2016年07月26日

Ver.3 スイッチトリガーフィーリング改良(カリカリトリガー)

以前Ver.2のトリガーフィーリング改良した時に、


「今度Ver.3やりますけん!」

と書いておきながら、、、、しばらく重い腰が上がらず、、、、。

と言うのも、このVer.3スイッチのトリガーフィーリング改良はそもそも20数年前に

「スイッチが焼ける」対策の苦肉の策で、思いついたチューニングで。

当時、先輩から、「トリガーの引きしろが短くて、なんかステッカー剥がす時にカリカリ指でしているみたいだね!」

「カリカリトリガーだね!」





「カリカリトリガー」


という何とも可愛らしいネーミングを付けられた事に由来して、


なにか現代風にアレンジできないか、、、色々試行錯誤していました、、、。


ぱみゅぱみゅトリガーとか

モリモリトリガーとか

チョイチョイトリガーとか


でも、やっぱり

「カリカリトリガーじゃないとな!」


という事で、Ver.3のトリガーの引きしろの多さにガッカリしている皆さんへ。

20数年前の記憶を頼りに作りました。

「カリカリトリガー」


今回の生贄。
カラシのAKM CYMA製。

数年前、バンちゃんがLCT買って

「もうCYMAのAKMなんてイランやろ?ホメイニやろ?」

と聞いて無理やり引き取ってきた略奪愛。



ついでに普通のメンテも、、、。
バレルが結構きちゃない事になってました。



スイッチをいじります。


今回は1.3㎜のタミヤのプラ版を使います。
接着面は軽くやすり掛けして、足付けしたあと、パーツクリーナーで脱脂洗浄。


ここの部分と


ここの部分にプラハン貼り付け。


プラハン貼り付けはこんな感じで。2か所にしっかり貼り付けます。
耐衝撃のアロンアルファではがれたことはありません。
しつこいですが、足付けのやすり掛けと、脱脂洗浄は必須です。

次に、スイッチのトローリー(可動部分)が前進するので、カットオフの突起も前進する分、カットします。


カット量はメカボックスに組んで、カットオフレバーとの相性を見ながらですが、大体プラハンの厚み1.3㎜ぐらいで良いでしょう。


これをやってないと、カットオフしてくれなかったり、作動不良になりますので、、。


一度仮組して、カットオフレバーとのクリアランス等を調整しましょう。



スイッチの可動部分が一番後退している状態で、カットオフが自由に動き、前進してスイッチが入る部分できちんとカットオフレバーでカットオフできるか、確認します。

うまくいかない場合は、再度スイッチの可動部、カットオフレバーがあたる部分を成形するか


カットオフレバーにスイッチの突起が当たる部分を磨いたり、成型すると良いでしょう。



あとはもう一か所。



スイッチのハウジングの部分に前進しすぎるのを防止するプラハンをここに貼り付けます。
これは必要無い人は必要無いかもです。もしスイッチの動きが悪い場合は参考にしてください。



プラハンの貼り付け部は以上3か所です。

可動部はしっかりグリスUPしておきます。




最後に、トリガーの引きしろを減らすためにこの部分にM2でタップを切って、M2の小ねじをスクリューオンします。
これでトリガーの引きしろ(バックラッシュ)を調整できます。

メカボ組み立てて、、、。



作動確認



作業前のトリガー、スイッチが入る場所

作業後のトリガー、スイッチが入る場所

微妙に前進しているのが、、、分かります?

作業前

作業後


作業前

作業後


写真だといまいち、、、なんですが、実際トリガーを引いてみると違いは歴然。
1㎜のトリガーストロークで、こんなにも!っていう感じですよ。


今回の作業、FETなんか取り付けていると、非常に分かりやすいです。
もちろん、スイッチの焼けによる不具合の改良にも使えますしね。

もう少しセッティングを煮詰めれば、もっと短いトリガーストロークが可能ですが、今回はこんなもんで。

Ver.3のメカボックスは総じて、トリガーストロークが長いのですが、この「カリカリトリガー」のチューニングでお悩みの解決の一つの案になれば、、、と思います。


カラシはゲームでセミで600連撃ち切ったりとかしてしまうので、これで大幅に戦闘力UPだっ!と思ってます。(笑)

Ver.3用にもFCUとか出ていますが、今の所カラシはこの方法がベストかなと思ってます。
フニャフニャのトリガーの感じがどうしても好きになれないし、、、、AKだとリアルさに欠けますもんね、、、。

そんなこんなで、、、。
カリカリトリガーでしたっ!






同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
マルイM4 PMC
G18Cマガジンチューニング
初代電ハンG18C復活&ニコイチをニコに
E&L AKS-74UN Tactical MOD-B DXバージョン
RS56式
マルイ 電ハン G18C
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 マルイM4 PMC (2017-10-19 16:27)
 G18Cマガジンチューニング (2017-10-18 10:26)
 初代電ハンG18C復活&ニコイチをニコに (2017-10-13 10:42)
 E&L AKS-74UN Tactical MOD-B DXバージョン (2017-10-12 19:48)
 RS56式 (2017-10-10 17:42)
 マルイ 電ハン G18C (2017-10-06 07:49)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。