2018年01月05日

次世代 マルイ AKS74U クリンコフ MOSFET組み込み

さて、、、クリンコフです。

マルイ次世代AKS74U

先日から色々いじってますね、、、。
クリスマスに買ったやつです。

数日間ゲームで使っていて、メカボも仕上がっている事なので、ちょっとレスポンスUPを狙います。
今日はGATEのMOSFET、PicoSSR3を入れます。

なぜ、色々あるMOSFETの中で、カラシがGATEをチョイスするのか、というと、GATEの製品は、バッテリーからモーターへの電力をバイパスしてくれ、また、スイッチ部分での電気ロスを抑える回路設計なので、非常に効率が良いです。

高効率配線に交換するのも良いですが、今回は、マルイの純正配線をそのまま最大限利用して、組み込みを行います。


バリバリと外装を分解

メカボックスを取り外します。


配線の収縮チューブを取ります。


メカボックスのスイッチ部分からでているこの2本の配線を切って、このようになります。



新しい収縮チューブに
信号線2本
バッテリー側黒線
バッテリー側の赤線
を通し、バッテリー側赤線に予備ハンダをして、赤い収縮チューブを入れておき、はんだ付けします。


スイッチ部分から出ている2本線にそれぞれ信号線を付けます。


うまく配線のねじれを取りながら、収縮チューブを熱していきます。


フロント部分を、レシーバーに組み込みます。
配線の取りまわしを考えながら、、、。


信号線の片方を、このヒューズの端子にはんだ付けします。
(信号線はどちらでもOKです。)


小さいので、非常にわかりにくいですが、、、。
PicoSSR3をインストールしていきます。


モーターにつながる黒線のこの部分にインストールします。
もう片方の信号線は、裏側にある、PicoSSR3の基盤に取り付けます。


あとは、付属の収縮チューブを取り付け。
元々のヒューズハウジングを活かして、配線の取りまわしをしました。

また、スイッチハリガネを付けていましたが、PicoSSR3を付けたので、外しています。

前回ファインチューンの後:

FUJIKURA Lipo 7.4V 200mAh 0.20gBB

今回PicoSSR3投入後

FUJIKURA Lipo 7.4V 200mAh 0.20gBB

う~む、かなりサイクル上がりましたね。
リコイルも結構激しめです、、、。

さ~これでレスポンスUP!
モリモリサバゲで使っていきます!


■カラシタカナのマルイ次世代AKS74Uの過去記事はこちら■
①分解編
②チューニング
③MOSFET装着編
④外装グリスぬりぬり
⑤整備編
⑥SHS次世代のギア軸折れる編
⑦メリークリンコフ!で新銃購入
⑧ハンドガードニスで塗り塗り






同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
次世代レシーライフル 東京マルイ カスタムPicoSSR3
VFC クリンコフ カスタム
CYMA AKS74U CM045 クリンコフ SHS チャンバー
CYMA AKS74U CM045 クリンコフ PROWIN チャンバー
AIRSOFT97 シリンダーセット マルイ STD AK47
マルイ AK47(スタンダード) ショートバレル化
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 次世代レシーライフル 東京マルイ カスタムPicoSSR3 (2018-01-31 09:38)
 VFC クリンコフ カスタム (2018-01-25 23:14)
 CYMA AKS74U CM045 クリンコフ SHS チャンバー (2018-01-20 20:00)
 CYMA AKS74U CM045 クリンコフ PROWIN チャンバー (2018-01-18 11:20)
 AIRSOFT97 シリンダーセット マルイ STD AK47 (2018-01-16 18:51)
 マルイ AK47(スタンダード) ショートバレル化 (2018-01-04 10:46)

この記事へのコメント
新年、明けましておめでとうございます。

連日のブログアップですね~❗
今年も気合いが入ってますね~❗カラシ隊長❗

今年も宜しくお願いいたします。
Posted by マコジ-マコジ- at 2018年01月06日 08:57
マコジーさん>新年あけましておめでとうございます。

はい、年始早々、サバゲも銃いじりも楽しんでいます。

今年は当たり年になるでしょうか?(笑)

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
Posted by カラシタカナカラシタカナ at 2018年01月06日 20:29
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。