2018年08月23日

BB弾の飛距離の話

最近は仕事が非常に忙しく、なかなか銃をいじれない状況もあり、ブログも離れてしまっておりますが、、、。
ま、最近ちょっと落ち着いてきましたので、、、、ボチボチやっていきますので、長ーい目で見ておいてくださいね。

ま、サバゲは毎週やってます。
これだけは時間取らせてほしい。(笑)



最近ちょっと気になる事、、、。

「60m以上飛びます!」とか、

「70m以上飛びます!」とか、

チラホラ見ますが、、、。

「それってどういう弾道なの?」
「何gのBB弾使ってるの?」
と大変疑問に思っております。

色々Youtubeとか見ましたが、弾道をしっかりとらえている動画があまりないんですよね。
(VSRの動画はたまにありますが、、、。)

誰か教えて‼(笑)

ま、「射角付け」れば、マルイのエアコキ18歳シリーズでも、0.25gで、50~60mぐらい飛ぶんですよね。
要は大砲みたいな撃ち方で、銃を撃つ方向に対してナナメ上にして撃つという方法ですね。

そんな感じなのかなぁ?
もしくは鬼ホップ。
「ギューンって上がって来るBB弾、昔の野茂英雄の球みたいな。

で、まあ、電動ガンでもなんでもそうですが、やっぱり50m超えるとヒット判定厳しいという事。
0.30gとかでも、50m以上になると、ヒット判定かなり厳しいです。

VSRで毎週ゲームしているので、散々経験済みです。(笑)

50m以上でヒットとったら
「うっひょぉぉぉっぉ!」って歓喜ですもんね。
「分かってくれて、本当に有難うぅぅ!!」ですもんね。
それだけ、なかなかヒット判定が難しい距離ですから、、、。

そう、その「分かってくれない」パターン
多々あります。
でもそれはやっぱり
「分かってくれてないんだろうなぁ」
というのと
「あ、我慢してる(笑)」
というのと分かるんですよね。

まぁ、ヒット慣れしていない人なんか、、、。
銃の音も聞こえない、人影も見えないので、、、、。

「ゴミか草が風で落ちてきたかな?」
と「勘違い」しちゃうんでしょうね。
キョロキョロ周りを見渡したり、動きが変だったり。

まあ、分かりにくい弾で、分かりにくい場所に当たって「ゾンビだ!」と騒ぎ出す方がおかしいです。
BDUに当たっても、「ポス!」という音がしても、分んない時は分かんない。
そこは相手を責めるのではなく、自分の腕の無さを責めなければいけない。

十兵衛軍曹のブログにも再三書いてありますが、、、。

文句があるなら、近づいて、分りやすいところを「ヒットコール」するまで撃てばいい。


ま、サバゲって、本当に不確定要素が沢山なので、、、。
「銃に金かければ無敵!」
っていう事も全然無いですから。

私もノーマル・箱出しの銃で沢山撃たれますよ(笑)

銃の性能は置いておいて、、、、人間はどうか。
使っているのではなく、使わされていないか、、、。

私もよく能々考えて行かんといかんと思っています。

そんなこんなで。





同じカテゴリー(雑記)の記事画像
LCT AKS74U 給弾不良
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2
APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン
マルイ電ハンG18C リポ化
べネリM3 東京マルイ
マルイ 電ハン G18C
同じカテゴリー(雑記)の記事
 LCT AKS74U 給弾不良 (2018-11-17 07:58)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン 2 (2018-11-12 16:20)
 APS BLACK HORNET BSP CO2ガスガン (2018-11-11 21:24)
 マルイ電ハンG18C リポ化 (2018-11-09 22:45)
 べネリM3 東京マルイ (2018-11-01 16:56)
 マルイ 電ハン G18C (2018-10-01 12:00)

Posted by カラシタカナ at 12:22│Comments(5)雑記
この記事へのコメント
こんにちは、わかります(汗) ちょっとガンイジリが好きな人ならわかりますよね(汗) 60~70メートル飛びます!…飛ばすだけならねって思いますよ(汗)
Posted by チキンチキン at 2018年08月23日 12:38
おおおおっ!!!!ログイン出来てた!!!!!!!

ワタクシモ最近ブログ放置プレイし過ぎです

あっちの方のプレイは、、、、おっとミリブロでした。

ガスセミ使い出してこの辺の世界観は大きく変わりました、特にカラシさんやマッチ先輩のいう軽い球と重い球のスピンや勢い、プラスαエネルギー的な

弾速や飛距離、集弾性のバランスは銃の性能として誰もが追い求める所ですがサバゲに使うとなるとフィールド地形や人数やルールによってベストは変化するので何とゆーか飛べば良いってモンじゃ無いんですよね


その環境下で当てる、当たる銃、当てやすい銃みたいな。

深いですねサバゲ。呑めないのが残念ですがサバゲーツーリング行きましょう!



かりす
Posted by 和尚和尚 at 2018年08月23日 20:46
チキンさん>そうなんですよね~。
飛ぶのは分かります。
でも、それってどうゆう弾道なのかなぁ~と常々疑問です。

かりすさん>おっとミリブロでした、、、(笑)
そうなんですよ~弾道については海よりもディープ空よりもハイぐらいの難しい部分なんですよねぇ。
40m以上飛ぶのは良いけど、20mは?30mは?サイト変えずにアイアンで当てられる?と思うんですよ。
私は40m以下で撃ち合う事が多いので、40mでゼロインさせて、ゲーム中サイトいじるなんて面倒なことはしたくないので、遠い時は自分が近づきます。
ガスセミの弾道、ものっすご良いですもんね~。
私はあの弾道を、電動で再現したいっ!と常々思っております。はい。
時間作るので、また一緒に飲みましょう。
バギラン社長に借りがありますし。(笑)
Posted by カラシタカナカラシタカナ at 2018年08月24日 17:18
仰る通り、最大飛距離が伸びようが所詮はプラスティックの弾で40メートルも離れれば当たり所によっては全く気付かれない事すらありますからね。なので、自分は飛距離にあまり拘りません。初速もノーマルで最大射程も50メートル飛んで有効射程(ヒットして気付いてくれる射程)が30メートルもあればいい程度です。

ハンドガンでも間合いさえ詰めればフルサイズと十分に戦えますから、サバゲのではせいぜい30~40メートルの撃ち合いなのでいかに間合いを詰めるかだと思う今日この頃です。

しかし、まだまだ暑さが続きそうですね(汗)
Posted by 梨マン梨マン at 2018年08月29日 18:35
梨マン>ま、40m離れたところでも、分らないといけないという事もありますが、、弾の重さとかも関係しますしね。
0.20gぐらいで40mオーバーしたら結構きびしいですね。

コメント遅くなってごめんね。もう涼しくなってきて、サバゲには絶好の季節やね。
Posted by カラシタカナカラシタカナ at 2018年09月30日 17:20
コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。