2018年10月03日

LCT AKS74U 非流速化

さて、先日組んでいた猫パンチ+アクセレートシリンダーですが、、、。

飛距離はかなり飛ぶようになったものの、かなりの流速でして、、、。

弾道は自分の常用域ではすこし使いづらい部分もあり、一時、非流速化します。

飛距離もかなり出て、集弾性も良いので、このバレルは別の銃に使ってみたいと思います。

さてさて。



またメカボ開けてます。
開けたり閉めたり、、、。

アクセレートシリンダーは、付属のOリングとの相性が最高。
これはこのまま使いたいっ!という事で、純正と同じぐらいの場所に穴をあけます。



ドリルやら、リューターやらでぎゅいんぎゅいん。
バリを紙ヤスリ等できれいに取り去りましょうね。

あとはちょこっとピカールで磨いて、指の腹で抵抗が無いか確認。
ここをしっかりしておかないと、Oリング傷つけますから。

リューターで「ガリ!」となったところがあるのはご愛敬。

しっかり脱脂洗浄して、完成です。


こいつはGATEのPicoSSR3を入れています。



あとはバレルを綺麗に磨いて、、、。
おそらくマルイ製の300㎜ぐらいのを今回は入れます。


パッキンはマルイノーマル、ホップ抑えにSPC

ホップ窓にスリットを入れるのは抜弾の際に”粘り感”が出るのでやってます。
ま、微々たるものですが、、、。(笑)

マルイのホップパッキン+マルイのホップ抑えはこの加工をした方が良い場合と悪い場合がありますので、ま、銃の様子を見ながらですね。

弾速は0.25gピークで85m/sぐらいです。
スプリングもかなり弱いのに変更できたので、メカボックスはサクサク動きます。


個体はいい商品でも、銃によっては「相性」があるので、色々選りすぐりながらやらんといかんですね。

そんなこんなで、、、。





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
マルイ 電ハン G18C
猫パンチ+アクセレートフルシリンダー
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
マルイVSR-10 Gスペック ショート
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)
 マルイ 電ハン G18C (2018-10-01 12:00)
 猫パンチ+アクセレートフルシリンダー (2018-09-30 16:35)
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)
 マルイVSR-10 Gスペック ショート (2018-06-22 12:33)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。