2015年02月20日

電動G18Cメンテ

マッチ先輩のG18C

1年以上使いっぱなし。



最初の数か月はメインウェポンとして、ガシガシ使われていました。
そして、数カ月後からはほぼ毎週サブウェポンとしてゲームに。

かなり使ってたもんだから、ホルスターに入れたり出したり、入れたり、出したり。

アッパーフレームもブッチャーの頭みたいになってます。

ウーフ!



あっちこっち砂も入ってますね、、、。

で、今回の症状ですが、

・トリガーが異常に遠い
・回転数がものすごく遅い
・メカボックスがゴリゴリ言っている

おぼっちゃま君的にいうところの”ヒーコラヒーコラバヒンバヒン”ですね。

分解はいつもの電拳さんで!!!

さてさて、もう何回も何回も自分のG18も分解してるので、サクサクっと10分もあれば分解出来るんですが、今回は様子を見ながら分解してみました。


ノズルが汚い!汚ノズル、小野鶴(大分の地名です)。


バレルの中もミーゴーがいっぱい。
チムチムニー、チムチムニーとメリーポピンズのアレ歌いながら掃除。



パッキンもヨレヨレだったので、新品(右側)にチェンジ。


あとはトリガー部分をグリスアップして組み上げ。これでバレル周りは大丈夫でげしょう。


メカボですが、ライラクスのメタル軸受けです。
セクターがマジでご臨終5秒前。MG5。
マルイ純正セクター、いつものパターンですね。


っと、トリガーのスイッチ部分見たら、、、。
ゴリゴリゴーリに焼けています。ユーリガガーリン少佐。
意識が大気圏を突き抜けそうになります。

おりー?
バリカタ入って、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、無いじゃん!

灯台下暗し。
マッチ先輩、こいつにバリカタ付けるの完全に忘れてましたよ。

・今回のトリガーが異常に遠い(引ききらないと動かない)
・回転数が異常に遅い
はこのスイッチが原因でした。

ま~リポ使ってるからね。
バリカタ無いと、フルオート中心でも1年ぐらい使えばこんなになります。

あともうちょっと使ってたら、完全停止してたんですが。
焼けるのが普通DEATH。



端子が半分ぐらい、焼き切れてますね。


メカボは完全分解、完全洗浄、シム調整、グリスアップ。
この辺の手順はスタンダード電動ガンとかと一緒ですね。


スプリング周りもノーマルでしたので、今回はWOWコンパクト(電ハン・VSR-10用)の1㎜を潤滑性を持たせる目的で入れます。
初速も少し上がるといいな~。


グリスアップ&アッセンブル



スイッチは無論、新品に交換です。


あと、トリガートーク製のリポアダプターの接点もゴリゴリになっていたので、このようにコネクターをコードに直結します。
こちらの方が明らかに効率が良いので。

バリカタの件は、、、、本当にも~~~。

失敗はしていない、うまくいかない方法を見つけただけだ ~トーマス・エジソン~
失敗とは成功する前にやめることである ~松下幸之助~
失敗とはより賢い再スタートのチャンスだ ~ヘンリー・フォード~

有難うございますの偉人たちの言葉。

という事でバリカタ装着!



整備前

今回の整備後


マルイ0.2g セミバイオ
バッテリー ET-1 7.4V 550mAh

おり~?もうちょい回るはずなんだけどなぁ、、、?
オッフ!バッテリーの電圧7.6Vしかなかった、、、。

満充電すれば18発ぐらい出るはずです。

さ~これでまたゲーム中のマッチ先輩がこんな風になります。


やっぱり、ちゃんといじってたメカボを再調整するのは楽ですね。
マルイさん、どーにか電ハンセクターの強度、もうちょっと上がらんですかね?

コモ―エスタエスカールゴー!





