2017年12月26日

東京マルイ 次世代 AKS74U クリンコフ カスタム

クリスマスは終わりました。

ウィーウィッシュアメリークリスマス

ウィーウィッシュアメリークリスマス

ウィーウィッシュアメリークリンコフ

アンドハピーニューヤ―

という事で。

24日の夜、サンタは来ませんでした、、、。

が、25日の夜に、、、なぜかこいつがやってきました。

東京マルイ次世代AKS74Uクリンコフちゃんです。



ド新品です。

何故、次世代AK47にしなかったの???
と聞かれそうですが。


やっぱクリンコフが好きなんです。
だって、、、可愛いでしょ、あのラッパ状のハイダー。

バリケにも結構コンパクトに張り付けるし。
サッと構えて、サッと撃てるし、、、。

そんなこんなで、、、。

2年ぶりぐらいですねぇ、いじるの、、、、。


いじります。

以前分解はやっているので、サクサクっとメカボックス到達。




ピストンレールを磨いて、脱脂洗浄したあと、ピストンの動きをチェック

次世代の場合は、ギアをシム調整したあと、セクターギアと、ピストンラックのクリアランスの確認もお忘れなく!



シリンダーヘッドの空気が出ていくところはすり鉢状に。


カットオフレバーの可動部分は磨いて、脱脂洗浄、そしてグリスアップ。



ピストン側にダーティワークスのスプリングスペーサーWOWの1㎜×1枚と、付属の金属ワッシャーを入れます。
もちろんこちらの可動部もグリスUPして、、、ですね。


ピストンヘッドは、1.5㎜穴×4個です。
ノズルはでんでんむし。
社外品はWOWと、でんでんぐらいですかね。


スプリングは画像ではKMのスプリングでしたが、純正に戻しました。
スプリングガイドにはWOWの3㎜の内径をリューターで広げたものを入れています。

昔取った杵柄ですが、、、。
案外覚えているもんですね。


7.4Vのリポしか使わないので、、、スイッチ保護は、スイッチバリカタを使いたかったのですが、無かったのでスイッチハリガネを入れます。
耐久性もハリガネの方が上ですし、連射し続けた時の性能は、ハリガネが一枚上ですから、、、。







久しぶりの次世代AKですが、やっぱりかっちりしていますね。


フロントレシーバーの中の可動部品もしっかり動きを確認しながらグリスUPします。




バッテリーコネクタは、ディーンズのT型にしました。

いざ!試射‼

おおお、いい感じにできました‼

あのですね、、、。
最近中華クリンコフばっか使ってましたが、、、。

やっぱりマルイ、、、ばり当たります。
(当たり前ですが、、、。)

スゲー苦労して、何回も分解して、頑張ってのCYMAと、このクリンコフ比べると、、、。
なんかがっかりします(笑)。
もちろん、CYMAも使っていきますよっ!


これでしばらく使ってみたいと思います。

そんなこんなで、、、。

■カラシタカナのマルイ次世代AKS74Uの過去記事はこちら■
①分解編
②チューニング
③MOSFET装着編
④外装グリスぬりぬり
⑤整備編
⑥SHS次世代のギア軸折れる編





同じカテゴリー(研究開発)の記事画像
猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT
LCT AKS74U 非流速化
マルイ 電ハン G18C
猫パンチ+アクセレートフルシリンダー
AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル
東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート
同じカテゴリー(研究開発)の記事
 猫奉行オリジナル真鍮シリンダー AK105 LCT (2018-10-04 12:52)
 LCT AKS74U 非流速化 (2018-10-03 09:08)
 マルイ 電ハン G18C (2018-10-01 12:00)
 猫パンチ+アクセレートフルシリンダー (2018-09-30 16:35)
 AIRSOFT97 アルティメットロングレンジバレル (2018-07-11 20:13)
 東京マルイ VSR-10 Gスペック ショート (2018-06-30 20:24)

コメントはミリタリーブログ会員のみの受けつけに変更になりました。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。