2018年10月04日

猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT

博多の猫奉行さんで最近販売されているオリジナル真鍮シリンダーを使ってみました。


ステンレス素材の場合、ちょっと固くて、柔らかめのグリスを入れても、ピストンヘッドのOリングの消耗が早い感じがするんですよね、、、。
ひどい時はロックするような感じになることもあります。(ピストンのラックが変なところで削れたりしていたら注意です。ま、ほかの要因もありますので、チェックしてから確認ですが、、、。)

比較的、柔らかめの真鍮シリンダー(できればマルイ純正)が使いたいのですが、純正シリンダーはほとんど入手困難なので、、、「いい真鍮のシリンダー無いかな~???」とずっと探していましたが、、、。

先日博多での仕事の合間に猫奉行さんをふらふら、、、。
やっと見つけました。

AIRSOFT97のアクセレートシリンダーは大変良いのですが、バレル短め専用の物は販売されておらず、加工が必要です。
猫奉行さんのものは、すでにバレル長ごとにシリンダーに穴が開けてあるので非常に便利です。
ただ、Oリングの滑りに関しては、アクセレートシリンダーが表面処理されていて付属のOリングの相性と相まって潤滑性は一枚上です。

真鍮なので、磨けばさらに良いでしょうし、ま、今後両方使うと思います。

Oリングとシリンダー素材の関係というのは、バイクや車のピストンのブレーキキャリパーに似ているような気がします。
ブレーキキャリパーのピストンも、真鍮製もあれば、真鍮にメッキがされたもの、色々な素材があります。
これも好みでしょうね、、、。

もちろんシリンダーもステンレスでも問題ないと思いますが、私のいつものセッティングには、真鍮とか、柔らかめの素材が「静かでなめらかで良い!」という感じになっております。

前置きが長くなりましたが、、、

LCTのAK105に入れていきます。

メカボックスは完全分解、洗浄。

ギアのシム調整をした後、カットオフを磨きます。


これで機械スイッチでも、パチパチカットオフしてくれるかなっ?


シム調整済みのギアをグリスを塗って組んで、、、。


あとはちょこちょこ組んで行きます。
ピストンヘッドOリングも、猫奉行さんで販売しているものを使ってみました。
良い感じです。

今回はシリンダー磨かずに組んだのですが、、、。
磨いても良かったな、、、と思います。ま、また次回メンテの時にやろうかなと。


バレルはちょっと見たことない加工がされていましたが、中身磨いて、気密取って、ブレ止めして使います。
次回メンテの時は別のバレル入れましょう。



うーむ、なかなかいかついAK105です。(笑)

シリンダー&ピストン&再シム調整でメカボはバッチリ。
サクサク動きますね。

個人的には真鍮シリンダーが好きなんです。
放熱も真鍮に比べて良いですよ。
Oリング素材が擦れる場所は柔らかめの金属+研磨が良いですね。

そんなこんなで、、、。
  


Posted by カラシタカナ at 12:52Comments(2)メンテナンス研究開発カスタムパーツ

2018年10月03日

LCT AKS74U 非流速化

さて、先日組んでいた猫パンチ+アクセレートシリンダーですが、、、。

飛距離はかなり飛ぶようになったものの、かなりの流速でして、、、。

弾道は自分の常用域ではすこし使いづらい部分もあり、一時、非流速化します。

飛距離もかなり出て、集弾性も良いので、このバレルは別の銃に使ってみたいと思います。

さてさて。



またメカボ開けてます。
開けたり閉めたり、、、。

アクセレートシリンダーは、付属のOリングとの相性が最高。
これはこのまま使いたいっ!という事で、純正と同じぐらいの場所に穴をあけます。



ドリルやら、リューターやらでぎゅいんぎゅいん。
バリを紙ヤスリ等できれいに取り去りましょうね。

あとはちょこっとピカールで磨いて、指の腹で抵抗が無いか確認。
ここをしっかりしておかないと、Oリング傷つけますから。

リューターで「ガリ!」となったところがあるのはご愛敬。

しっかり脱脂洗浄して、完成です。


こいつはGATEのPicoSSR3を入れています。



あとはバレルを綺麗に磨いて、、、。
おそらくマルイ製の300㎜ぐらいのを今回は入れます。


パッキンはマルイノーマル、ホップ抑えにSPC

ホップ窓にスリットを入れるのは抜弾の際に”粘り感”が出るのでやってます。
ま、微々たるものですが、、、。(笑)

