2017年05月07日

VFC クリンコフ AKS74U

さてさて、、、。



先日からいじっていたVFC製AKS74Uクリンコフ。
VFCクリンコフいじり①
VFCクリンコフいじり②

1ゲームで1000発以上セミオートで撃ってみたり、、、。

1マグ撃ちきるぐらいフルオート連射してみたり、、、。

GW期間中は結構激しくゲームで使ってました。

ゲーム中、「フルオートみたいなセミオートが飛んでくるっ!」色々な人が、話してましたが、、。
これまだMOSFET使ってないです。
スイッチがゴリゴリになったら、MOSFET入れよう!と思っているのですが、、、。

とりあえず、分解です。

見た目はそんなに汚れてないみたいな感じですが、、、。


綿棒でサッとやると、ほら、結構汚れています。


ギア関係をすべて取り外して洗浄です。
パーツクリーナーを吹きかけると、ほらっ、こんなに汚れが、、、、。
まあ、新しいギア入れたばかり、初めての分解ですから、こんなもんです。
何回も分解、洗浄、再潤滑を繰り返すうちに段々と汚れの量は減ってきます。

この辺は車のオイル交換をどの頻度でするかしないかみたいなもので、、、。
出来る限り頻繁に行うというのがカラシ流。

車のエンジンも、オイル交換しないとこんなにスラッジが、、、溜まって、最悪壊れますからね。

で、スイッチバリカタつけていたスイッチどうなの??


結構無茶苦茶な(フルオートみたいっ!て言われる)セミオートしてましたが、、、。
ほんのりスパークした跡はあるものの、まだまだ全然大丈夫ですね。
中古で手に入れたときにすでにこれぐらい焼けはあったんですが、スイッチ焼けの進行はほとんど進んでませんね。


Cレートの高いFUJIKURAのリポバッテリーを使っていました。
これ、バリカタつけてないと、一日でスイッチの端子が焼け落ちたりしますので、、、。
新しくなったバリカタは、しっかり効果を発揮してますね。
電動ガン専用に開発・設計・製造された最新のチップを使用しているだけに、やっぱり信頼性が高いです。


スイッチホルダーのこちら側の端子は、東京マルイの場合、配線ごと注文になるので、なかなか手に入りにくいのですが、スイッチバリカタつけていると、ほとんど焼けないので、ありがたいです。バリカタはこの辺も考えて、作られているんですよ。


スプリングレートを少し上げたので、サイクルは少し下がるはず。
メカボックスすべて分解、洗浄、再グリスアップ。

試射!

FUJIKURA 1300mAh リポ7.4V 25C (電圧8.1V時) にて計測

いい感じ。

AKはやっぱり低めの回転数で、「ズドドドドド!」っと撃つのがタマランですね。
でも、セミオートはパキパキと気持ちよく撃てます。
以前書いたセクターカット遅めのギア設定にしています。

さて、今後もVFCクリンコフとの蜜月は続くのですが、最近LCTのクリンコフも非常に気になってます、、、。(笑)


■カラシのVFCクリンコフ記事まとめ■
2017/05/13 VFC クリンコフハイダー変更
2017/05/07 VFC クリンコフ AKS74U(再調整)(この記事)
2017/05/02 十兵衛軍曹&小隊長来福(ゲームで使ってみての感想)
2017/04/24 VFC AKS74U クリンコフ②
2017/04/22 VFC AKS74U クリンコフ:自分も購入
2015/11/18 VFC AKS74U クリンコフ:トミーさんの
2015/08/31 クリちゃん:トミーさんの





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
マルイVSR-10 Gスペック ショート
マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ VSR-10 Gスペック
東京マルイ VSR-10 Gスペック
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)
 マルイVSR-10 Gスペック ショート (2018-06-22 12:33)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-21 23:30)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-20 16:31)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)

この記事へのコメント
こんにちは、タカナさん!

連休は、サバゲーに行かず不完全燃焼です。

ちょつと、つかぬ事をお聞きしますが、リボバッテリーは、自然発火すると云うのは、本当でしょうか?

