2016年08月08日

VSR-10のチューニング

カラシのVSR-10。


先日ゲームしていたら

「スゲーまっすぐ飛ぶんですけど、、、何でですか・・・・???」
「スゲートリガー軽いんですけど何でですか・・・・???」

と若いチャンニーから質問が。

「チューニングです。」
「何回も何回もチューニングでぇす!」


うつむいてた、、、、。 /(´o`)\オーノー!!


正直言います。

ほとんど純正パーツです。

あとはカラシの過去ブログご参考ください。

何度も何度も書いていますが
「エアガンチューニングは自己責任です」

人と違う何かをすれば、人と違う結果が出るわけで。
射撃の腕もそうですが、、、。

そこを見つけ出そうとするのが楽しいと思うか、苦痛なのか、、、。
取り方によって違いますよね。

大した部品を入れるわけじゃないんですよ、ホント。

”小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。”
鈴木一朗選手(メジャー3000本安打おめでとうございます)


ま、どんだけ没頭できるか、、、なんでしょうね。


話は私のVSRに戻りますが


純正HOPパッキンだし、純正バレルだし、純正チャンバーだし、純正シリンダーピストンです。
社外カスタムパーツは特に入れず。
自作HOP抑えや自作ピストン重量増しとかぐらいです。

ただし、メンテサイクルは短めかもしれません。
ちょっと「調子悪いな」と思ったらすぐにバラすので。

■トリガーのメカ部
可動部研磨&500発ぐらい撃ったら、再度分解・徹底洗浄・可動部再グリスアップ

■シリンダー
純正ピストンを少し重くして、WOWの3㎜を入れています。
(リアルショックと、純正の間ぐらいの重さ・季節によって調整します)
これも2000発ぐらい撃ったら、一度完全分解して、徹底洗浄・可動部再グリスアップ

■バレル・チャンバー
500発ぐらい撃ったら、一度完全分解して、クリーニング
パッキンがぼろくなってきたら交換

チョイチョイいじりながら
0.28gBB弾(マルイスぺリオール弾)で78m/sです。
ホップ強めなら、50mぐらい飛びます。

汚れたら
磨いたり、クリーニングすれば良いんですよ。

ガタツキが出たら
シールテープやアルミテープ、パテや接着剤でうまく固定してやれば良いです。

動きが悪いなら
フリクションの原因を減らして、潤滑させれば良いんです。


めんどくさいですか?
ショップに出すお金が無いですか?
そうですか、、、。
じゃあ、何かを諦めないといけませんねぇ。


ちょっとトンがった言い方かもしれませんが。
自分が満足できるものは、結局自分で努力して得ていくしかないと思います。


VSR-10もサバゲしていない時も、買った当時は1000発~ぐらい毎週50m先の標的撃ってました。
おかげでマガジンリップでチャンバーの突起が擦り切れてしまいました(笑)。
ここも修正して、また使ってます。

銃のアドバイス色々聞かれるんですが、、、。
「全然分からない」
って言われると、もうこっちも全然分からないんですよ。


最近は
「ごめんなさい、ショップに行ってください」
と言ってます。


感じ悪いと思うかもしれません。
でも、私もいまだにショップに通って、色々部品買って、自分で試して、分からない事が有ったら聞いています。
そういう感じなんです。

また、ブログ参考にされて、私の銃と同じセッティングにしてしまうと、チューニング回数が増えるので、そこは覚悟してくださいね。
あくまでも「自己責任」でお願いします。


「ここまで調べてこれをこういう風に実際やってみたけど、ここをどうすればいいか分からない」
ぐらい言ってもらえると、、、私のほんの少ない経験からアドバイスぐらいはできます。


先日、私が昔射撃教えてもらった方に
「~~~~で~~~~撃つ時~~~~って、グリップ強めで~~~するものですか?」
と聞いたら
「そうだよ」
と。

自分で色々居住姿勢試して、こうなんじゃないか?と言うのをぶつけてみる。
たった一言で答えが分かる、自分で納得できる。エンライトメント。

こういう状態を自分自信の中で作ってから、質問するのが常識だと、私は色々社会生活送ってきた中で思います。
相手の立場を考えると、、、ですよね?

