2015年07月08日

東京マルイG18C 電ハン

東京マルイ 電動ハンドガン G18C グロックちゃんですね。



色々これまでいじってきました
↑クリックで過去のカスタム・メンテ関係のブログリストへ

現在の仕様(カスタム部分)
ピストンレール部分研磨
LAYLAXベアリング軸受け
スプリング先端処理
LAYLAX電ハン用スプリングガイド
WOWスペーサー3㎜×1個
MOSFET:PicoSSR3



前はタイトバレル入れて、フルシリンダー入れて、初速を上げていましたが、マルイ純正バイオ弾と相性が悪く、バレルの中でBB弾が削れて、弾づまりを起こすようになりました。

また、実はマルイ純正ルーズバレルの方が、初速が低くても弾の飛距離が上がりました。
これはなぜか?

タイトバレルは加速が強くなり、初速は上がるものの、回転が殺されてしまう傾向があります。
”回転で飛ばす”ほうが、実は直線飛距離が出たりします。

そして、ノーマルのスリット入りのシリンダーの方が、ウィポ、ウィポとセミオート連射が小気味良いです。

色々やって、今は初速よりも飛距離と精度、信頼性を取っての純正品多用の仕様にしています。
カスタムパーツ、何でも入れればいい、というものでもないですね。


あと、スイッチ焼け対策として、リポも入れていますが、体感的にはスイッチバリカタでも十分かなと思います。

軸受も回転数を上げるためにベアリング軸受入れていますが、最近はメタル軸受けでも十分かなと思います。


この部分のシリコングリスも色々試しましたが、マルイ純正が何気にトータルで性能高いですね。
カラシは例のピンクグリス使ってます。

何事もカスタムはバランスですね。
初速だけでは何にも分からない事、沢山あります。

電ハンの初速は0.2gで60m/s台後半ぐらいでも、BB弾の当たりは”ビシッ!”としています。
ので、20mぐらいの距離で撃てば相手の迷彩服とかが、「パコッ!」と凹むのが良く見えます。

30~35mぐらいは直線で飛んでくれるので、ハンドガンとしては上等です。






同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
マルイVSR-10 Gスペック ショート
マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ VSR-10 Gスペック
東京マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ グロック17 G17 Gen3 ガスブロ
マルイ HK45 ファイヤフライ ロケットバルブ
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 マルイVSR-10 Gスペック ショート (2018-06-22 12:33)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-21 23:30)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-20 16:31)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)
 マルイ グロック17 G17 Gen3 ガスブロ (2018-05-25 12:29)
 マルイ HK45 ファイヤフライ ロケットバルブ (2018-05-18 23:43)

この記事へのコメント
電ハンいいですよね
今は夏場でガスガン使っていますがあと数ヶ月したらまた電ハンのお世話になります^^v
Posted by inversinvers at 2015年07月08日 21:24
inversさん>グロックのガス18Cも最近気になっています。
今~夏場はガスが調子イイですね。
Posted by カラシタカナ at 2015年07月08日 22:19
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。