2016年01月29日

FETとレスポンスの話

電動ガン、そこそこいじれるようになると興味を持つ、、、。

FET!

FETって何だ!

って思われる方が沢山いらっしゃると思います。

ちょっと以前のブログスイッチ保護考の所ですでに触れている部分がありますが、、、。重複してる部分はゆるしてくだちゃい!



で、今日の内容は超ややこしいので、お気を付けください。
ただ、分かりやすいように、なるべく簡単に、、、、、努力します!


「FETを入れて回転数・レスポンスは変わらない」
という方が居ますが、


私の主張は
「一部のMOSFET製品をインストールする事によって、回転数・レスポンスは変わります」


です。


これ、あくまでも、あくまでも、あくまでも、あくまでも、あくまでも、あくまでもっっ!!!
GATEのMOSFET製品に限っての話をしますからね。


私GATEの製品ばっかり使ってますので、他のメーカーのFETどうですか?って聞かれても。
「ご自分でお試しください」
としか言いません。
あしからず。


まず、GATEの説明書英文(NanoHARDより)
MOSFET
Do you want to achieve a higher rate of fire and faster trigger
response? Are you planning a power upgrade of your rifle? In that
case, you need a MOSFET.
It targets the energy from the battery directly to the motor, bypassing
the mechanical trigger contacts. As a result, you will gain a higher
rate of fire of the rifle and a faster trigger response, and the contacts
will be protected against burn out.

日本語訳
■MOSFET機能■
お使いの電動ガンの高回転化、トリガーのレスポンスを上げたいと思っていま
せんか?リポバッテリー化や高い電圧・アンペアのバッテリーを使う予定はあり
ませんか?その場合はMOSFETをお勧めします。
GATEのFETモジュール(MOSFET)シリーズを使用すれば、回転数が上昇し、
レスポンスが向上します。
スイッチを焼く無駄な電力消費をパイパスさせ、
モーターへ直接流すようにするため、スイッチを焼かず、効率的な電動ガンの
回路を作る事ができるのです。



はい、しっかり明記されておりますね。


うーんと、色々ややこしく説明するの面倒なので、図作成。

P90のメカボックスの配線です。



■ノーマル配線の場合のバッテリーからモーターに通電するまでの電気の通り道を黄色い点線でなぞってみます。■



次にGATEのPicoSSR3を入れた場合の配線



■PicoSSR3を入れた配線の場合のバッテリーからモーターに通電するまでの電気の通り道を同じく黄色い点線でなぞります■




おりっ??

ノーマル配線


PicoSSR3を入れた後の配線



明らかにPicoSSR3を入れた後の黄色の点線、少なくね?


です。


GATEのMOSFETシリーズについては


スイッチを焼く無駄な電力消費をパイパスさせ、



モーターへ直接流すようにするため、スイッチを焼かず、効率的な電動ガンの回路を作る事ができるのです。


GATEのFETモジュール(MOSFET)シリーズを使用すれば、回転数が上昇し、
レスポンスが向上します。

これは電気的ロスを少なくしているから
です。

P90のこの例の場合の電気的ロスの解消について要点を簡単に説明すると
①バッテリーからモーターまでの導線を短くしている
②スイッチ部分の焼け(ロス)をFETで電子ゲート化し、スパークで失われる電気を直接モーターに流す
です。

電気ロス=熱
ですからね。

スイッチの部分が焼けるのも、この電気的ロスによるもの、と考えてください。
リポバッテリー化して、タミヤ型コネクターが熱くなる場合等も、この電気的ロスが大きいといえます。

電気の伝わる速度は、光の速さの2/3ほどと言われています。

が、電流を伝えるとなると、
遠くより近く
細い通り道よりも太い通り道
という方が効率が良いのです。

むやみやたらにシリコンコードの銀コート使っても、そんなに激しく効率は上がらない、というのが現状です。
一部の太い銀コートの製品は、固くて、メカボに入れにくいですし、被膜も破れやすいので、注意が必要です。

じゃぁさー、うだうだ、ブーデーのゲーハーが色々書いとるばってんが、どんだけ上がるとよ?

って話でしょ?