人によっては
「たかがサバゲなんて遊び」
でしょうが、、、、。

いつもチューニングの事ばっかり書いてますが、最終的な大事な所って、営業とかでもそうですか
「膝詰め合って話をする」
のが凄い大事だとつくづく思います。

メールとかスカイプとか、LINEとか色々デジタルコミュニケーションツールは増えてますが、、、。
最終的に一番大事な所ってフェイスtoフェイスで、相手の息遣いを感じながら、話をする、、、。

ネットでタダでは手に入らない、知識の宝庫があったりするんですよね。

そして実際サバゲーもバンバンやる。
やってる回数多いから、上手いとは限りません、、、。

回数多いから分かってる部分が色々ある。
とは言えます。

色々積み重ねって大事だと思う次第です、、、、。

そんなこんなで、、、。






同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
東京マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ グロック17 G17 Gen3 ガスブロ
マルイ HK45 ファイヤフライ ロケットバルブ
ハイキャパ5.1スライド塗装
かえでちゃん ハイキャパ5.1
大門さんとこのショートストロークスイッチ
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)
 マルイ グロック17 G17 Gen3 ガスブロ (2018-05-25 12:29)
 マルイ HK45 ファイヤフライ ロケットバルブ (2018-05-18 23:43)
 ハイキャパ5.1スライド塗装 (2018-04-27 15:55)
 かえでちゃん ハイキャパ5.1 (2018-04-19 13:01)
 大門さんとこのショートストロークスイッチ (2018-04-15 23:11)

この記事へのコメント
「ちっちゃい事の積み重ね」

全くその通りだと思います。
昔に比べてネットで情報が拾いやすくなった
分だけ、考えてから人に質問する真面目さを
持った人が少なくなったような気がします。

そういう人はだいたいにして
「自分が損したくない」という気持ちが
強すぎるのだと思います。セコいんだよね。
Posted by 十兵衛軍曹 at 2016年08月09日 09:57
十兵衛軍曹>ですねぇ、ネットも良い面も沢山あるんですが、光の裏には影有りで、見えにくい場所に沢山弊害があるような気がします。

結局ネットって、
「実際の色・感触とは違う場合があります。」
「個人の感想です」
みたいなもんで、実際どうなの?っていうのがネットじゃ全然分からないからですね。

なんで、結局デマ・真実ではない事・ブラフ・嘘偽りを見抜くリテラシーが無いと、波にのまれる事もありますから、、。

ネットなんて、匿名化したり、シャットアウトしてしまえば自己防衛できて、常識が必要の無い場所ですから。
好き放題、やり放題。

そんな状態ですから
「自分が損したくない」
「自分は傷つきたくない」
「自分は失敗したくない」
そういう事を妙に恐れる人が増えているような気がします。

損していいじゃん!
傷ついていいじゃん!
失敗してもいいじゃん!

後で取り返せば!
と思うんですが。

時代は変わってきてるんでしょうねぇ、、。
痛みを知らない人間は、人の痛みすら、それを癒す方法も知りませんからね。
自分が痛いと思ったときは手遅れだったりします、、。
Posted by カラシタカナ at 2016年08月09日 11:01
私なんかはいじること自体が楽しいのでいじってますが、バラしたり調整したり、めんどくさいことを苦痛に感じる人はやらない方がいいですよね

ぶっちゃけ最近のエアガンてノーマル箱出しでもゲームに充分な性能ですし
それでも物足りないなら、やっぱり信頼できるショップなりメカニックなりにお金払って組んでもらったりメンテしてもらえばいい話で

「いいこと考えた!」からの
「あ~れ~?っかしいなあ…、何が間違ってたんかなあ?」
みたいなのも自分の糧になるわけで
そういう数多の失敗もひっくるめて、いじるのは楽しいわけで…

私の先輩に、メカボのシム調整を肴に酒を呑む人がいるんですが、そういう人との語らいもまたいとおかし

あ、9月の中頃に連休取れそうなので、またそちらにお邪魔したいと考えているところです
もしまたお会い出来ましたら、よろしくお願いいたします
Posted by 今津 at 2016年08月11日 17:39
今津さん>です。箱出しで、十分次世代とか使えます。

あはは(笑)その通りですね。
私も「良いこと考えた!」からのドツボ、ルツボ、大好きです。

良いですね!メカボのシム調整!
私もじっくり、シム調整楽しんでやります。
ギア音が全く消えると、ワォー!と嬉しくなります。
撃ったら「パス!」「パス!」
やめられません!(笑)

おおお、是非是非!
楽しみにしています!

それまでじっくり、、、、何かいじってきてください!(笑)
Posted by カラシタカナ at 2016年08月12日 10:38
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。