マルイのホップパッキン+マルイのホップ抑えはこの加工をした方が良い場合と悪い場合がありますので、ま、銃の様子を見ながらですね。

弾速は0.25gピークで85m/sぐらいです。
スプリングもかなり弱いのに変更できたので、メカボックスはサクサク動きます。


個体はいい商品でも、銃によっては「相性」があるので、色々選りすぐりながらやらんといかんですね。

そんなこんなで、、、。
  


Posted by カラシタカナ at 09:08Comments(0)メンテナンス研究開発カスタムパーツ

2018年09月30日

猫パンチ+アクセレートフルシリンダー

お久しぶりです。

仕事&プライベートが多忙を極め、なかなかブログUP出来ずにいます。
まだまだこんな感じですが、銃は色々いじっているので散発的にブログを書いていこうと思います。

さて、、、。

先日試してみると言っていたAIRSOFT97さんのアクセレートシリンダーキットとアルティメットロングレンジバレル
やっとこさ付けてみました。



被験個体はLCTのAKS74Uです。
みんな大好きクリンコフですね。


元々VFCのクリンコフに入れてみようとしていましたが、銃口出口部分に突起を見つけたので、VFCはそのまま組みなおしました、、。
メカボックスのメニューはこのLCTの物とは違いますが、ほとんど中身は一緒です。

また、この仕様はかなり高負荷になるため、ギアの強化等は必須です。
バッテリーやモーターの消耗も早くなり、負荷が大きいため、自分でマメにメンテナンスされるかたにしかお勧めしません。

LCTはノーマルピストンと、ノーマルのスイッチを使い、MOSFETはPicoSSR3を仕込んでいます。


今回、フルシリンダーで、バレルの長さが180㎜になるため、重めのピストンヘッドといれてみました。
MSさんとかから販売されています。


元々は31gでしたが、、、、。

40gぐらいがいいでしょうね。


メカボの中身はこんな感じです。
画像とちょっと違うところと仕様は

LCT純正ピストン
SHS13:1ギア(セクカ無し)
そんなところです。ピストンも同じ重さです。
シリンダーヘッドのノズルは少し絞っています。


で、肝心のホップパッキン。

ここはマルイ純正をスリック加工して使っても良いですし。

エアガンショップさんで販売しているこういう風な製品を使ってもOKです。



今回は「猫なで」の青を使います。
このホップ抑え、すごく好きです。

ホップパッキンをシリコンで揉んで、ホップ窓付近はしっかり綿棒でシリコンをふき取ってからつけましょう。

バレルとホップパッキン、チャンバーに隙間がある場合はアルミテープ等で隙間埋めすると良いですよ。


良い感じです。

さて、、、組み立てて試射、、。

■0.25g適正ホップ

■0.25g最大ホップ


■0.28g適正ホップ

■0.28g最大ホップ

あああ、流速だ、、、、、。

弾は50m先のターゲットまでバヒュンと飛んでいきます。

うーむ。

このまま使うのも、十分ですね。
ノーマルホップパッキンよりも、確実に飛距離が伸びています。
また集弾性も素晴らしい。
特に0.28g使うと、50mぐらいでもしっかりヒット取れますね、これ、、、。

流速としては申し分ないのですが、、、。
私はちょっとこの弾道は好きではないかな、、、。

もう少し色々煮詰めないとですね、、、。

メカボックスの負荷が大きいので、、、、。
シリンダー容量減らして、バネのレートを下げてみますかね。
このホップ抑え、バレル、シリンダーの出来はかなり良いので、きちんとセッティングできればかなり良いパフォーマンスが出るはずです。



そんなこんなで、、、。

  


Posted by カラシタカナ at 16:35Comments(0)雑記研究開発カスタムパーツ

2018年07月11日

AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル

さて、、、。

AIRSOFT97 さんで販売しています

「アルティメットロングレンジバレル08 for AEG 180mm(面HOP専用)」




そして

「Accelerate Full Cylnder & O-Ring」 が入った 「Turbo Pack」




を入手しました。

バレルはちょいとお高いのですが、これ、押しゴムもセットになっているので、この値段は納得です。

さて、、、使う前にこのバレルのホップ窓と、ホップ窓の下を磨きます。

以前お伝えしたこの理由で



ピカールを付けた綿棒で優しく




ピッカリなります。



6.08の内径に180㎜の長さ、そして長かけホップの感じ。
今までにはなかったタイプのバレルなので仕上がりが超楽しみです。


ただ、やはり入れる前と、入れた後の違いを動画で撮ろうと思いますので、アフターは後日じっくりとお伝えします。


そんなこんなで、、、、。  


Posted by カラシタカナ at 20:13Comments(0)雑記研究開発カスタムパーツ