Posted by カラシタカナ at 2015年03月15日 00:29
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。