2018年11月09日

マルイ電ハンG18C リポ化

G18Cのリポ化、、、。


やっぱり新品はいいわ、、、。

ま、さんざんUPされているので、特に何もないですが、、、。
過去にもさんざん弄っているので、何も無いですが、、、。(笑)

過去記事はこちら(一部ガスブロのG18Cも含まれます。)

今回、新銃のG18Cをリポ化の紹介です。

で、最近ネットで安く売っているBECコネクターを買ってみました、、、。

安いからには大きな落とし穴が最後に、、、、。注意です。



いつも通り、左右の配線接続部分にあなを開けて、、、。



配線を通して、ある程度のところでカットしてはんだ付け、、。



リポをそのまま使うと、すぐにスイッチが終了するので、スイッチバリカタ取り付け。


トリガーバーのスプリングが折れている、、、という不運に見舞われながら、、、。
(ピアノ線でスプリング作ってリカバリー)


ハイ、OK!と思ったんです、、。

で、電ハン用のリポつなごうとしたら、、、、。
「あれ???配線の色、逆じゃね????」

そう、安売りBECコネクターと、電ハン用リポはコネクター部分で+とーが逆になっておりました。

仕方ないので、BECコネクターを逆に繋いで、配線の色を変えて、、、。

大丈夫です。
ここ、要注意です。

自身が無い人は、電ハン用のBECコネクターを買ってください。間違いありません。はい。


今回、バレルは社外品のUSP用を入れました。
グロックよりちょっと長いのです。
バレルが少しはみ出ますが、、、、。ま、この辺はお好みで、、、。

今回はコネクター変更と、バリカタ取り付けのスタンダードなリポ化です。

いざ、試射!
0.20gBB使用
セミ

フル

メカボックスはノーマルですが、かなり調子良いですね。

良い感じです。

これから冬に向かって、段々ニッケル水素が動かなくなってきます、、、。
こういう時はリポ化すると、格段に性能UPですよ。

自信のない人はぜひエアガンショップさんで‼‼‼
このくらいの作業でしたら、ちゃっちゃとやってもらえますよ。

そんなこんなで、、、。
  


2018年10月01日

マルイ 電ハン G18C

さて、、、。

涼しくなってまいりました。

電ハンの季節ですねっ!

たしかこいつは2013年の7月ごろに買ったはずなので、かれこれ5年以上愛用している相棒です。

ピストン関係は
ノーマルスプリング+ダーティワークスのWOW(スペーサー)を3㎜かましています
スプリングの端は丹念に研磨。
あと、2015年にPicoSSR3を入れて3年使っていますが全く問題なし。
ベアリングはイーグルフォースです。

で、久しぶりに引っ張り出して、撃ってみましたが、、、。


初速がバラバラ、、、。

これはいかん、、、‼‼‼‼
という事で全バラ+メンテ

結構きれいに見えても、グリスをふき取ると黄色く酸化していたり、軸受が黒かったりします。
まあ、最低半年に一回はメンテナンスせんといかんですね。


しっかり古いグリスと取って、新しいグリスを塗布しながら組み上げていきます。
ま、電ハングロックは体の一部みたいなもんなんでサクサク進みます。


とは言っても、やはりしっかり組み上げるので、2時間ぐらいはかけますね、、、。


完成!

そして試射!


うむ、安定している!

これで弾道も安定するはず。

今年の夏はおかしいぐらい暑かったですからね。
熱でグリスが変質して、油膜切れをおこしてしまう場合もあり得ます。

なので、この秋はメンテに絶好の季節です。
サバゲバリバリする前に、しっかりメンテしましょう。

そんなこんなで、、、。


■カラシタカナG18(一部ガスブロも含まれます。)の過去記事はこちらから。  


Posted by カラシタカナ at 12:00Comments(2)雑記メンテナンス研究開発電動ハンドガン