専用の保管袋に入れて保管するほうが良いのでしょうか?
Posted by マコジー at 2017年05月08日 20:33
マコジーさん>いえ、滅多な事が無い限り、自然発火はしませんが、なるべく低い電圧で保管する方が長もちします。あと、過充電、過放電がマズイので、充電の時、銃を使っているときは要注意です。あと、車の中等に放置するのも危険ですね。これからは車の中が熱くなりますから、、。出来る限り、人間が快適と思える程度の環境に、セーフティーバッグや、陶器なんかの燃えにくい素材の容器の中で保管するのが良いと思います。
Posted by カラシタカナ at 2017年05月11日 09:52
はい、ありがとうございます。

留守中に私の部屋から自然発火して孫でも死んだらとヒヤヒヤでした。
早速、セフティバックに保管しました。
Posted by マコジー at 2017年05月11日 13:25
マコジーさん>セーフティーバッグもいいですし、使い古しの土鍋なんかに入れておくと安全性は高いです。
それだけ気にされている様でしたら、滅多なことが無い限りは大丈夫です。
気にしなかったり、ほったらかしが一番危ないですから、、、。
細かいところはメーカーさんに聞いてみられると良いと思います。
Posted by カラシタカナ at 2017年05月12日 17:07
初めましてこんばんは。xisetaと申します。

こちらの記事に書き込むのも筋が違うのですが、貴方のエアショットガンのノズル強化工作「ヒッタイト加工」について、一点了承して頂きたい事があり、ご連絡致しました。

こちらの「ヒッタイト加工」、現在私の方で仕込んでいる銃にも参考にさせてもらって採用したのですが、当方ブログをやっておりまして、製作記事に載せたいと思っております。
もし許可が頂ければ、カラシタカナ様のお名前と「ヒッタイト」の名称を紹介させて頂きたいのですが、記事に書き込んでも構わないでしょうか?

誠に身勝手なお願いではありますが、何卒宜しくお願い致します。
Posted by xisetaxiseta at 2017年05月12日 18:23
xisetaさん>はい、大丈夫です。
xisetaさんのように、きちんと仁義を通していただける方はなかなか居なくてですね、、、このようにきちんと聞いていただけると嬉しいです。
「ヒッタイト」の名称、古代バビロニアを滅亡させるぐらいの勢いでガシガシ使ってください。(笑)
ショットガンのノズルに関しては、給弾不良で壊されたり、色々困られている方も多いと思うので、ぜひ広めていただければと思います。
Posted by カラシタカナ at 2017年05月13日 00:01
カラシタカナさま

はじめまして。
自分も最近VFC クリンコフを手に入れ
情報集めでこちらへ辿り着きました。

以前の分解記事を読んで書き込みした次第です。

リアサイトブロックの太いピンを抜く際は、
セレクター側から叩けばいいのでしょうか?

ピンとイモネジが、ヒドく錆び付いた個体でビクともせず、分解に難儀してまして。

ど素人質問で申し訳ないですが
ご教示いただけると助かります。
Posted by ジュン at 2017年05月14日 20:49
ジュンさん>その場合は浸透防錆潤滑剤のラスペネ等を吹きかけ、1日おいて、分解してみましょう。もしそれでだめなら、一度油を綺麗にふき取って、小型のライター式のバーナーなんかであぶって抜いてみてください。
私のVFCのフロントサイトブロックのピンはローレットがありませんでしたので、イモネジを緩めれば、どちら側からでも抜けました。
何分、海外製ですので、個体やロットによって違うかもしれませんので、ご注意ください。
Posted by カラシタカナ at 2017年05月14日 22:02
カラシタカナさま
返信ありがとうございます!
ラスペネは通用しなかったのですが、
なるほど熱膨張ですね、試してみます!

内部チューンなども参考にさせてください。
これからも楽しみに拝読させていただきます。
Posted by ジュン at 2017年05月14日 22:19
ジュンさん>結構アチアチになるので、やけどには注意してくださいね。
出来ればメカボックスとチャンバーは避難させてから、、、が良いでしょう。
チャンバーのねじを外して、メカボックスを取り外せば、チャンバーとバレルは後ろの方まで下げれるので、バーナーで炙る前に避難させておいた方が良いです。
あと、このピンはあまり叩くとサイト調整が狂うので、要注意です。
あまりに抜けない場合は、ラスペネ→バーナー→ラスペネの繰り返しを行ってください。
ここの部分は、精度が出ている分、さびでしまうと非常に抜けにくくなると思います。
Posted by カラシタカナ at 2017年05月15日 09:59
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。