2017年08月09日

カスタム KRYTAC ALPHA SDP




KRYTACを後学のためにいじらせてもらいました。
買ったばっかりの新品バリバリです。

ALPHA SDPというモデルですね。
非常に面白い形で、なかなかハンサムです。
ストックは取り外されています。

こういう形は国内メーカーには無いですね。


とりあえず、箱出しで撃ってみました。
FUJIKURA Lipo 7.4V 1200mAh(セパレート) 使用

初速は短いバレルに対してはなかなか。
インナーバレルが135mmしかないので、、、。
しかし、、、弾道が、、、、バラバラ、、、。

ネットとかだと他の機種等で「KRYTACは弾道が凄い!」のように書かれていたので、超期待していたのですが、この個体だけはハズレかも、、。

キャン!キャン!とピニオンの音がちょっと耳障りですね。

あと、動きがものすごくモッサリです。う~~ん。
アメリカの実銃メーカーの子会社が作ったと言っても、中身はほとんどがチャイナですからね。

何にせよ
「海外製は調整が必須」
です。

分解方法はAIRSOFT97さんのミリブロを参考にさせてもらいました。
有り難い事です。

分解してて
まず思ったのは、、、、。
「すべてのねじ、ピン、様々なものが親の仇を取るぐらいの固さで締められている!」
という事。

分解は気を使って、相当苦労しました、、、。

さ、分解方法は上記AIRSOFT97さんを見てもらって、私個人的に「おー」と思ったところとか、調整したところを書いて行きます。



アンビタイプのセレクターです。
このカム(ギア)のマーキング位置を両方上にすると、位置がぴったり合います。


FET標準装着ですね。
ただ、ちょっと型が古いですね、、、。
ただ、スイッチを保護するには有効ですので、使えるものはこのまま使います。
(まずはノーマルに近い形かファインチューンぐらいで使ってみる、というのがカラシ流です。)



シリンダーは問答無用で研磨。


ピストン・タペットレール部分も問答無用で研磨。


研磨後(左)研磨前(右)

その後、ギア、メカボックスをすべて分解して、徹底洗浄してからグリスUPです。


とりあえず、これで撃ってみましたが、、、。
なんかモッサい。
初速も回転数も変わらず。
ピニオンも相変わらずキャンキャン言っております。

う~~む。

ピストン・ピストンヘッドのOリング、あと
モーターとピニオンギア交換しよう。

とりあえず、バレル研磨に移ります。


磨く前はこんなでした。

磨くと

いい感じです。

窓の部分、バレル内、両方とも
ピカールで研磨後、カルナバワックス入りステンレス・メッキクリーナーでしっかり仕上げています。


バレル銃口側にブレ止めのアルミテープを巻いています。
ホップパッキンはそんなに悪くなかったので、そのまま純正のオレンジ色の奴で組んでみました。

さてさて、イマイチ調子の上がらないメカボックス。

ピストンのレールの当たりとピストンヘッドのOリングがイマイチよくないので、交換。



KRYTACには、このACE1Armsのピストンが相性が良いようです。


Oリングは、某ショップさんの試作品を使ってみます。
これ、後日発売予定だそう。楽しみです。


ピストンヘッドは純正を流用。
初速を少しUPさせたいので、内径の広い5㎜の長さのスペーサーを入れました。


メカボはこんな感じで。

KRYTAC純正のモーターと、モーターピニオンギアがイマイチなので、マルイ製に交換です。
EG1000モーターです。





ピニオンギアはSHSで。


完成!

試射!

FUJIKURA 7.4V 1200mAh セパレートバッテリー使用

いい感じに仕上がりましたよ。

今回はセクターカット無しです。
バレルが短いので、パンチのある感じの弾道にしたかったので。

インナーバレルが135mmと驚異的な短さ(ハンドガン並み)なので、経験上初速は0.20gで89~90ぐらいが良い弾道を描きます。
これ以上初速を出すことも可能ですが、モーター等への負荷が大きく、燃費が大幅にダウンするので、今回はまあ、この程度で。


サイト調整して、バリバリっと撃ってみましたが、なかなか楽しい。
ピニオンの音も消えて、バス!バス!っとセクターカット無しのフルストローク電動ガンらしいフィーリングになりました。

まずはこんな感じで楽しんで、物足りなさが出てきたら、またいじってみると楽しいと思います。
部品等は新品なので、アタリが出るまではこんな感じで良いと思いますよ。

銃はカスタムしたら終わりじゃなくて、カスタムしてからがスタート。
段々色を付けていって、熟成させるのが楽しいものだとカラシは思います。

長く付き合うという意味合いでは、カスタム・チューニングしがいのある、一丁だと思います。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
マルイVSR-10 Gスペック ショート
マルイ VSR-10 Gスペック
マルイ VSR-10 Gスペック
東京マルイ VSR-10 Gスペック
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)
 マルイVSR-10 Gスペック ショート (2018-06-22 12:33)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-21 23:30)
 マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-20 16:31)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック (2018-06-17 21:33)

この記事へのコメント
なかなか楽しそうな個体ですね(笑)

美人で出来の悪い娘ほど・・・ですね(´Д`)(笑)

土曜日は行きます!
Posted by sf.snipersf.sniper at 2017年08月10日 00:56
どっちが頭かしっぽか分からないトカゲのようなデザイン、面白いですよね!

こんな変わり種、好きです。
Posted by 梨マン梨マン at 2017年08月10日 01:15
s.f.sniperさん>分解に超手間取りました。
できればもう、やりたくない、、(独り言:笑)
出来の悪い娘を頑張って、、、っていう歳ではもうないので、出来の良い娘をさらに良くする方向の方が好きです。(楽したい)
土曜日了解です!

梨マン>そうね~KRYTACは独特のデザインがイイよね。
ただ、やっぱりSTD電動ガンなので、次世代をカリカリにいじったのに比べると、イマイチ弾道の物足りなさを感じる。
わしが極端に「欲しがり」なんやろうけど、、。
Posted by カラシタカナ at 2017年08月10日 08:37
パトリオットに引き続きSDPまで。これからを楽しみにしています! スパーギアが曲者でギアが交換が出来ないのが悲しいです。 カラシ様オススメのSSのギアを入れたいのです。 スパーギアの軸の周囲を2ミリ弱削り込めばメカボックスを閉じれるのですが(泣き)
Posted by ロンサカパ at 2017年08月10日 17:03
ロンサカパさん>そうなんですよね、、、KRYTACは専用のメカボックスなので、使う部品をものすごく選びます。
まあ、付属のギアも悪くないので、セクターカットしてやればそれなりの回転数は出せる用にはなると思います。ただ、このギアだとそれなり、、、ですね。
ですね、軸受のクリアランスで、ギアの使える、使えないとありますので、ギアだけでなく軸受も注視してみてやると良いと思います。
KRYTACはベアリングを国産のミネベアとかに交換してやっても面白くなるかもです。まあ、電動ガンに高精度のベアリング入れても、メカボックスの軸が怪しい場合もありますが、、、。(笑)
SuperShooterのギアも、昔からですが、アタリハズレがあるので、注意しながら使わないとですね。
ま、この辺は楽しみながらですね。
Posted by カラシタカナ at 2017年08月10日 19:08
なるほど❗勉強になります❗ 期待しています!
Posted by ロンサカパ at 2017年08月10日 19:21
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。