2015年08月15日

電動ガン等の寿命

「電動ガンの寿命ってどれくらいですか?」

と良く聞かれます。



はっきり言って、正確な答えはできません。
使い方は人それぞれ。

自動車だって、中古車を買う時だったら
「ワンオーナーなのか」
「女性オーナーなのか」
「走行距離はどのくらいか」
「何年式なのか」
色々複合的に見て、決めますよね?


なので、「使い方」によって寿命はかなり左右されるものなんです。


ただ、目安はあります。
東京マルイの電動ガンシリーズの取り扱い説明書 「警告」の欄にはこう記されています。

「電動ガンは、通常の使用およそ30,000前後の発射で、消耗パーツの交換が必要です」



以下東京マルイの説明書から調べたものですが。

電動ガン STD/次世代:30,000発

ガスブローバックハンドガン:10,000発

VSR-10シリーズ:30,000発

*ご自分の銃の使用説明書をご確認下さい。

「通常の使用」というのは

電動ガンの場合は「純正バッテリー」を使う
「箱出し」そのまま
「東京マルイ製BB弾」を使う
「水がかかったり、汚れ等が入っていない状態」
等々の事(説明書の注意の逆読み)です。

なので、電動ガンの場合は箱出しノーマルでも、
リポバッテリーを使ったり、強めのスプリングを入れたり、カスタムパーツを組み込んだり、フィールドで汚れがついたりすれば、寿命が短くなるわけです。

特にリポバッテリーを入れた場合のスイッチの消耗は顕著です。
↓画像クリックで過去記事へ




”偉大な力には、偉大な責任が伴う”
スパイダーマンの台詞の一節ですが、、、。

チューニングした銃はそれなりのメンテナンスや追加パーツが必要になってくる、という事をしっかり覚えておいてください。

何事もバランスが大事です。
ノーマルの銃にいきなり強いバッテリーを入れたり、強いモーターを入れるとたちまちバランスを崩してしまいます。

バッテリーやモーターは手軽なように見えて、実はかなりキモの部分です。
モーターの簡単なメンテナンスや配線を変えるだけでノーマルの銃でも性能が上がります。

美容整形も、整形手術自体よりも、その後のメンテナンスの方がお金と手間がかかります。
電動ガン然りなんです。



カラシも最初は何丁も壊しました。
以前はショップにも持ちこんで修理してもらったりもしてました。
勉強代です。

何度も腐心しましたが、色々失敗やってきたからこそ、失敗が少なくなってきているという部分が多いです。
「自分にあう銃は自分で見つけ出すしかない」
と思います。

ただ、マルイのノーマル新品や、ショップさんでで調整された電動ガンの性能は知っておいて欲しいです。
素晴らしいですから。
そこから急がず、少しずつステップアップしてみると良いと思います。

人の銃は特に「良く見える」部分があります。
でも、実際使ってみると、、、、という事も多々あります。
フィールドによってはレンタルしているところもありますので、レンタルガンで自分にあった銃を見つけてもいいかもしれません。

電動ガンも機械物ですから、寿命があります。
メンテナンス次第で寿命は大幅に伸ばせます。

メンテナンスのサイクル管理だけはしっかり、何か異常を感じたら、無理をさせてはダメです。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
LCT AKS74U 給弾不良
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン
マルイ電ハンG18C リポ化
べネリM3 東京マルイ
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 LCT AKS74U 給弾不良 (2018-11-17 07:58)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2 (2018-11-12 16:20)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン (2018-11-11 21:24)
 マルイ電ハンG18C リポ化 (2018-11-09 22:45)
 べネリM3 東京マルイ (2018-11-01 16:56)
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。