2018年11月17日

LCT AKS74U 給弾不良

みんな大好きLCTのAKS74Uです。

実銃は黒にペイントなのですが、LCTはこの黒染め塗装。
しかし、この黒染め塗装、ゲームで使い込むと良い感じにヤレてきて、「玄人感」がゲキシブなんです。

さて、、、、。
給弾不良です。

給弾不良にもいくつかありまして、、、。
ホップパッキンの不良(これが一番多い)
タペットの不良
タペットスプリングの不良
バレルの不良
マガジンの不良
ノズルの不良


ま、コイツの場合は、動かしてみながら、チャンバーを覗くと、ノズルが動いていないのが分かったので、間違いなくタペットの不良ですね。
バレルもきれいですし。

早速分解。

メカボックス自体はAIRSOFT97さんで「アルティメット」のチューンがされており、非常に静かに、そしてサクサク動きます。
素晴らしい。




タペット折れたかな?と思ってたら、タペットスプリングでした。


ま、この2年間、ほぼ毎週ゲームで使っているような個体なんで。
消耗しますね。

イナズマモーターはまだまだ元気。

リポを使うので、スイッチバリカタAK用が付いています。


日本製のモーターにはスイッチバリカタが相性抜群です。
2年ほどバリバリ使ってますが全然性能維持していますね。


さすがにグリスはちょっとカーボンが出ていますが、スイッチ自体は全く問題なし。
洗浄・グリスアップで再利用です。

こういう仕上がったメカボックスにはMOSFETでも良いんですが、このようにスイッチバリカタやハリガネだけでモリモリ使っている人も多いです。
何年か使っていれば、メカボックス中身の部品も要チェック、交換が必要になるので(今回のタペットスプリングみたいに)そういう時にスイッチをチェックしてあげれば、全然長く使えますよ。

先週、ゲームで「銃が動かなくなった!」という人が居ました。
「何回かしかゲームで使ってませんよ?」
という事でしたが、、、、スイッチ保護なしでリポバッテリー使えば、1日、いや、1ゲームでスイッチ焼け切れたりしますから。

リポバッテリーの場合は必ずスイッチ保護付けましょう。
ニッケル水素でも、焼けるので、まあ、予防策で。

冬になって、リポバッテリー使い始める人も多いと思いますが。
ご注意ください。


さてさて、、、、。

戻ります。

レールは


いつものように研磨


メカボはしっかり洗浄したあと、一個一個の部品を潤滑させながら、くみ上げます。
すでにチューニング済みのメカボックスなので、何ら問題ないですね。

ばねのテンションを少し逃すためにスプリングスペーサーWOWの1㎜と金属ワッシャーを入れました。


しっかり組んで完成。

タペットスプリングはマルイ製に交換。



いざ、試射!

0.25g イーグル1300mAh 7.4V AKタイプバッテリー使用

良い感じ。

この後、少し撃ち込んだら、82m/sぐらいで安定しました。
このくらいの初速・回転数が扱いやすくて個人的に大好きです。

MOSFET要らないですよ、この仕上がりなら。


まあ、MOSFET入れるなら、しっかりメカボックスこれぐらいサクサク動いてないと意味が無いと思いますし。
チューニングありきの電子チューンですから。

基本的な部分をしっかり組んだ銃は壊れにくいですし、燃費も良い、そして長く使えますね。

そんなこんなで、、、、。


過去のAKS74U記事はこちら
マルイ
VFC
その他製
の記事が含まれます。  


Posted by カラシタカナ at 07:58Comments(0)雑記電気関係メンテナンス研究開発

2018年11月12日

APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2



昨日に引き続きいじってます。



リアサイトをマルイのG18Cガスブロ用に交換。
フロントサイトはG18C用はポン付けならず。そのまま使います。


グリップを、、、。


ステッピング加工しました。

敷地内の50mレンジで試射しましたが、、、。
凄くホップがばらつく、、、。

ので、マルイ製ホップパッキンに交換。


しかし、、、。

まだ左右、上下にばらつきがひどい、、、。

色々考えた結果、、、。

ストックしておいたメイプルリーフのG17用チャンバーと、マルイ製のバレルに交換。


しましてそこそこ当たるように、、、。

初速は0.2gで75m/sぐらいで変わらず。
うむ~~~。

5本ぐらい12gのボンベ使って撃ち続けてみましたが、、、。
集弾性は明らかにマルイのガスブロや、電ハンに及ばない。

継続して色々いじってみます。
まだまだゲーム実践投入は先になるかなぁ、、、と思います。

そんなこんなで、、、、。

  