はいはい、もちろんやりました。

FET化前


FET化後


メカボはもちろん同じ状態。同じグリス、同じスプリング、同じセッティング。
配線も、PicoSSR3入れる黒線部分を45mmカットして、ストリップして、MOSFET入れただけです。
同じノーマルの配線、ヒューズもそのままですね。

ま、そこそこ上がりましたかね。

ただ、ただですよ!

必ずMOSFET入れた方が良い!というわけではありませんからっ!
エアガンカスタムとは?


メカボしっかりいじって、いじって、いじりきっての、飽き飽きマンにこっそりお伝えしたいMOSFETです。

効率の悪いメカボックスなのに、MOSFET入れて飛ばす人も多いのも現状です。

・120%以上のスプリングとか入れている。
・11.1Vで2000mAh以上のバッテリーを使っている。
・7.4Vで3000mAh以上のバッテリーを使っている。
・あ、バレルの長さ200㎜も無いや、、、。
・1ゲームで多弾を2マグ、3マグ連続で撃っちゃう
等々等々、
のに、ちっさいMOSFETを使っているのも、スペック不足になります。

そういう場合はもっと高いスペックのMOSFETがありますが、電気的エラーを検知して止める賢いMOSFETになります。
ただ、こいつも悪い部分?があって、モーターのカーボンの蓄積等やちょっとした被膜の破れさえも「漏電」や「ショート」と検知してしまう場合があるので、マメなチェックが必要です。

100%以上のスプリング組んだり、流速にしたり、重いピストン入れたり、ヘリカル等のトルクギア、デュアルセクターギア等々変わり種ギアを組むなら、「モーターは消耗品」と考えた方が良いです。
然り、MOSFETもスペックの高いものを選びましょう。

電動ガンチューニング、最後の砦?みたいな電気系統、MOSFETですが、結局のところ、しっかり組んだメカボックスで、こまめなメンテと度重なるチューニングが必要です。
時間と労力に余裕があれば、これを繰り返す楽しみ、醍醐味が味わえると思います。

電動ガンいじるのあまり得意でない人には
ノーマルで使っていて、スイッチ交換サイクルがあまりにも早ければ、スイッチバリカタやスイッチハリガネがあります。

私みたいに1年間に80ゲームこなすような、毎週何らかのメカボをいじっているサバゲジャンキーですら、あ、「バリカタでいいや」と思いますから。

ある程度いじれる人って何丁か銃持ってるじゃないですか?
意外に同じ銃って、ずっと使わないものですし、、。

SBDやバリカタ入れていても、サバゲをこなす回数に追い付かず、スイッチ状態に悩まされて、、、、となったらMOSFETに挑戦されればいいと思いますよ。こういう意味合いでの「最後の砦」です。(笑)

また、トリガータッチの向上を目論んで、メカボックスドロップインタイプのボード等に挑戦するもまた楽しいものです。
ただ、スペックは各々の説明書を穴が開くほど読んで(笑)、きちんと理解・確認して、自己責任でやってくださいね。

ここまで書いてなんですが、、、、、、ただですね、、、、。

結構ずーーーーーーーーっとエアガンいじってて思うのですが、こんだけ労力とお金と時間つぎ込んで、「こんだけ」なの?
と思う事も多々多々多々多々あります。(笑)

ま、それが趣味の世界なんですよね、、、、。
私なんか、、、、むしろ電動より、最近は「エアコキシャッガンでいいや」ですから。

ただですね、やっぱり、やっぱりっ!
カリッカリの銃を持った、ゴリゴリゲーマーさんとフィールドでガッチリやり合う時があるんですよ。
そういう時は、「カリッカリの銃でガチで礼を尽くさないといけない」と思い、こっそり弾速チェックを済ませた電動に持ち替えます。

「BB弾飛ばし合って、やってやられて育まれる友情が、最も熱い」と信じとりますけんね!

あ~~~~サバゲしたいよぅ!

