2018年03月14日

AK47 マルイ ゲーム後 インプレ 再調整

さて、

前回(フロント調整)

前々回(入手+チューニング)

といじって来ました東京マルイのAK47


早速ゲームで使ってきました。

ま、ゲームと言っても、8時間耐久サバゲですが、、、。



セミオートオンリーのゲームでして、、、。
スイッチバリカタを装着して、耐久テストもかねて一日めちゃくちゃ撃ちまくっちゃー!って感じでいざ出陣。

ギャロップの0.25g 4,000発入りの袋×2袋+アルファ撃っていたので、、、、。

軽く8,000発は一日でセミオートしてた事になります。(笑)

ま、AKの多段マガジン(550発ぐらい入る)を3マグストレート連続で撃ったりとか、バリバリやってましたからね、、、、。

バッテリーも、

4200mAh 45C ×1本
2,000mAh 30~40C リポバッテリー ×3本
ガッツリ使いました(笑)

こんなに撃てるのは8耐ならではです、、、、。(笑)

そんなこんなで、、、かなり激しく使ってしまった東京マルイAK47


トラブル皆無。
8時間、8,000発以上、セミオート問題なく使えました。


ただ、、、、やはり1日中セミオートめちゃくちゃに撃ちまくって、結構モーターアチアチでしたし、、、メカボの中が気になったので、、、。


分解。
意外ときれいなものでした、、、。

ま、車のオイル交換と一緒で、出来れば組んだ後の最初の調整は早めがお勧めですから、、、。


ギアもしっかりグリスが残ってました。やっぱちょっといいグリスはイイ仕事しますね。


シリンダーもしっかり油膜が残ってますね。

リポバッテリーのかなりCレートの高いものを使ってましたが、トリガーフィーリングに変化なし。


スイッチも多少は消耗はありますが、通電不良も全く起こらず、まだまだ全然使えます。

掃除して、グリスアップでOKですね。

電動ガン専用設計・開発のスイッチバリカタを付けているので、とても良い仕事してくれます。
昔はスイッチ消耗しまくって、悩みの種でしたから、、、。

また、リポのCレート高いのを使うと吹っ飛ぶSBDなんかも多くてですね、、、。
高品質な製品なので、これを付けるとゲームが非常に安心です。

ギアや軸穴、可動部周辺のグリスはさすがに少し黒くなっているので、これらはすべてしっかり脱脂洗浄して、再潤滑ですね。
しっかりと繊細にやりましょう。



そして可動部分はきれいにグリスを塗布してあげます。


レシーバーに入れて、作動確認。

サクサクと、全くストレスのない動きです。

あとはバレル掃除して、ホップ・チャンバー周辺掃除して、、、。

試射!

ET-1 Lipo 7.4V 2000mAh 0.20gBBで計測

バッチリ!
ギアノイズもかなり減って、まだまだこれから活躍してくれます。

今回、MOSFET入れるかちょっと迷いましたが、スイッチもまだまだ使えるのと、レスポンスに全く不満もなく、8時間ゲームでもバリバリヒット取れていたので、こいつはNON MOSFETで、、、、。
スイッチはマルイのそのままで、飽きるまでまだまだ使おうと思います。

今回ゲームの後に「死神」みたいな方から
「あれ~カラシさんあのAK、FET入れてなかったんですか?フルオートみたいでしたよ、、、???」
って聞かれたのはここだけの秘密です。(笑)

しっかり仕上がったメカボって本当に気持ちよく撃てるもんなんです。
MOSFETはあくまで仕上がったメカボックスがあるからこそ、真価が発揮できます。


短いマルイのAKは、軽くて、よく当たりますし、燃費も抜群。
アイアンサイトで良ければ、ゲームでめちゃくちゃ活躍してくれますね。

発売から24年たったマルイAK47スタンダードですが、しっかりチューニングすればバリバリゲームで使えますよ~。

そんなこんなで、、、。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
LCT AKS74U 給弾不良
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン
マルイ電ハンG18C リポ化
べネリM3 東京マルイ
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 LCT AKS74U 給弾不良 (2018-11-17 07:58)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2 (2018-11-12 16:20)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン (2018-11-11 21:24)
 マルイ電ハンG18C リポ化 (2018-11-09 22:45)
 べネリM3 東京マルイ (2018-11-01 16:56)
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)

この記事へのコメント
スタンダード電動ガンは基本的には
20年以上前の設計で、次世代でも10年以上前。

モデルガンなら30〜40年近く前。

トイガンって一つの技術が完成すると
長く引っ張るものなんですね。
Posted by グレンソングレンソン at 2018年03月17日 20:41
先端の短さを見て「ミニ電動ガン」を思い出しました(笑)
Posted by 梨マン梨マン at 2018年03月18日 00:20
グレンソンさん>返信が遅くなりました。

んですね、次世代でももう10年前、、、。
なんかすごいですね。

玩具の世界の技術革新ってそうそうないんでしょうねぇ。
ミニ四駆とかも、まだ昔の技術がそのまま通用するそうですし、、。

梨マン>最近重いよりも、軽くて短いのが楽やぁ~。
飛距離も十分やし、これでしばらく遊ぶよ。
Posted by カラシタカナカラシタカナ at 2018年03月22日 00:11
その昔は、発売の度に新技術が搭載されていましたが、ある程度技術が確立された今は中身は一緒で外見だけ変えている感じます。
寂しいような…

でも、昔は弾がロク飛ばなかったり、直ぐに動かなくなったりが結構あったりして
大金はたいて買って、大外れなんて当たり前でした。

それでも、許されたのは時代ですかね(笑)
Posted by グレンソングレンソン at 2018年03月23日 10:51
グレンソンさん>笑 そうですね、昔はノーマルでまっすぐ飛ぶ銃が無かったですね。

給弾不良当たり前、壊れる、飛ばない、そんな感じでした、、、。
ゲームでトリガー引くたびに「壊れないかなっ!?」の緊張がありましたね。

チューニングパーツもオカルトチックで楽しいものが沢山ありました。
ただ、その中でも光るものがあったので、それをまた自分なりにチューニングしながら、、、、でしたね。

付けても意味ない、付けたら悪くなる、、、みたいな部品もいっぱいでしたが、色々冒険しながら楽しかったですね。

失敗は人生のスパイスですね。(笑)
ま、「無駄なことにお金を使うのが男の趣味」ですから。

ある程度技術も熟成されているという事なのかもしれませんが、今は、なかなか新しいモノづくりが難しいというのも現実ですね。

昔は小さい工場が情熱で色々作ってくれてたんですが、今はある程度のお金にならないとやらないというところが多いんですよね。ビジネスにならないものはやらない、、、という。

また、法律や社会情勢も段々「許容の幅」の無い状況というのもありますね。昔はちょっとヤンチャしても、許してくれる風土があったと思いますが、今は「一度道を外して失敗すれば一生終わり」みたいなところもありますし、、、。

昔は、、、で始まるものは、今では無いものばかりですが、、、。苦笑

ただ、フィールドの中は、「ルール」がありますが、その「ルールの中」では思いっきりはっちゃけられる自由さもあったりします。

そんなこんなで、サバゲはやめられそうにありませんね。(笑)

昔の良い時代の?楽しみ方知っている方は、今の時代も楽しめる事と思いますよ。
Posted by カラシタカナカラシタカナ at 2018年03月23日 17:21
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。