Posted by カラシタカナ at 16:20Comments(0)雑記メンテナンス研究開発ガスハンドガン

2018年11月11日

APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン

APS BLACK HORNET BSPを買いました。


大変遅ればせながら、、、、。
CO2ガスガンです。
寒くなっても、もうちょっと、、、、ガスブロしたいっ!という気持ちが何度も何度も押し寄せてきてまして、、、。

こんな「親戚のおばちゃんが”肉じゃがいっぱい作りすぎたけん、食べんね~?”」って言いながら持ってくるような容器に入ってます。


正規輸入代理店のものなので、ガス漏れも無し!チェック済みで安心ですね。
ホップパッキンが2つ突起があるものが入ってました。

CO2のこのマガジンに入れるタイプや内部機関に入って「すぐに調整できない」ものは多くのフィールドでOKです。
ま、普通に売っているものですから。
結構フィールドで使っている人も増えてます。

外部ソースもレギュレターを固定したものや、そもそもFIXしてあるものはこれと同じで、何ら問題ないんですけどねぇ、、、。

外部ソース嫌な人ってやっぱり私みたいに、、、20数年前10気圧のアサヒスターリングで背中に銃口押し付けられながら0.4gぐらいのビッカ弾で背中に北斗12星を喰らったりしたんですかねぇ、、、。
それでも私は外部ソースOKじゃない?派の人間ですけどね、、。(上記の条件付きで)

初速OUTしたら社会からもOUTです。

困話休題


私は海外製品は一発も撃たずにとりあえずバラす派。

分解方法は各メーカーのグロックとほぼ同じ要領なので、問題ないです。





マルイに比べて各部バネとかが固いですが、ま、マルイと一緒ですね。


全バラ、バリ取り、清掃しましたが、結構スラッジが出てきます。
ま、海外製ですからね、、、。
グリスアップして元通りに組み立て。


スライドのフルオート/セミオート切り替え部分が特徴的ですが、そんなに構造は難しくないので、、、。
マルイのG18Cのスライドバージョンみたいなものですね。
シリンダーリターンスプリングが特殊なのではめ込みの時は注意。

あと、ローディングノズルがよく折れる様子なので、予備は買いましたが、ノズルのBB弾押し出し部分の突起が入るチャンバーの部分はしっかりバリ取り、研磨しておきました。
どれくらい持つかな?

ま、夏のはじめの6月~10月初旬は普通のガスブロでOKですし。
それ以外の季節で活躍してくれることに期待。
でも気温が1桁だと、CO2でも厳しいみたいですが、、、。
そうなったらやっぱり電ハンなんでしょうねぇ。

■初見の感想としては■
マガジンが重い(電ハンに比べ)
ランニングコストが高い(ここはしょうがないですが)私のブラックホーネットは2マグで大体12g1本使います。
スライドは夏のガスブロぐらい動く
ネットで見て「音がでかい」という事でしたが、そんな風には感じませんでした。
スライドの戻りは悪い。(使ってくると馴染むかな)
サイトが私好みではない(今後変更します。)

ドラゴンフライでも良かったんです。
ただ、自分でステッピングしたり、サイトを決めたかったので、こっちのブラックホーネットにしました。

難なく全バラ、清掃、グリスアップ完成。


室温20℃で計測。0.20gBB

あれっつ?こんなもん?

