2016年05月26日

マルイ電ハン93R的なあのオート野郎

いよいよゴールドマン計画最終章です。

ゴールドマン氏も、普通の農家だったのに、、、。
害獣駆除に買ったエアガンにハマりまくり。

サバゲにハマり、、、。
ハマりまくって害獣忘れて、人ばっかりBB弾で追いかけちゃって、、、、。

ハマりまくって93Rをディーンズコネクターで大きめのバッテリーに直結したり。


ハマりまくって、93Rのメカボックス上カバーのねじが無かったり。


*結構ここのネジ、フレームの一部の役割もあって、大切なんですよ、、、。

なんか、カラシの周りの93Rいじる人って、なんか過激。

MERF3.2ぶち込んで、外部バッテリーにしたS.F.Sniperさんとか、、、。

(最近ゲームで見てないですねっ!お元気ですかっ!?)

で、今回の93Rですが、FET化を希望されているので。

初速はそこそこ
サイクルUPでモリモリBB弾を出すよっ!

仕様にしたいと思います。

先日も書きましたが、、、。
バレル伸ばすと、初速80台手前ぐらいまでは楽に出せるようになります。

ただ、ハンドガンは初速より弾道。
これ一筋。
弾筋一筋。


先日いじったG18とは違い、こちらはバリカタ装着。
スイッチも焼けてる感はなさそうです。



メカボ完全分解、完全洗浄、レール等可動部研磨。


こまごましたパーツも研磨。


今回、軸受けはベアリング。
こいつはよく回ります。



しっかりシム調整すれば、シャンシャン回りますよ。


スイッチはそんなに焼けてませんでしたが、このマルイの白いグリスは接点不良が起こりやすいので、

分解して、タミアの接点グリスに塗り替えます。


ピストン側は先日のG18Cと同じく、WOWコンパクトの3㎜のやつを少し内径を広げて、入れます。


スプリングガイドは、WOWの1㎜の内径を広げたものと、スペーサーでカサ上げしています。



あとはしっかり組み込みでOK。


で、FETモジュール。
今回は世界最小のMOSFET PicoSSR3を入れます。

超小型ですが、性能は一級品。

超小型電子部品ですので、取り扱いは非常にデリケート、注意して取り扱いましょう。


静電気なんかでも、小さく、バチッと壊れてしまう場合があるので、金属のモノに触れてから作業です。

PicoSSR3を装着する部分のイメージはこの辺かな。


ノーマル配線状態。スイッチボックスには2つの端子があり、それぞれに+のコードがハンダ付けされています。


画像内、右側のコードを左に移し、一つにまとめます。


取り付けの際は、しっかり予備ハンダをしておいてから、取り付けると、やりやすいです。




つぎに、スイッチボックスのあまった端子部分には、信号線を取り付けていきます。

予備ハンダをして

さっと取り付け。


PicoSSR3の-線接続部分も、予備ハンダをしておきます。
サッと、広げておく感じですね。

信号線を取り付ける部分も然り。


FETを入れれば、スイッチバリカタはお役御免。
取り外しておきましょう。


FET取り付けの前に、ある程度銃本体を組み立て、おさまりをみながら作業します。


FETをマイナス線にこのように組み込みました。


信号線も、適宜、丁度いい長さでカットして、予備ハンダして、取り付けます。
ハンダごてを付け過ぎ、基盤を熱しすぎると、不具合が起こりますので、「サッと」はんだできるように、練習してから取り付けましょう。


こんな感じで取り付け位置決め。


付属の熱収縮チューブを取り付けます。


熱収縮!したらこんな感じになります。
このPicoSSR3付属の熱収縮チューブは収縮率が高く、厚みもかなりあるので、センシティブなFETをしっかりガードしてくれます。


で、今回、7.4V、1400mAhのリポバッテリーを接続するので、ヒューズを取り付けます。
自動車用の小型のヒューズ25Aです。

なぜ、ヒューズ?ですが、MOSFETの基盤を守るためです。
GATEの高級MOSFETには、すでに回路にデジタルヒューズが組み込まれています。
ただ、PicoSSR3や、PicoAABはヒューズ機能が回路に入っていないので、MOSFET基盤の致命的な破壊を防止する意味あいがあり、取り付け必須です(1000mAh以上のバッテリーを使う場合)。


最後にTコネクターを付けて、、、作動確認。
モーターをつなげた瞬間、ドゥルルルルルルルルルル!
小気味よい、はえーフルオートになります、、、。

やべっ!
暴走しちゃうじゃんか!



何故?

何故?

あっつ!
配線ぼろかったよね~、やっぱダメか!



一回、組んだものを再度バラシて、、、ショートしている場所をさがしていたら、どうもこのスイッチボックスと、このハンマーの所にある、金属部品が接触している模様。

そうです、MOSFET組み込んで、注意しないといけないのが配線ショート。
暴走フルオートになっている理由、ばっちりショートしています。
いちおうチェックはしていたのですが、、、。

銀コートの被膜は破れて、ショートしやすいので、組み込み時は細心の注意が必要ですね。
付いていたものは、被膜が破れて、そこがショートしていたようなので、、、、。

メカボこちら側(+)は新しい配線を引き直しました。


ショートしていた、スイッチ部分のはんだも、小さくして、干渉しなくなりました。
テストしたら、しっかり動きます。
皆さんも、MOSFET組み込みの際は、配線の破れ、フレーム、金属部分への干渉をしっかりチェックしましょうね。

組み上げて、実測!

ET-1 リポ 1400mAh 8.0Vで計測。


ドゥルルルルルル!といっても音は非常に静か。
ノーマルで使うウィ!とかいうメカの音もほとんどしません。

フルオートスゲー回ります。
バッテリー満充電なら、20発、超えるかな。

セミもパス!パス!とはぇぇぇ!
ガスブロに非常に近いものがあります。


そんなこんなで、マジのロボコップ風味に仕上がった93R。

もう、これみた瞬間から、ロボコップのテーマソングが頭に流れ続けています。

あ、もちろん古い方ね。(動画は2です)

でかいバッテリーつけた電ハン、オソロシー。


ひなみにチョー長いコンペセイター?の部分は



うおォン


で、バレルですが、元々MP7用の182㎜が付いていましたが、これ、長すぎます。



電拳さんの資料を基に、150㎜に短くしました。

分解方法等も詳しく載っているので、電ハンのバイブスがヤバイ人のバイブルですね。

150mmにカット。



そして、あのカバーのねじも、ちょうどいいのをホームセンターで探して入れてますよ、、、。


発射音もすごく静かで、サイレンサー要らず。
電ハンとPicoSSR3、そしてベアリング軸受けの組み合わせ、最高ですね。

もう少し強い社外スプリング入れれば0.20gで80台行くのですが、80まで出すと、極端に燃費が悪くなるのと、メンテの時期が早まる、そしてモーターがすぐに焼けてしまうので、あえて少し低めの初速設定です。
と言っても80近くでてますから、しっかり、ビシッと当てられる、良い銃に仕上がりました。

やっぱ電ハンいじるの、楽しいな。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
マルイVSR-10 Gスペック ショート
マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ VSR-10 Gスペック
東京マルイ VSR-10 Gスペック
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)
 マルイVSR-10 Gスペック ショート (2018-06-22 12:33)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-21 23:30)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-20 16:31)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。