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
LCT AKS74U 給弾不良
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン
マルイ電ハンG18C リポ化
べネリM3 東京マルイ
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 LCT AKS74U 給弾不良 (2018-11-17 07:58)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2 (2018-11-12 16:20)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン (2018-11-11 21:24)
 マルイ電ハンG18C リポ化 (2018-11-09 22:45)
 べネリM3 東京マルイ (2018-11-01 16:56)
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)

この記事へのコメント
私のG18も回転数が落ち込んでて・・参考になります!
リポ仕様だし同じようにスイッチ焼けが原因だと思われます
今度メンテしてSBD付けます~

バーンズ
Posted by Genocide WolfGenocide Wolf at 2015年02月20日 16:20
バーンズさん、電ハンは純正バッテリーでも、結構焼けます。
スイッチの部分が、とても小さくて、すぐに焼けてしまうんですよね。
バリカタ無しで一年以上持っていたのは、かなり当たりの銃ですね。
まあ、使う前にしっかりカスタムしていた個体で、フルオート中心に使ってたのが良かったのかなと思います。
はい、スイッチの交換部品もなかなか手に入りにくいので、メンテの際は是非バリカタ付けてみて下さい。
Posted by カラシタカナ at 2015年02月20日 16:48
昨日、電動ガンg18cのフルセミ切り替えが動かなくなりまして、スライドを開いて見たところ、L字パーツが取れていました。こちらを刺す場合接着剤などで付けて良いものでしょうか。
Posted by happy at 2016年10月09日 18:08
happyさん>エアガンショップさんに行けば、部品で注文できます。
http://www.tokyo-marui.co.jp/pdf/p_pdfmanual_140912173915.pdf
こちらの取扱説明書で部品番号確認して、注文してみてください。

電動ガン等の部品は亜鉛ダイキャストとかが多いので、折れたら基本交換がいいでしょう。
穴を開けて、鉄の芯を入れて、エポキシ系2液の接着剤等で固定する方法、ロウ付けで溶接する方法ありますが、手間と材料・工具代金を考えると新しい部品を買われた方が良いと思います。
補強した部品は強度も落ちますので。
Posted by カラシタカナ at 2016年10月11日 13:56
記事を拝見しました。
私は先日、セレクターレバーを切り替えてもフルオートのまま、セミに戻りません。
レバーは動くのですが内部が切り替わりません。
レバーのL字金具はあります。
カバーを開けた時に何か切り替えに必要な部品が飛んだのでしょうか
それとも内部で戻るべきレバーのような物が固定されてしまったのでしょうか

アドバイス頂けたら幸いです。
Posted by あお at 2016年10月14日 15:49
あおさん>現物を見てみないとなんとも言えません。
スイッチが焼け・固着・カーボンが蓄積されていて、動きが悪い。
カットオフプレートが折れている。
カットオフ用のバーが折れている、消耗している。
トリガーバーの動きが良くない。
等々の様々な理由が考えられます。

ご自分でできない場合:銃を買われたショップさんに見てもらってください。
ここではどうしようも判断ができません。

ご自分で分解されるのであればGoogleで
「電拳」
電動拳銃工房
http://den-ken.net/
ご参考ください。

ヤフオク等で中古を買われて、自分で修理できないのであれば、もうあきらめてショップさんで新品買った方がいいと思います。
社会的な常識として、「壊れた銃は、買った店で整備してもらう」のが普通です。
トヨタの店で買った車を日産に持ちこむ様なものですから。

もしかしたら、新品を買って、そのお店に相談すれば、気の良いお店であれば修理受付してくれるかもです。
Posted by カラシタカナ at 2016年10月15日 17:43
あおさん>ちょっと読み返しましたが、もしかしたら、イモネジが緩んでいるだけかもです。

カットオフのL字の部品、ゆるんでませんか?

電拳さんのサイトに分解方法ありますので、参考に見てみてください。
Posted by カラシタカナ at 2016年10月15日 17:47
追記:

電拳さんに加え

g18c セレクター 分解 電動
でGoogle画像検索すればいっぱい情報出てきます。
Posted by カラシタカナ at 2016年10月15日 17:50
返信有難う御座います。
他の方の記事を読み、イモネジの緩みは直しましたが変化無く…
動画等で勉強しますm(__)m
アドバイス有難う御座いましたm(_深_)m
Posted by あお at 2016年10月18日 10:10
あおさん>最初慣れるまでは結構壊したり、色々あります、、。

が、電ハンなんて壊れても、新しく買って1丁1万ぐらい、結構ハードル低いですので、是非チャレンジしてみてください。

サバゲでゴリゴリ電ハンメインで活躍されている人も大勢見ます。

電ハンいじり、楽しいですよ!

手間を省けば楽になる。
手間をかければ楽しくなる。

です!(笑)
Posted by カラシタカナ at 2016年10月18日 18:59
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。