何個がガスカートリッジ交換しながら撃っていたらこんな感じで安定。

大体0.20gで75m/s~76m/sぐらいです。
良い感じですね。


そんなこんなで、、、。

とりあえずゲームで使ってみます。  


Posted by カラシタカナ at 21:24Comments(0)雑記メンテナンス研究開発ガスハンドガン

2018年11月09日

マルイ電ハンG18C リポ化

G18Cのリポ化、、、。


やっぱり新品はいいわ、、、。

ま、さんざんUPされているので、特に何もないですが、、、。
過去にもさんざん弄っているので、何も無いですが、、、。(笑)

過去記事はこちら(一部ガスブロのG18Cも含まれます。)

今回、新銃のG18Cをリポ化の紹介です。

で、最近ネットで安く売っているBECコネクターを買ってみました、、、。

安いからには大きな落とし穴が最後に、、、、。注意です。



いつも通り、左右の配線接続部分にあなを開けて、、、。



配線を通して、ある程度のところでカットしてはんだ付け、、。



リポをそのまま使うと、すぐにスイッチが終了するので、スイッチバリカタ取り付け。


トリガーバーのスプリングが折れている、、、という不運に見舞われながら、、、。
(ピアノ線でスプリング作ってリカバリー)


ハイ、OK!と思ったんです、、。

で、電ハン用のリポつなごうとしたら、、、、。
「あれ???配線の色、逆じゃね????」

そう、安売りBECコネクターと、電ハン用リポはコネクター部分で+とーが逆になっておりました。

仕方ないので、BECコネクターを逆に繋いで、配線の色を変えて、、、。

大丈夫です。
ここ、要注意です。

自身が無い人は、電ハン用のBECコネクターを買ってください。間違いありません。はい。


今回、バレルは社外品のUSP用を入れました。
グロックよりちょっと長いのです。
バレルが少しはみ出ますが、、、、。ま、この辺はお好みで、、、。

今回はコネクター変更と、バリカタ取り付けのスタンダードなリポ化です。

いざ、試射!
0.20gBB使用
セミ

フル

メカボックスはノーマルですが、かなり調子良いですね。

良い感じです。

これから冬に向かって、段々ニッケル水素が動かなくなってきます、、、。
こういう時はリポ化すると、格段に性能UPですよ。

自信のない人はぜひエアガンショップさんで‼‼‼
このくらいの作業でしたら、ちゃっちゃとやってもらえますよ。

そんなこんなで、、、。
  


2018年11月01日

べネリM3 東京マルイ

東京マルイ べネリ M3 ショーティです。


この銃、何回買った⁇

というカラシですが、、、、。
涼しくなると人恋しくなりますよね。

そういう季節です。

そういうシャッガンです。

至近距離から3発食らうと、サワークラウトな気分になり、脳内クラウドに保存したくなります。

で、CYMAのM3買ったんですが、、、、。大外れ。
初速も出ないし、コッキングも固いし、、、。
今回はちょっと諦めました。
また時間が出来た時にゆっくりじっくり福岡市南区井尻していこうかなと思います。

まあ以前にも色々弄ってきたM3ですが、、、、。
過去のまとめはこちら

またちょっとずついじっていこうかなと。
で、取りあえず使いやすい様にカスタム。


で使わないCYMAのM3のストックをちょん切ります。
糸ノコでギーコギーコ、ピーコですオスギです。



カットそしてカット。



端はヤスリで丁寧に平面にしていきます。



アルミ板を銃床の形にカット。



ねじをカットしないといけません。

面倒なので、ナフコで50円ぐらいで売っているM5のボルトの長いサイズとナットを購入。


ワイヤーカッターでころ合いの長さでカット。




ナットを瞬着して、マイナスドライバーが使えるように溝をまたのこぎりでゴリゴリ切ります。


一度ストックに取り付けセンターを決めます。

5㎜のゴム板を貼付けます。ハサミやデザインカッターでチョキチョキ。



ゴム板の部分にナットが入る穴を開けます。今回は9㎜のポンチ使いました。

あとはアルミ板に両面テープで貼り付ければ完成。

あとは適当にストックにホットボンドで接着!


適当さがアメリカンな良い感じです。


以前やっていたノズルヒッタイト加工ですが、、、。
今回はブラス(真鍮)で。
ヒッタイトは十分すぎる強度ですが、「真鍮ぐらいでいいんじゃない?」という考えがあり、今回は加工しやすい真鍮をチョイス。
外径5㎜の真鍮パイプを使用、長さは6㎜ぐらいです。

加工方法はヒッタイト加工と同じです。
真鍮は鉄に比べてだいぶん楽に加工できます。

真鍮も結構強度があるので、これで良いかな、今後は、、、。


ピストンを押し下げる鉄のパーツは軽く800番→600番で磨いて、ピカールで研磨。
変な抵抗なく、ポンプできるかな?


