2016年05月18日

東京マルイHK416

プロジェクトゴールドマン。

進捗です。



今回、部品代だけでも2.5諭吉ぐらいブッコむことになるので、それなりのバックボーンを作り上げたいと思います。

分解方法とかは先輩諸兄のWEBで星の数ぐらい情報出てくるので、そこで参考してください。
カラシはカラシなりのコツがあり、自己流でやっています。
色々お試しして、自分なりの方法、是非探してみてくださいね。

さて、、。

リコイルキャンセル派にはおなじみ、Ver.2のベアリングスプリングガイドをブッコむ手法ですが、、、。


羽根はきちんと飛ばしましょうね。


綺麗に羽根をグラインダーで飛ばしました。

あと、凄く大事なのがセンタリング。

*マッチ先輩からの伝授(画像はイメージです)

リコイルキャンセルのキモのキモ、超キモイ所です。

元々のリコイルの穴がこの個体は6㎜ありました。
なので、M5のねじだと、スプリングの伸縮でこのように傾いてしまいます。

このせいでよくピストンクラッシュしてしまうわけで、、、。

こんな感じでセンターからアウトしてるとピスクラしやすくなります。
ガバガバのクラッシュサセコです。

なので、外径6㎜、内径5㎜でアルミスペーサーをワンオフ。
長さは3.4㎜です。


ねじもM5のものを新調して取り付けました。
ねじと、リコイルバッファーの穴の隙間が無くなり、ガッチリセンタリングされます。



こりでバッチリセンタリングぢゃい!!

で、ギアボックス。



開けるとほら、、、、。


見事なピスクラ。

ピストン後退時に負荷がかかったパターンですね。

この後ろがモリ!っとなるパターンは
チャンバー内にBB弾が残っていたり、バレルに弾づまりしてクラッシュ
スプリングガイドがグラグラして、一枚目が噛んだ時に引ききれなくてクラッシュ。
スプリングレートが高すぎる
回転が速すぎて、乗り上げてクラッシュ
単にピストンラックの強度が無かった
のいずれかのパターンが考えられますが、まあ、他にも原因があるので大体そんな感じで。

組むときにちゃんとすればヨカとです。


あとは、、、配線がっ!がっ!ってなってます。


とりあえず完全分解して、いつものレール磨き。
磨きよりも、最後の仕上げ、パーツクリーナーできれいに研磨剤を落とす方に労力を割かれます。

チマチマ修正を加えながら、今日は4時間程度格闘していたので、タイムオーバー。
また明日からちょいちょいいじっていきます。


*シリンダーも砂が入って傷が、、、とりあえずピカールで研磨しときました。

次回、プロジェクトゴールドマンPart2をお楽しみに。


■カラシタカナのHK416関連記事■
2016/12/26 次世代M4 HK416 マグメンテ
2016/05/23 マルイ次世代M4 HK416マグメンテ
2016/05/20 東京マルイHK416-3
2016/05/19 東京マルイHK416-2
2016/05/18 東京マルイHK416
2014/12/31 マルイHK416 FET化
2014/09/02 東京マルイHK416 FET化
2014/03/16 スイッチバリカタ取り付け





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
LCT AKS74U 非流速化
マルイ 電ハン G18C
猫パンチ+アクセレートフルシリンダー
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)
 LCT AKS74U 非流速化 (2018-10-03 09:08)
 マルイ 電ハン G18C (2018-10-01 12:00)
 猫パンチ+アクセレートフルシリンダー (2018-09-30 16:35)
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。