2016年10月17日

電ハンUSP外部ソース スイッチ溶解

先日、知り合いの方と一緒にゲームに来ていた女性ゲーマーさんの電ハンのUSPが、ゲーム中暴走。

スペックとしては、USPに延長コードを付けて、外部ソースで2000mAh等のリポバッテリーを使用できるように改造している個体でした。


FET等も取り付けて居ないのに、、、なぜ?
ですが、見るとすぐに理由が判明。

スイッチ部分が動いていません。

詳しく説明すれば、、、。

通常、引き金を戻せば、スイッチのばねで自動的にスイッチはカットオフされます。


今回のパターンは、スイッチ保護を装着せずに、強いバッテリー (リポ7.4V 200mAh)を使用していたために、スイッチ部分が溶けて、固着していました。




リポバッテリー使用の際は、
スイッチバリカタ
MOSFET
等でスイッチ保護は必須です。

何度もこのブログで書いてきましたが、、、、いまだに取り付けされていない方が多いのが現実、、、。

で、よくフィールドでゲーム中
「トリガー引いても弾が出ない!」
「銃が動かない!」
というケースを目にします。

大体の場合は大きなギア・ピストンクラッシュよりも、このスイッチ焼けのケースがほとんどです。

電動ガンを長く使うならば、スイッチ保護は必須です。
純正バッテリーでも結構消耗するものなので、スイッチバリカタは取り付けしておきましょう。

「電動ガン専用に開発・設計・製造された高品質なチップ部品が良」い、という方はスイッチバリカタ・スイッチハリガネ一択になります。

バリカタ・ハリガネの大きな特徴としては

「電動ガン専用に開発されたチップ部品」
「最新のチップ部品:現在のバリカタの素子は今年2016年5月製造のもの」
「設計はいつ行われたものなのか?トレーサビリティはあるのか?」
「PBフリーや、環境性能は?」(バリカタはヨーロッパの厳しい環境基準であるRoHS適合の素子を使用」
「モーターのEMIや、振動等の考慮・対策はされているか?」
等々上げればキリがありませんが、、、。

小さい部品ですが、大きな品質の差があります。

さらに毎週ゲームをするようなハードユーザー・メカボックスもフルチューンして、パフォーマンスをさらに引き上げたいという方は、GATEのMOSFET PicoSSR3がお薦めです。PicoSSR3はコンパクトに電ハンに収納できます。

さて、話は戻り、USP



まだ2回ほどしかフィールドに持っていっていないらしいのですが、、、、。
ゴリゴリに端子部分が焼けてますね。
赤茶色の燃えカスも沢山。


接点表面が溶解していたので、これでスイッチの動きが阻害されていました。
今回は、600番のペーパーでならして再利用します。

せっかくなので、メカボックスも分解して整備です。


分解方法はいつもの電動ハンドガンのサンクチュアリ、データベース、カリスマ、パイオニア
電拳さんで!



数分間、フルオートで空撃ちしっぱなしだったので、中身も心配ですから、、、。


まずはお決まりのシリンダー研磨。
ノーマルシリンダーで良いんです。磨けばいいんです。


予想通り、セクター(左側が取り外したもの)の先が尖がって、段差が付いていたので、、。
新品(右側)に交換です。

強いバッテリー(電ハンで2000mAhとかの7.4V リポ等)使うと、どうしてもセクターは短寿命です。
フルオートやセミオートで連射していれば、それだけ消耗は進みます。
こればっかりはしょうがないですね。



スプリングの端の処理も、定番ですね。

後はレール研磨等々、お決まりのパターンです。

で、今回はピストンの中に、「WOW電ハン/VSR用の3㎜」を入れます。
ピストンが下がった状態で保管されていたので、その分をテンションかけて、補うつもりで、、。

いつものように内径を少し広げてから入れます。

素材が非常に優れていて、金属との摩擦整数が非常に小さいのがWOWの特徴です。
スプリングの先端処理とともに、スプリングのねじれ、フリクションロスの低減を狙います。