バレルは軽く磨いておきました。
なんかキチャナイ。


ホップが弱いので、アルミテープを1枚かましました。
これでも弱かったのですが、2枚貼るとBB弾が昇竜拳みたいになるので、1枚で我慢。


電動ガン用スプリングスペーサーWOWの1㎜とSUSのスペーサーを1枚ずつ入れます。
これは初速UPよりもスプリングのねじれ防止を目的にしてます。
1㎜を3枚入れると、シアがかからなくなるので要注意です。


後はレールを800番のペーパーで軽く磨いて、可動部にバリがあるところとかを調整して、、、。
内部のグリスアップはラジコンのショック用のシリコンオイル(ヨコモ)のHARDを使いました。
もちょっと柔らかいものでもOKでしょう。

試射!
0.2g

0.25g

良い感じ。

個体差なのか、このM3は1発発射でもそんなに初速が変わりませんね。
う~む。
もうちょっと撃ち込んで、色々試してみたいと思います。
まずはゲームでつかってみらんと、、。

先台はステッピング加工しました。
かなり引きやすくなりますよ。



そんなこんなで、、、。
  


Posted by カラシタカナ at 16:56Comments(0)雑記メンテナンス研究開発エアコッキング

2018年10月04日

猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT

博多の猫奉行さんで最近販売されているオリジナル真鍮シリンダーを使ってみました。


ステンレス素材の場合、ちょっと固くて、柔らかめのグリスを入れても、ピストンヘッドのOリングの消耗が早い感じがするんですよね、、、。
ひどい時はロックするような感じになることもあります。(ピストンのラックが変なところで削れたりしていたら注意です。ま、ほかの要因もありますので、チェックしてから確認ですが、、、。)

比較的、柔らかめの真鍮シリンダー(できればマルイ純正)が使いたいのですが、純正シリンダーはほとんど入手困難なので、、、「いい真鍮のシリンダー無いかな~???」とずっと探していましたが、、、。

先日博多での仕事の合間に猫奉行さんをふらふら、、、。
やっと見つけました。

AIRSOFT97のアクセレートシリンダーは大変良いのですが、バレル短め専用の物は販売されておらず、加工が必要です。
猫奉行さんのものは、すでにバレル長ごとにシリンダーに穴が開けてあるので非常に便利です。
ただ、Oリングの滑りに関しては、アクセレートシリンダーが表面処理されていて付属のOリングの相性と相まって潤滑性は一枚上です。

真鍮なので、磨けばさらに良いでしょうし、ま、今後両方使うと思います。

Oリングとシリンダー素材の関係というのは、バイクや車のピストンのブレーキキャリパーに似ているような気がします。
ブレーキキャリパーのピストンも、真鍮製もあれば、真鍮にメッキがされたもの、色々な素材があります。
これも好みでしょうね、、、。

もちろんシリンダーもステンレスでも問題ないと思いますが、私のいつものセッティングには、真鍮とか、柔らかめの素材が「静かでなめらかで良い!」という感じになっております。

前置きが長くなりましたが、、、

LCTのAK105に入れていきます。

メカボックスは完全分解、洗浄。

ギアのシム調整をした後、カットオフを磨きます。


これで機械スイッチでも、パチパチカットオフしてくれるかなっ?


