2017年04月24日

VFC AKS74U クリンコフ②

さて、先日からいじっているクリンコフちゃんです。




今回、ギアはフルオート回転低めを狙って18:1をチョイスしてみました。
AKでブルルルルル!っていう回転も良いのですが、まあ今回はちょっとロマンチックに行こうかなと。




ピストンは最近大のお気に入りのACE1Armsの14枚歯。
こいつはいいです。
耐衝撃瞬着でラックは接着しておきます。

VFCのメカボックスはレール部分が高いので、削る必要があります。
削って、削って、ピストンはめてみて、、、。を何度も繰り返し、あとはいつものように研磨です。


軸受が7㎜だったので、今回、実験的にSHSのベアリング軸受を使ってみます。
これも瞬着。



カットオフの可動部はバリ取り、研磨。
スムースにカットオフできるようにしておきます。
これをやるとやらないのではトリガーロックの発生率が格段に違います。



セクターは3枚、カットしています。


配線は高効率シリコンコードでセットアップ。
取りあえずドライブしてみましたが、、、やっぱりこのモーターは遅い、、、。


INAZUMAモーターに交換です。


今回はあえて、MOSFETをつけず、スイッチバリカタだけで作ります。
MOSFET入れれば、すごい!って勘違いしているような人がたくさんいますが、、、。

結局農業と同じで、良い土地に良い作物ができるように、良いメカボックスがあって、初めてMOSFETが真価を発揮してくれるのです。
良い電動ガンは、良いメカボックスづくりから始まる。
そうそう、そんな感じで

今回はMOSFETに頼るのではなく、あえてスイッチ保護のスイッチバリカタだけで組みたいと思います。
男なら、メカで勝負!
(後日MOSFET入れると思いますが、今回はこれで)

MOSFETは良いのですが、単純な回路の方が信頼性が高く、壊れにくいものができるというのも事実です。
ゲーム中、壊れないという事を考えば、メカボックスをしっかり仕上げて、ある程度のスイッチ保護しておけば十分という人も沢山居ます。

結局雨に濡れればMOSFETやスイッチ保護用のチップも壊れる事がありますから、、、、。
そういう場合にでも「動き続ける」、という事は結構大事ですからね。

前述したように、リポバッテリーを使うので、スイッチ保護は必須です。

30Cぐらいのバッテリーで使っていると、一日でスイッチの端子が焼けきれる、なんてこともよくあります。

最近リニューアルされたスイッチバリカタ。
真価は如何に???

INAZUMAモーターにはねじ止めでOKです。
バリカタと、INAZUMAモーターの相性、良いですよ~。



AKの場合は、配線をつぶさないように注意ですね。


ここに収めるといいです。グリップをはめるときに、黒の端子をひっかけないように注意しましょう。

さて試射‼

良い感じの回転数。これよ、これ。

で、撃ち味どうなん?っチュー事で。

なかなかクリスピーでしょ?
メカボはバキバキ言うクリスピーさが大事だと思います、はい。

これでしばらく撃ち込んで、ギアを再度洗浄・グリスアップしていけば、もっと音も消えます。
ギアの慣らしは、実際負荷がかかるようになってから。
無負荷でずーっと回してても、そんなに意味が無いですから。
ある程度撃ってから、が良いと思います、はい。


一気にドワー!っていじるのも良いですが、カラシは段階的にやっていくのが好きです。
ある程度までいじって、それを使いこなして、またいじる、、、、そして段々体の一部に段々なっていく。
その段階で、少しずつ、自分の好み、自分色に染めていく過程が楽しいんですよ。

本気になるなら、とことん。

今は安けりゃいい、早けりゃいいの時代ですが、、、、。

時に自分の貴重な時間を何とか都合付けて、自分の使う道具と向き合う事に使う、、、。
時に大枚はたいて、高い部品を入れて、失敗することもあります。

でも、良いんです。
男はこういう時間や無駄と思える投資が必要だと思います。

我々の遠い祖先が、何万年も狩りをしながら、焚火の前で狩りの道具を作っていた歴史もありますから、、。
そういう時間を持つのも大事かなと思います。


■カラシのVFCクリンコフ記事まとめ■
2017/05/13 VFC クリンコフハイダー変更
2017/05/07 VFC クリンコフ AKS74U(再調整)
2017/05/02 十兵衛軍曹&小隊長来福(ゲームで使ってみての感想)
2017/04/24 VFC AKS74U クリンコフ②(この記事)
2017/04/22 VFC AKS74U クリンコフ:自分も購入
2015/11/18 VFC AKS74U クリンコフ:トミーさんの
2015/08/31 クリちゃん:トミーさんの






同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
東京マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ グロック17 G17 Gen3 ガスブロ
マルイ HK45 ファイヤフライ ロケットバルブ
ハイキャパ5.1スライド塗装
かえでちゃん ハイキャパ5.1
大門さんとこのショートストロークスイッチ
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)
 マルイ グロック17 G17 Gen3 ガスブロ (2018-05-25 12:29)
 マルイ HK45 ファイヤフライ ロケットバルブ (2018-05-18 23:43)
 ハイキャパ5.1スライド塗装 (2018-04-27 15:55)
 かえでちゃん ハイキャパ5.1 (2018-04-19 13:01)
 大門さんとこのショートストロークスイッチ (2018-04-15 23:11)

この記事へのコメント
こんばんは
結構複雑なんですね
頑張ってください。
Posted by ニッパー at 2017年04月24日 22:26
ニッパーさん>諦めたらそこで終わり。
何回も、何回も分解、結合を続けるだけです。
一発で決まることは3回に一回、あるかないか、ですね。
Posted by カラシタカナ at 2017年04月24日 23:07
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。