今回は軸受けプラスチックのままですが、本来ならばベアリング軸受けや、メタル軸受けに交換したいところですが、今回はパーツ代を安く済ませるために、割愛。


スイッチ部分にはたっぷり、スイッチグリスを塗布しておきます。


で、今回の不具合の一番の原因である:接点焼け防止に、スイッチバリカタを装着。


あんまりバッテリー入ってないですが、、、とりあえずこれで計測。
ET-1 7.4V 1400mAhのスティックバッテリー。


ま、こんなもんですかね。



電ハンも色々いじってきましたが、結局の所、メカボックスは、60代後半~70台前半(0.20gBB)で撃つ仕様になんだかんだで落ち着きます。
しっかり狙えば、35m~40m当たりますから。
フルサイズの電動ガン並に初速を上げても、
「バッテリーがすぐなくなる」
「モーターがすぐ消耗して壊れる」
等々あまりいい結果では無かったので、、、。

そして個人的には外部ソースででかいバッテリー使うよりも、、、、。
小さいサイズの電ハン用リポでパシパシ撃つのが良いのでは?と思います。
大きなバッテリーは確かにレスポンスUPしますが、、、消耗が激しすぎます。

電ハンは小さいパッケージですので、まあ、それなりのパワーソースにしてあげるのが良いのでは?と思います。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
LCT AKS74U 給弾不良
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン
マルイ電ハンG18C リポ化
べネリM3 東京マルイ
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 LCT AKS74U 給弾不良 (2018-11-17 07:58)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2 (2018-11-12 16:20)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン (2018-11-11 21:24)
 マルイ電ハンG18C リポ化 (2018-11-09 22:45)
 べネリM3 東京マルイ (2018-11-01 16:56)
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)

この記事へのコメント
こんばんは(^^)
今回、自分にとってもまさにタイムリーな記事でした♪
自分はマルイのスコーピオンをよく使ってますが、先日のゲーム中にセミで気持ちよ〜く撃ってましたところ、ウィ!…
あれ?調子悪い…
フルに切り替えてウィポポポポ!…出るな…フム…、バッテリー替えてセミ、ウィ!?出ない…フルも反応無し…
使用を即中止して、「スイッチはバリカタ入れてるけど、かなり使用したけんそろそろスイッチかな?…それともセレクターに問題が生じたかな?フム…」で、とりあえずお店に見せたらなんとヒューズがflyaway〜しとりましたトホホな素人でげす(。´Д⊂)
メカボノーマル,バレル延長,バリカタ付きでお店でメンテナンス後2日間ゲームで使ってヒューズがプチ!の原因が解りませんが…ヒューズ替えてもまた飛んだりしないように原因を探りますです(笑)
Posted by 前さん at 2016年10月17日 19:41
前さん>リポだとマルイ純正のヒューズ(15A)はすぐ飛びます。
25Aか、30Aに交換した方が良いですよ~。

あと、セクターがどうしても削れてくるので、そうすると、メカボックスの負荷が大きくなり、余計に配線関係に負荷がかかるので、どうしても、、、なんですよね。

たまにはメカボックスやバレルもきれいに掃除して、メンテしてみると良いと思います。
Posted by カラシタカナ at 2016年10月17日 20:54
外部電源は自分もハイキャパEでやってましたが、こんなやり方もあるんですね~。

コードがどこかに引っ掛かって千切れないかと心配はしてしまいますが。

ガスブロの季節もいよいよ終わりですね。メンテして冬眠させます(笑)
Posted by 梨マン梨マン at 2016年10月19日 18:36
梨マン>やね、もう季節的には電ハン。
ただ、当たりが弱いので、なかなか、、、の時もあるけど、やっぱり楽しい電ハン。
コンパクトで、使いやすい、そしてよく当たる。
ワシは電ハンが好きよ。
Posted by カラシタカナ at 2016年10月19日 20:29
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。