シム調整済みのギアをグリスを塗って組んで、、、。


あとはちょこちょこ組んで行きます。
ピストンヘッドOリングも、猫奉行さんで販売しているものを使ってみました。
良い感じです。

今回はシリンダー磨かずに組んだのですが、、、。
磨いても良かったな、、、と思います。ま、また次回メンテの時にやろうかなと。


バレルはちょっと見たことない加工がされていましたが、中身磨いて、気密取って、ブレ止めして使います。
次回メンテの時は別のバレル入れましょう。



うーむ、なかなかいかついAK105です。(笑)

シリンダー&ピストン&再シム調整でメカボはバッチリ。
サクサク動きますね。

個人的には真鍮シリンダーが好きなんです。
放熱も真鍮に比べて良いですよ。
Oリング素材が擦れる場所は柔らかめの金属+研磨が良いですね。

そんなこんなで、、、。
  


Posted by カラシタカナ at 12:52Comments(2)メンテナンス研究開発カスタムパーツ

2018年10月03日

LCT AKS74U 非流速化

さて、先日組んでいた猫パンチ+アクセレートシリンダーですが、、、。

飛距離はかなり飛ぶようになったものの、かなりの流速でして、、、。

弾道は自分の常用域ではすこし使いづらい部分もあり、一時、非流速化します。

飛距離もかなり出て、集弾性も良いので、このバレルは別の銃に使ってみたいと思います。

さてさて。



またメカボ開けてます。
開けたり閉めたり、、、。

アクセレートシリンダーは、付属のOリングとの相性が最高。
これはこのまま使いたいっ!という事で、純正と同じぐらいの場所に穴をあけます。



ドリルやら、リューターやらでぎゅいんぎゅいん。
バリを紙ヤスリ等できれいに取り去りましょうね。

あとはちょこっとピカールで磨いて、指の腹で抵抗が無いか確認。
ここをしっかりしておかないと、Oリング傷つけますから。

リューターで「ガリ!」となったところがあるのはご愛敬。

しっかり脱脂洗浄して、完成です。


こいつはGATEのPicoSSR3を入れています。



あとはバレルを綺麗に磨いて、、、。
おそらくマルイ製の300㎜ぐらいのを今回は入れます。


パッキンはマルイノーマル、ホップ抑えにSPC

ホップ窓にスリットを入れるのは抜弾の際に”粘り感”が出るのでやってます。
ま、微々たるものですが、、、。(笑)

マルイのホップパッキン+マルイのホップ抑えはこの加工をした方が良い場合と悪い場合がありますので、ま、銃の様子を見ながらですね。

弾速は0.25gピークで85m/sぐらいです。
スプリングもかなり弱いのに変更できたので、メカボックスはサクサク動きます。


個体はいい商品でも、銃によっては「相性」があるので、色々選りすぐりながらやらんといかんですね。

そんなこんなで、、、。
  


Posted by カラシタカナ at 09:08Comments(0)メンテナンス研究開発カスタムパーツ

2018年10月01日

マルイ 電ハン G18C

さて、、、。

涼しくなってまいりました。

電ハンの季節ですねっ!

たしかこいつは2013年の7月ごろに買ったはずなので、かれこれ5年以上愛用している相棒です。

ピストン関係は
ノーマルスプリング+ダーティワークスのWOW(スペーサー)を3㎜かましています
スプリングの端は丹念に研磨。
あと、2015年にPicoSSR3を入れて3年使っていますが全く問題なし。
ベアリングはイーグルフォースです。

で、久しぶりに引っ張り出して、撃ってみましたが、、、。


初速がバラバラ、、、。

これはいかん、、、‼‼‼‼
という事で全バラ+メンテ

結構きれいに見えても、グリスをふき取ると黄色く酸化していたり、軸受が黒かったりします。
まあ、最低半年に一回はメンテナンスせんといかんですね。


しっかり古いグリスと取って、新しいグリスを塗布しながら組み上げていきます。
ま、電ハングロックは体の一部みたいなもんなんでサクサク進みます。


とは言っても、やはりしっかり組み上げるので、2時間ぐらいはかけますね、、、。


完成!

そして試射!


うむ、安定している!

