2017年10月18日

G18Cマガジンチューニング

東京マルイ電動ハンドガンのマガジン。



今回はG18Cですが、大体Hi-CapaEや、M9、USP等もフルオートで給弾がイマイチな場合があります。

そういう時は

1)ゴミ等が溜まっていないか→シリコンスプレーを噴いて、しっかり古いTシャツ等で拭き上げ、清掃する
 *清掃方法の過去記事はこちら
 

2)BB弾を押し上げる、スプリングや、押し上げの部品の動きがスムースか確認する

3)上部の段差を見てみる

4)上部のBBストッパーの動きが渋くなっていないか

の感じでチェックしてみましょう。

意外とサバゲーをしていると、砂が入ったり、また新品でも塗料が剥げて、抵抗になっている場合があります。


さてさて、今回また新しいロットでG18Cのマガジンを買ってみましたが、、、。

ちょっと3)の段差が気になるところ、、、。




で、もりもり分解していきます。

この部品と、マガジン本体との段差でBB弾の動きが阻害されている感じがあるときがあります。


なので、、、スムースに#800のヤスリで優しく角を落とします。


あとはキレイにして組み上げれば良いです。


さらにこだわりたい‼
カラシのような人は、、、、。

ピカールで磨き、、、。


コンパウンドでさらに磨き上げると、、、。


なんかいい出刃包丁の先っぽみたいなグラデーションです。




このBB弾ストッパーの部分は薄くグリスアップ。
動きがスムースでないとね。
ここの部分って、意外とBBローダーからBB弾入れるときに「ブルルル!」と激しく動く部分なので、、、。
大切ですよ!



あとは元通りに、組み付ければOK‼


細い精密ドライバーでスムースに動くか確認。





秒間20発近く出ているこいつで試しましたが、全く問題なし‼‼‼

たまにはマガジン、いたわってあげると長く使えますよ~。

そんなこんなで、、、。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
LCT AKS74U 非流速化
マルイ 電ハン G18C
猫パンチ+アクセレートフルシリンダー
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)
 LCT AKS74U 非流速化 (2018-10-03 09:08)
 マルイ 電ハン G18C (2018-10-01 12:00)
 猫パンチ+アクセレートフルシリンダー (2018-09-30 16:35)
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。