2016年09月16日

マルイ MP5A4 セッティング煮詰め

さてさて、先日いじっておりましたMP5A4


早速フィールドでバリバリ使っておりました。


ただ、ちょっと、、、、。

ピストンの最後の引ききりの部分で、ベアリングスプリングガイドのベアリング部分と、ピストンが擦れている様な感がありました。

なので、純正スプリングガイドに戻し、ベアリング部分は
ダーティワークスのWOWの内径をリューターで広げたものを使いこのようなスペーサーをつくりカサ上げ。

この樹脂、すごくスプリングとの相性がいいのですが、WOWをこのようにスプリングスペーサー部分に使う場合、要加工です。
内径の大きいスペーサーもありますが、樹脂の特性と言いますか、素材がいまいち。

同じワインでもボルドー産と、ブルゴーニュ産は違う、みたいな感じですか、、、。
(ごく個人的な感想です:笑)

他のスペーサーは、、、うまくセッティングが決まらなかったり、ガタついたりする事も、、、。
結局カスタマイズしたWOWが好きです。


メカボも特に問題無し!
調子良いです。





ついでにマガジンも清掃しておきました。
弾づまり無し!


初速がほんのりUPしました。
回転数は特に変化無し。0.20g使用。

相変わらずのバババババ!っていうレトロな撃ち味です。
気持ちいい。

チューニングって

一回組んで、はい終わり!

ではなくで

使って
バラして
また組む

の繰り返しなんですよね。

失敗も多いですが、失敗から学ぶことは大変多いです。

ゲーム中に

「ギャーン!」って銃壊れて

「うぁ~やべ~銃壊れた!もうダメだ!」(泣)

っていうのと、

「おお、これはあそこが壊れたな!」(明日からの楽しみが増えたぜ!)

っていうのじゃ、ゲーム中のその後の精神状態が全然違いますから。

スポーツの秋、サバゲの秋。

秋の夜長に、たまにはちょこっと銃いじってみるのもイイかもですよ。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
LCT AKS74U 給弾不良
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン
マルイ電ハンG18C リポ化
べネリM3 東京マルイ
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 LCT AKS74U 給弾不良 (2018-11-17 07:58)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2 (2018-11-12 16:20)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン (2018-11-11 21:24)
 マルイ電ハンG18C リポ化 (2018-11-09 22:45)
 べネリM3 東京マルイ (2018-11-01 16:56)
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)

この記事へのコメント
>>「おお、これはあそこが壊れたな!」(明日からの楽しみが増えたぜ!)

言われてみると確かに、いつからかそのような思考回路になってた不思議(´・ω・) 部品が壊れた(磨耗した)ことを免罪符に新しいパーツを買っちゃいます。
Posted by さされん at 2016年09月17日 00:58
さされん君、今日はお疲れ様。

やね、新しいパーツ色々試すの、楽しいよ。
新しい発見すると、感動するしね!

やっぱり自分できっちり組んだ銃は、使ってていいよ。
さされん君の銃も、かなり調子良かったね。
また一緒にゲームしよう!
Posted by カラシタカナ at 2016年09月17日 20:01
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。