これで弾道も安定するはず。

今年の夏はおかしいぐらい暑かったですからね。
熱でグリスが変質して、油膜切れをおこしてしまう場合もあり得ます。

なので、この秋はメンテに絶好の季節です。
サバゲバリバリする前に、しっかりメンテしましょう。

そんなこんなで、、、。


■カラシタカナG18(一部ガスブロも含まれます。)の過去記事はこちらから。  


Posted by カラシタカナ at 12:00Comments(2)雑記メンテナンス研究開発電動ハンドガン

2018年09月30日

猫パンチ+アクセレートフルシリンダー

お久しぶりです。

仕事&プライベートが多忙を極め、なかなかブログUP出来ずにいます。
まだまだこんな感じですが、銃は色々いじっているので散発的にブログを書いていこうと思います。

さて、、、。

先日試してみると言っていたAIRSOFT97さんのアクセレートシリンダーキットとアルティメットロングレンジバレル
やっとこさ付けてみました。



被験個体はLCTのAKS74Uです。
みんな大好きクリンコフですね。


元々VFCのクリンコフに入れてみようとしていましたが、銃口出口部分に突起を見つけたので、VFCはそのまま組みなおしました、、。
メカボックスのメニューはこのLCTの物とは違いますが、ほとんど中身は一緒です。

また、この仕様はかなり高負荷になるため、ギアの強化等は必須です。
バッテリーやモーターの消耗も早くなり、負荷が大きいため、自分でマメにメンテナンスされるかたにしかお勧めしません。

LCTはノーマルピストンと、ノーマルのスイッチを使い、MOSFETはPicoSSR3を仕込んでいます。


今回、フルシリンダーで、バレルの長さが180㎜になるため、重めのピストンヘッドといれてみました。
MSさんとかから販売されています。


元々は31gでしたが、、、、。

40gぐらいがいいでしょうね。


メカボの中身はこんな感じです。
画像とちょっと違うところと仕様は

LCT純正ピストン
SHS13:1ギア(セクカ無し)
そんなところです。ピストンも同じ重さです。
シリンダーヘッドのノズルは少し絞っています。


で、肝心のホップパッキン。

ここはマルイ純正をスリック加工して使っても良いですし。

エアガンショップさんで販売しているこういう風な製品を使ってもOKです。



今回は「猫なで」の青を使います。
このホップ抑え、すごく好きです。

ホップパッキンをシリコンで揉んで、ホップ窓付近はしっかり綿棒でシリコンをふき取ってからつけましょう。

バレルとホップパッキン、チャンバーに隙間がある場合はアルミテープ等で隙間埋めすると良いですよ。


良い感じです。

さて、、、組み立てて試射、、。

■0.25g適正ホップ

■0.25g最大ホップ


■0.28g適正ホップ

■0.28g最大ホップ

あああ、流速だ、、、、、。

弾は50m先のターゲットまでバヒュンと飛んでいきます。

うーむ。

このまま使うのも、十分ですね。
ノーマルホップパッキンよりも、確実に飛距離が伸びています。
また集弾性も素晴らしい。
特に0.28g使うと、50mぐらいでもしっかりヒット取れますね、これ、、、。

流速としては申し分ないのですが、、、。
私はちょっとこの弾道は好きではないかな、、、。

もう少し色々煮詰めないとですね、、、。

メカボックスの負荷が大きいので、、、、。
シリンダー容量減らして、バネのレートを下げてみますかね。
このホップ抑え、バレル、シリンダーの出来はかなり良いので、きちんとセッティングできればかなり良いパフォーマンスが出るはずです。



そんなこんなで、、、。

  


Posted by カラシタカナ at 16:35Comments(0)雑記研究開発カスタムパーツ

2018年07月11日

AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル

さて、、、。

AIRSOFT97 さんで販売しています

「アルティメットロングレンジバレル08 for AEG 180mm(面HOP専用)」




そして

「Accelerate Full Cylnder & O-Ring」 が入った 「Turbo Pack」




を入手しました。

バレルはちょいとお高いのですが、これ、押しゴムもセットになっているので、この値段は納得です。

さて、、、使う前にこのバレルのホップ窓と、ホップ窓の下を磨きます。

以前お伝えしたこの理由で



ピカールを付けた綿棒で優しく




ピッカリなります。



6.08の内径に180㎜の長さ、そして長かけホップの感じ。
今までにはなかったタイプのバレルなので仕上がりが超楽しみです。


ただ、やはり入れる前と、入れた後の違いを動画で撮ろうと思いますので、アフターは後日じっくりとお伝えします。


そんなこんなで、、、、。  


Posted by カラシタカナ at 20:13Comments(0)雑記研究開発カスタムパーツ