2016年09月30日

MP5A4 東京マルイ スイッチカスタム

さて、、、先日からちょいちょいいじっている東京マルイ製MP5A5

今回は、ちょこっとスイッチフィーリングを改善しようと思います。

以前

M4CRWのメカボにWARFET組み込みの際

MERF3.2を付けたCAR-15のメカボをいじった際

でやったVer.2メカボックスのスイッチフィーリング改良と同じチューニングです。


カットオフが当たる突起を切り取って


1.3㎜のプラパンを貼り付け

せっかくメカボ開けたので、レール部分再研磨と清掃を行います。



で、今回ピストンをちょいいじります、、、。


ピストンレールの部分をこのように削ります。

レスポンス&燃費UPかも⁉


もちろんギア類もすべて脱脂洗浄、再シム調整、グリスUP。


トリガーの引きしろ(バックラッシュ)は0.5㎜のプラパンを貼りつけます。
しっかり足付けして、脱脂洗浄、瞬着でOK。
MP5のトリガーは太いので、前回のM4のトリガーのように穴を開けるのが大変なので、、、。


トリガーの撃発後の後退量を減らすことができます。


ちゃっちゃーと組んで、、、、。

撃ってみると、、、。

トリガーをゆっくり引いた時、「ババ!」っと2発出てしまう、、、。

これはスイッチのカットオフが上手く行っていないから、、、。
スイッチも中古で少し焼けていたので、今回多めに突起を切っていたのですが、、、。
切りすぎてましたね、、、。


で、どうするか。

こげします。

0.5㎜の銅板を切り出して。


切りすぎたカットオフが当たる部分にRを合わせて曲げます。


320番のペーパーでしっかり足付けして耐衝撃アロンアルファで接着。


カットオフが当たる部分はしっかり研磨です。

で、トリガー。

スイッチに当たる部分(スイッチの動く部分を押さえる所)をしっかり研磨します。




トリガーをゆっくーり、ゆっくーり引いても2発出ません。
しっかりカットオフしてくれます。

バスバスバス!とこのVer.2のトリガーフィーリング改良の銃、いい感じです。

マッチ先輩も
「トリガーがバリ気持ちいい」
と言っておりました。

マルイのVer.2のセミのキレが悪い云々、、、色々ネットで見ますが、これやると、相当良くなりますから。
セミオートも秒間6発~7発撃てるようになるので、十分です。




「気に入らないところがあったら、自分なりに改善してみる」って楽しいです。
自分で使う物、使う道具、、、、ですからね。

マッチ先輩曰く
「イチローもバットをワインセラーに入れているらしい」

「もの・道具にこだわる」のも、「使いっぱなし」にするのも貴方次第。
人と違う事するから、違う結果が出るし、チャレンジするから失敗もする。
人生そっちの方がスパイスあって楽しいと私は思います。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
マルイVSR-10 Gスペック ショート
マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ VSR-10 Gスペック
東京マルイ VSR-10 Gスペック
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)
 マルイVSR-10 Gスペック ショート (2018-06-22 12:33)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-21 23:30)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-20 16:31)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。