2015年11月19日

サンセイメッシュゴーグルのメッシュ②

前回色々いじっていたサンセイのゴーグル。


自作メッシュでゲームしていましたが、、、、。

「やっぱり不安!」

なので、エチゴヤ空港店さんで買いました。



UFC製のメッシュゴーグル。

値段も安く、なによりメッシュがすごくしっかりしています!
ガッチガチです!

海外でも使われるスペックなので、かなりカタイ感じになっているのではっ?

やばくないです。良いんです。

で、早速改造。


ピンバイスΦ3㎜で通気孔を増やします。
これで息スースースー




初速無制限極悪非道時代から、このカスタムやってましたが、ゼロ距離で顔面撃たれても、一度も撃ち抜かれた事は無いのでまあ、大丈夫かなと。
(個人の意見です。カスタムは自己責任で:特に顔をまもるゴーグルは自己責任で!

ただ、このUFCのゴーグル、フィッティング感がいまいち!

なので、メッシュをハズして、サンセイ製と同じサイズにカットしなおし。
塗装して、迷彩にして、、、。

サンセイと合体!

ゴーグルフレーム部分:サンセイ
マスク、メッシュ部分:UFC
ハイブリットができました。

マスクの部分はサンセイの方が迷彩効果高いのですが、、、、。
せっかく作ったので、、、もったいない!と思ってコレUFCのヤツです。
ただ、UFCのマスクの方が、若干あごの方もカバーが大きいような気がするので、まあ、良いかなと。


サンセイ製のフレームに替えただけで、顔に吸い付くようにフィットします。
あ~これ、これ、「ただいま!」って感じです。

やはりフィット感は大事。サンセイ万歳。

サンセイのゴーグルの材質、すごくしなやか、でもしっかり。
この辺は日本の老舗メーカーだけあって、やはり考え抜かれた材質なのかなと。

ただね、サンセイさんのメッシュ、暗いんです。
UFCのメッシュ、ほんのり視界も明るくなりました。

サンセイさんからも、この感じのメッシュで出してくれないかな~!?

ま、使ってみるまでは何とも!ですね。
今度ゲームで使ってみます。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
LCT AKS74U 給弾不良
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン
マルイ電ハンG18C リポ化
べネリM3 東京マルイ
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 LCT AKS74U 給弾不良 (2018-11-17 07:58)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2 (2018-11-12 16:20)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン (2018-11-11 21:24)
 マルイ電ハンG18C リポ化 (2018-11-09 22:45)
 べネリM3 東京マルイ (2018-11-01 16:56)
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)

この記事へのコメント
ハイブリッコ♪しちゃいましたねw
自分もドリルで穴あけ加工してマンドリル仕様にしてますが、ドリル穴のカス取りが面倒くさいんですよね
~(>_<)
自分は爪切りやカッターで大まかに
取って、ペーパーかけて肌触りを良くしました♪(´▽`)
Posted by 前さん at 2015年11月19日 19:45
お久し振りです。

サンセイのメッシュの内側に、赤スプレー吹っ掛けたりしたんですが、あんまり効果が無くて、ブッシュでの木陰では特に暗く感じて、今はマルイのファンゴーグル使ってます。
しかしながら滅茶苦茶汗かきなので、曇らないけど汗が垂れて滲んで見えなくなるなんてしょっちゅうですorz
今度、そのメッシュを試してみようと思います。
Posted by アイ at 2015年11月19日 22:04
前さん>実は、、、この後やっぱりマスクのフィッティングも気になったんで、結局サンセイのマスク使うことにしました。

トリル穴のカス処理は、プラモ用のニッパーが使いやすいですよ!
どうしようも無いやつは、デザインカッターで綺麗にします。
ま、少々ボコボコでも良いかなと思ってます。

アイさん>ですね、なんだかんだでクリアゴーグルって汗で曇り止めが流れたり、レンズが傷ついたりで、激しく使えないんですよ。
気も使いますしね。
結構ゴーグルの扱いが粗雑な私はできればメッシュ使いたいんです。
UFCのこのメッシュ、なかなか良いですよ!
Posted by カラシタカナ at 2015年11月20日 01:17
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。