2016年10月04日

マルイ 電ハン G18C シルバースライド

MARSOCがグロック19一本化するようですね。

Gen.4のグリップ、握り心地良いですもんねー。

さて、さて、そんなこんなで

カラシは東京マルイ 電動ハンドガンG18Cシルバースライド。

シルバーが欲しかったんです。

あれっ?カラシ電ハンのG18C持ってんじゃん??


はい。


これ買う時に、某Eチゴヤの店長さんから
「マジですか?AHO(褒め言葉です)じゃないですか???」
ってびっくりされるっていう。



だって、その日、93Rを買い取りに出したばっかりでしたから、、、。
使わない銃はしまっててもしょうがないです。
誰かに使ってもらった方が、良いです。


カラシの電動G18Cですが、ちょっと問題が。
いじりすぎて、初速も0.2gで80近く出ているのですが、、、。
何せ燃費が悪い。
という事

サバゲではなんだかんだで一番電ハン使っているかもです。

かなり生き血を吸い過ぎて使いすぎて、ヘロヘロになってきたので、この辺で原点回帰、新品でファインチューンぐらいを目指したいなと。


今回は、これまでのG18C(ガス・電動含む)の色々なエッセンスを組み込みながら、愛情込めてG18Cを仕上がて行きます。

テーマはいつもの
フリクションロスの低減

そしてBB弾にちょっとパンチ効かせたらいいなっ!

試射もせずに、早速分解します。


リポバッテリー使うので、とりあえずスイッチ保護にスイッチバリカタ、、、




と思っていましたが。
思う事あり、バリカタはちょっと置いています。


最新型のG18Cはセクターが次世代と同じようなメッキ処理された形になってますね。

とりあえずビール!的な
とりあえずシリンダー研磨!



ついでにバレル内部も研磨して、バレルガタ取りしときました。
過去記事ご参考ください)
バレルの根元もガタガタだったので、アルミテープでガタ取り。


ノーマルスプリングを使用。
スプリング先端は



平らに削って、鏡面に磨きます。

バネはまっすぐ引いて、まっすぐ出したいものですね、、、。


軸受は過去の失敗から、即、ベアリングに交換。
レール部分、可動部分は研磨です。



WOW電ハン用1㎜はいつものように内径を広げてピストンに入れます。


これまたWOW電ハン用の3㎜の内径を広げて、スプリングガイドに組み込み。

これで回転数を落とさずに、ちょっとBB弾にパンチがでるかなー。


セクターは大昔に買って、お蔵入りしていたSHSの電ハン用をちょい加工して使います。


各部すり合わせ、グリスアップ。


ノーマルのスプリングガイドは穴の開いている方が外向きですね。

メカボを仕上げたら、、、。


今回は世界最小のMOSFET PicoSSR3を入れます。

配線に手を付けていきます。

まずは赤線・黒線両方のこの部分をはんだで外します。


ホルダーは端子を外して、バレルマウントに。
この部品、フレームとのスペーサーにもなっているので、取り付けていた方が良いです。



次に、スイッチ部分、モーターにつながる赤線の端子に20cmほどに切った配線をはんだ付けします。


新しく付けた配線はバッテリーケース(銃口側)の方に、、、。


黒線はそのまま延長させます。はんだで新しい配線を接続。

マルイの純正の配線も、十分、効率が高いので、この処理でOKだと、カラシは思います。
今回はファインチューン程度ですしね。


片方(空いている)スイッチの端子部分に信号線を取り付け、新しく付けた赤線に這わせるように前に持ってきます。
他の部品と接触しないように気を付けましょう。


こんなんなります。

とりあえず、この状態でバンバン銃を組み上げます。
MOSFET取り付けと、最後の配線しょりは後です。


PicoSSR3入れれば、スイッチバリカタはお役御免です。


ここまで組み上げたら、、、。
赤線、黒線、信号線の3本が前方に出ているはずです。
好みの配線を考えながら、MOSFETの取り付け位置を決めて、、、。

はんだ付けします。(方向がありますので、注意!)


信号線とりつけ。


取り回しを考えながら、配線の長さを揃えます。



とりあえず、電ハンのバッテリーはBECタイプのコネクターが多いので、BECを取り付け。


こんな感じで収まりました。
モーター取り外しのレバーは邪魔なので、後で取り外します。



0.20gで初速69程度ですね。(セミオート)


フルオートで秒間18発以上出ている!
上等です!

セミオートもバス!バス!っと気持ちいいですね。
無理に強いスプリング入れるより、ノーマルをちょこちょこいじって、WOW電ハン用でちょっとスプリング嵩上げして、、、。
が良いかもしれません。

弾道も素直でバヒュ―と気持ちが良いです。


ちょっとだけ、、、ステッピング加工してみました。


この秋~冬は電ハンが熱くなりそうな予感!


そんなこんなで、、、。


スロヴェニアにもポケモンの風が、、、。






同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
マルイM4 PMC
G18Cマガジンチューニング
初代電ハンG18C復活&ニコイチをニコに
E&L AKS-74UN Tactical MOD-B DXバージョン
RS56式
マルイ 電ハン G18C
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 マルイM4 PMC (2017-10-19 16:27)
 G18Cマガジンチューニング (2017-10-18 10:26)
 初代電ハンG18C復活&ニコイチをニコに (2017-10-13 10:42)
 E&L AKS-74UN Tactical MOD-B DXバージョン (2017-10-12 19:48)
 RS56式 (2017-10-10 17:42)
 マルイ 電ハン G18C (2017-10-06 07:49)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。