■カラシタカナP90関連記事■
2016/11/01 P90 マガジン破損&メカボ整備
2016/10/20 P90ステッピング加工&サイレンサー用銃口カバー
2016/09/27 P90 PicoSSR3 MOSFET組み込み
2016/09/17 P90多弾マガジン給弾不良解消か?
2016/08/30 続・P90給弾不良との戦い④
2016/08/26 軍曹来福 & 続・P90給弾不良との戦い③
2016/08/19 続・P90給弾不良との戦い②
2016/08/18 続・P90給弾不良との戦い
2016/07/02 P90 サイクルUP!
2016/06/27 P90 給弾不良との戦い②
2016/06/20 P90 給弾不良との戦い
2016/06/04 P90 マグ用のツメ強化
2016/06/02 P90マガジン 給弾不良解消
2016/04/27 東京マルイP90リファイン
2016/03/17 P90 アイアンサイト
2016/02/10 P90 でゲーム②
2016/02/04 マルイP90メカボメンテ
2016/02/03 P90 配線交換
2016/02/02 P90でゲーム
2016/01/29 マルイP-90 MOSFET化 PicoSSR3
2016/01/28 P-90 のバットプレート滑る
2016/01/26 東京マルイ P90
2015/06/26 週末整備 P-90 と G3SD
2014/12/12 P90マグ整備
2014/12/01 マルイP-90 スイッチ





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
マルイVSR-10 Gスペック ショート
マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ VSR-10 Gスペック
東京マルイ VSR-10 Gスペック
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)
 マルイVSR-10 Gスペック ショート (2018-06-22 12:33)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-21 23:30)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-20 16:31)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)

この記事へのコメント
労力とお金を注ぎ込んでこんだけ、、、、

深く共感出来る事が多々あります



特に今の1J範囲内のカスタムとなれば社外のリシンダーやヘッド、ピストンにスプリングガイド、軸受けにタペット、精密バレルetc、、、実際変えた所でノーマルと撃ち比べた時に弾道や初速がどれだけ大差あるかと言えば、、、


微妙な所ですが解る人しか分からない程度、、、だったりしますもんね。もちろんカスタムすれば弾道安定、サイクルやレスポンス向上しますがそこまで求めた銃を使う程サバゲの内容自体がアスリート化してないので表現が難しいのですが・求める場所・なんでしょうね


内部カスタムよりも高価な実物パーツ付けるカスタムしか満足出来ない人も居たりする世界ですし



ただ数センチの的を狙うアスリート的なシューティング形式だと使う弾から何からキッチキチに求めてる感は分からなくも無いのですがサバゲに使うとなるとフィールドそれぞれの特性(陣地距離や高低差)だったり野外か屋内か、バリケードかブッシュか、相手の人数や使用武器にポジションや個々のスキルetc、、、ホント色々な要素が入り混じるので


まぁ結局の所、大きな目で見れば大差無いし突き詰めれば全く別物ですよね(笑)だからサバゲやカスタムって面白いんだと思います



寒さに負けて全然サバゲ行けてません、、、寒いとお家のお酒が進んでしまうのですがたまには外に出てサバゲを肴にカラシさんと呑みたいです(笑)



かりす
Posted by Genocide WolfGenocide Wolf at 2016年01月30日 00:04
カリスさん>あまり意味の無いものにお金と労力を懸けるのが、、、男の趣味ですねっ!笑

そうなんですよ、まあ、カリッカリにいじった銃でも、結局ノーマルに戻す!とか結構自分はあります。(笑)
ワイ、ノーマルにカスタム中ですばい!って言います。

なんですよ、求める場所だったり、最終的には一緒にゲームする人なんですが、、、。
最近自分の体力にも自信が、、、。

ですね、実物パーツとかの魅力はよくわかります。
やっぱりいいですもんね、モノホン。
その自分なりの世界観を作るのが醍醐味だったりしますもんね。

そうなんですよ、サバゲってシューティングじゃないんですよね。
カリスさん書かれているようにフィールドの場所、個人の経験、仲間の力量に大きく左右されます。
そっちの方が、初速云々、集弾性云々、レスポンス云々よりも重要だったりしますね。

同じ味方だった仲間に色々教えてたら、チーム替えで敵チームに行ってしまい、逆にボコボコに撃たれるケースも(笑)
ま、こういうのが面白いんですが。

1Jの中でちょこまかうごめくカスタム・チューニングを楽しめるかどうか、まあ、最終的にはそこにこだわるか、どうか、なんですよね。

ですね~私もカリスさんと是非サバゲしたい!飲みたい!
カリスさんに最近もスカートで撃ってもらってないので、刺激が欲しいです。(笑)
Posted by カラシタカナ at 2016年01月30日 08:50
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。